雨漏りは気付いたときに早めの相談を! | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日

雨漏りは気付いたときに早めの相談を!

BETTYさん:本日は台風も過ぎていって、ただこの後もまた台風の話がありますけれども、
こういうときは「雨が漏ってしまったよ」なんていうお問い合わせもありそうですね。

マーくん:そうですね。今日は朝からそのようなお問い合わせが多いですね。
風が強いのでアンテナが倒れたり、以前から雨漏りで悩んでいらっしゃる方の問い合わせが続いています。

BETTYさん:風も強いというのは・・・、風も雨もでしたからね。

マーくん:そうですね、特に風がひどかったので、普段は雨漏れしないけれども、今回は・・・という方が多いみたいです。

BETTYさん:そういうときは、気が付いたときに、まずは相談してみることが大事なことですよね。

マーくん:そうですね。雨漏れというのは、そのときしか分からないものですから、気が付いたときにご相談ください。
そのときが一番いいと思いますね。

BETTYさん:早い段階の方がいいですものね。

マーくん:そうですね。あと、一度雨が漏ってしまうと、やはり水が通ってしまう、水の流れができてしまった
ということになりますので、やはりできるだけ早い段階で原因を突き止めていくことが大事
ですね。

BETTYさん:でも、そうは言ってもなかなかという方も、時間もお金もと考えちゃう人もいらっしゃるんじゃないですかね。

マーくん:できるだけ早い段階といっても、確かにお金がかかることでもあるのですが、大掛かりな工事になる前に、
もしかしたら今回だけというときもあるんです。
さすがに横から雨が降ったら水は入ってきますので、そういう場所だったかもしれないし。
あるいは、本当に必要なときかもしれないので、お勧めはしています。

BETTYさん:雨水が浸入してくるというか、雨漏れがあるというのはひどくなる確率が高くなるということですか

マーくん:はい。やっぱり雨水の浸入が続くということは、木が腐ってくる、
内部の方に水分やカビが要素になってシロアリが発生
してきます。

BETTYさん:シロアリは、そういう湿ったところが好きですものね。

マーくん:ええ。もちろん金属の部分もそうでしょうし、やっぱりいいことはありませんので。
そもそも水の浸入を止めることをこの講座でずっとお伝えしていることですので、こういったきっかけでお問い合わせなり、
場所が分かったということで対応なり、措置をしていくことが一番
だと思っています。

 

台風などの大雨のあとは、雨漏りの点検をおすすめします。

台風などの大雨のあとは、
雨漏りの点検をおすすめします。

 

BETTYさん:昨日の台風で「あれ?こんなところから水が漏っていったっけ?」という方もきっといらっしゃいますもんね。

マーくん:そうですね。1回、2回で漏らないんですが、継続して雨が続くと、やっぱり外壁のひび割れ、
特に名刺くらいの厚さのひび割れの隙間があれば水がどこかに入っている状況は間違いありませんので。
0.3ミリから0.5ミリ以上の隙間があるときは、やっぱりどこかに入っています。
ただ、それがどこで止まっているのか、あるいは緊急を要するものなのか、こういうときが一番分かりますよね。

BETTYさん:そうですよね。こういう台風や大雨が降ったときに自分のお家を点検しておくことも大事ですよね。
もちろん雨がやんだら忘れてしまうこともあるかもしれないんですが(笑)。

マーくん:そうですね。もちろん安全確保が一番ですから、こういった風のときや雨が続いているときは、外に出たり、
屋根に上ることは非常にマズイですし。
たまたま医療機関に行くと、こういった雨がやんだ後や合間に必ず落ちる方がいらっしゃるようですので。

BETTYさん:そうですよね。無理して見に行ったりする方も。そういうことではなく、点検しておくということですね。

マーくん:そうですね。毎回必ずお話をお聞きしますんで、やはり安全確保を大事にしていただいて、
雨がやんだら家のメンテナンスも考えていただければと思っています。

BETTYさん:もし何かがあれば、昨日、今日の話ですが、ちょっと聞いてみようという相談にも応じていただけますので、
ぜひ、志賀塗装(フリーダイヤル0120-4116-99)までお電話ください。

2016年09月21日 | カテゴリー: