【第1部】社会人としてスタート(平成7年〜平成9年6月)

shiga_paint_photo何のために働くのか?と納得する前に、
社会人の仕事の初日はやってきました。

淡々とお客様回りや
長年お世話になった先生を回り始めると、
みんな一様に
「よく地元に戻ってきたね~。
お父さんも喜んでるよ、良かったね~。」と
口々に言われ、
なにかそれだけでとても喜ぶ方が多かったので、
自分は福島に戻ってよかったなぁーと
思うようになっていました。


働く時間も規則的で疲れず夜も楽しめ、
それなりに一所懸命に過ごして夜もそれなりに遊ぶ。
こんな生活は卒業後3年間続きました。

世の中、
不幸な事や倒産もあるけれど自分には関係ない、
世間の不景気を横目に見ながらの生活のスタート期となりました。

正直言って仕事の内容は覚えてきて、
会社も調子が良かったので、
みな仲良く楽しく思えた時期…。

今でも覚えているのは、
この時は、仕事は儲けるためにするのであり、
身近な人、みんなが食べていけることが
最大の幸せだと思っていました。

今となっては、
全ての人々共通の大事な土台にすぎないことなのですが・・。

当時は生きるためが全てだと思っていました。

だから仕事が終わったあと、
テレビを見ながら食べる夕食が楽しみで毎日過ごしていました。

志賀塗装へのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら
  • 資料請求
  • 無料診断お申込
  • 無料見積り依頼
お電話でのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-4116-99(受付時間:午前8:30〜午後8:00)

お問い合わせ後に、無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。