塗り替え時期の目安

塗り替え時期を自己診断するポイント

さて、あなたはご自宅の塗り替え時期はいつなのか?
ご存知でしょうか?

まずは築年数や前回の塗り替え工事から経過した年数で見てみましょう。

新築からまたは前回の塗り替え工事から
5年が経過・・・50%のお宅が塗り替え時期だと判断できます
10年が経過・・・85%のお宅が塗り替え時期だと判断できます
15年が経過・・・100%のお宅が塗り替えを必要だと判断できます

年数での判断はあくまでも目安です。
ただ、10年が経過しているようであれば塗り替え工事の時期だと思って間違いありません。

例えば下記のような症状が目立ってくると塗り替え工事を考える方が多いようです。

  • ひび割れが目立ってきた!
  • なんだか壁の色がくすんできた…
  • 家が古ぼけて見えるなぁ…
  • 訪問販売の会社に塗り替え時期だと言われた…
  • 外壁をさわったら手に白く粉がついた…
  • 雨漏りしてるみたいなんだけど…

あなたもこのようなことをお感じであれば、まずはプロの塗装業者に連絡する前に、
まずは外壁をじっくり見てみましょう。

誰でもカンタンに出来るチェック方法をお伝えします。

 

このような症状が出ていませんか?外壁の塗り替え時期

外壁をさわると手に白い粉がつく

外壁をさわると手に白い粉がつくこれは【チョーキング現象】と呼ばれる症状です。
塗膜が劣化してきたサインです。
樹脂が紫外線により劣化し、防水効果が無くなっていることをあらわしています。

突然チョーキング現象は起きません。
先ずは、光沢低下が起きてきます。その後、ごみの付着、そしてチョーキング現象が出てきますので、ある程度時間が経って劣化した証拠でもあります。

ひび割れているところがある

ひび割れているところがある1 ひび割れているところがある2

ひび割れのことを【クラック】といいます。

当然、ひび割れがあるとそこの隙間から水が浸入してきます。
ひび割れがあると雨漏りが出てきます。
断熱材に水がたまり、湿気が抜けないことでカビが発生してきます。
最悪、そのことが原因で柱を腐らせてしまいます。

ひび割れの発生を避けることは困難です。
写真のように、サッシ際にひび割れて隙間がある場合。
サッシ際からの進入は雨漏りの原因となる場合が大変多いのです。
雨漏りになる前に早めの対処が必要です。

はがれているところがある

はがれているところがある1 はがれているところがある2

ここまで来ると、相当なダメージが広がって来ています。
塗り替え時期としては適切な時期を越えて赤信号です。
木部も外壁と同じく塗り替えは必要です。
目安は、はがれた時には直ぐの対処です。早めに処理しなければ大事な建物に影響が及びます。

はがれているところがある3長い間かけて、塗膜は劣化していきます。
はがれ、膨れは塗膜として形成していません。

目視でも確認できるとおり、建物自体の傷みが進むだけのことです。はやく診断されることを提案します。

サイディング目地の際からのはがれ

サイディング目地の際からのはがれ2  サイディング目地の際からのはがれ1

サイディング目地の真ん中からでなく、サイディングから離れています。
これは、シーリング工事の際(きわ)にプライマー(※シーリングの下塗り材)を塗っていないことが、考えられます。
下地の処理をきちんと行わないと、このような現象も起きてきます。

今後、長期間水の浸入を防ぐためにも、塗り替え工事をする際にシーリング工事の増し打ち(古くなったシーリング部分を切り取って新しくシーリングを打っていく作業)をするのでなく
古くなったシーリングを新しく交換することが望ましいです。

藻、コケ、カビがある。黒ずんでいる

藻、コケ、カビがある。黒ずんでいる1 藻、コケ、カビがある。黒ずんでいる2

藻、コケ、カビがある。黒ずんでいる3 藻、コケ、カビがある。黒ずんでいる4

塗装した表面が劣化してくると、壁表面の防水性が低下します。
その結果、塗装したての壁表面より水分や湿気が溜まりやすくなります。

藻の胞子が空気中をさまよい、成育できそうな条件があるとそこに付着し、光合成をして繁殖します。しかし、晴天などで乾燥して死滅します。
カビはその死骸を栄養分にして繁殖していきます。
外壁に隣接する植栽があったり、外壁周辺に物を置いている場合など、
風通しが良くない場合、特にカビの成長が助長されることがあります。

もともと自然界には4,500種類のカビの種類があり、
このうち50種類のカビが家に発生するといわれています。
今現在、全ての種類のカビに効果がある万能カビ材は市販されていません

予防策としては、定期的な高圧水洗浄が考えられますが、
一般的には、カビが発生してしまってからの対策が主流です。
具体的な対応は、カビがひどい場合、除菌材をして植物性のバイオ洗浄液で洗う方法もあります。

この軒天には、黒いしみが確認できます。これは水がしみこんできている状況です。
いわゆる雨漏れです。見た目より塗装の緊急性は高いと判断できます。

遠くから見て屋根にツヤがない場合はこのような症状になっている可能性があります

image015 image016

コロニアルの屋根は、85%がセメントで出来ております。
だから、壁面と同様に塗り替えはとても大切です。

壁表面の劣化の順番は、屋根にも全く当てはまります。
メンテナンスフリーではありません。
ただし、外壁と違って確認することがすぐにできませんので、外壁と一緒に塗装工事される方も多いのも実情です。

 

さぁ!大切な家を自己診断してください。
いつするの?『今でしょ!』

いかがでしたでしょうか?

まずは、今すぐ外に出て、あなたの家の外壁をよくご覧になってみてください。

ここには屋根の症状もご紹介しましたが、
屋根に上がってチェックするのは大変危険ですので必ず業者にチェックしてもらってください。

屋根塗装・外壁塗装は雨や紫外線から建物を守る大切な役目をしています。
「少しのはがれやひび割れなら大丈夫でしょ?」と簡単に考える方も多いのですが、
雨水が建物自体にはいってしまった場合、修繕費用がかかってしまうこともあります。

image017そして、カビの菌が建物内部に入ってしまうと、
ご家族の健康面への影響も心配です。

大切なお家とご家族の健康な暮らしを守るためにも早めの診断をおすすめします。

ここに紹介している以外にも早めの対処が必要な場合もあります。

もし自己診断しても自分で判断できない場合には、遠慮せずに私どもにご相談ください。

一般住宅の塗替えは病院・スパリゾートハワイアンズで選ばれた1950年創業。福島県の外壁・屋根塗装は志賀塗装株式会社へ。
お問い合わせ・ご質問・無料診断・無料見積りはこちらをクリック お電話の方は0120-4116-99
  • はじめての外壁塗装
  • 外壁塗装・屋根塗装の価格の目安
  • 塗り替え時期の目安
  • 塗装業者別のメリット・デメリット
  • 業者選び7つのチェックポイント
  • 医療機関、ハワイアンリゾートで選ばれている塗料で塗り替えませんか?
  • 業界の常識を超えた志賀塗装の保証
  • 志賀塗装の塗装にかける想い
  • 私たちが選ばれ続けられている12の理由