「塗れる壁」と「塗れない壁」の違いとは? | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日

「塗れる壁」と「塗れない壁」の違いとは?

BETTYさん: この番組中でも「塗れない壁がある」とよく聞きますよね。
診断をしていただいてから塗装工事をしましょうとよくお話しいただきますよね。

マーくん:そうですね。

BETTYさん:これまでいろんな場面でアドバイスもいただいてきましたが、
今日はこれに関して詳しく教えていただきたいなと思います。

マーくん:はい、分かりました。今日は「塗れない壁がある」という部分に関して正確に
回答してみたいと思います。
塗装といいますと、どのような壁でも一応塗ることができるんです。

BETTYさん:何でも塗れるということですね。例えば、ガラスでも塗れますもんね(笑)。

マーくん:塗れますね。まあ、そうやって、一時的に塗装工事というのは、どんな部分にも可能なんです。
ただ、塗れるのですが、それは一時的なものであって、大切なのは塗ったときの壁の中に含まれている
水分量です。

BETTYさん:水分量。

マーくん:はい。「含水率計」と言いまして、どのくらいの水分が含まれているかを測定する機械があるんです。
壁の表面に押し当てることによって含水率が出る機械があるのですが、それを押し当てて
「これは相当水を含んでいるな」という壁は、残念ながら塗装は、まあ、できることはできるのですが・・・。
よく保証というものがありますよね。

BETTYさん:何年保証というやつですよね。

マーくん:そうです。塗料や工法によって、例えば、5年、10年という保証を付けるわけなんですが
、水分を多く含んでいる壁は、そういう保証付きの工事は施工ができない
んですね。

BETTYさん:なるほどね。塗ることは問題なく塗れますし、見た目も塗った直後は問題ないということでしょうけれども、
水分をとても多く含んでいる壁に塗ることはなかなか保証付きでは施工できないと。

マーくん:そういうことですね。それと、これも以前にこの番組中でもお話させていただいたとは思うのですが、
2000年(平成12年)以降に新築された家はそのときに建築基準法が変わって厳しくはなっているんですが、
それ以前に建てた家は、まあ、詳しく説明するのは難しいのですが、壁の中が通気工法になっているか、
なっていないかという部分があるのです。
詳しくはお問い合わせいただければご説明できますが、
その工法になっているか、なっていないかによっても、この塗装を行った後に不具合が起きるか起きないか
ということがあります。

BETTYさん:うーん、なるほどね。例えば、その塗れない壁に塗ったとしますよね。不具合が起きるというのは、
水分量が多いと膨らんできちゃうという意味ですか?

マーくん:そうです。ですから、塗って1年以内くらいで大体のものが膨らんだり、
塗膜が割れるという不具合が必ず出てくると思います。

BETTYさん:がっかりしますよね。

マーくん:はい。ですから、そういう部分をきちんと診断させていただいた上で、これは塗装でいくのがいいのか、
診断によってはサイディングを張り替えるご提案をしていくなど、いろいろなパターンがあるわけですよね。

BETTYさん:塗り替えか、張り替えか。まあ、そうですよね、だから診断書をちゃんとくれる会社さんに
見積もりをお願いしたり、診断してもらう方がいいという時代なんですよね。

 

 

プロの外壁診断を受けて現在の家の状況を把握し、適切な対処を提案してもらいましょう。

プロの外壁診断を受けて現在の家の状況を把握し、
適切な対処を提案してもらいましょう。

 

 

マーくん:どうしても含水率が非常に高かったり、外壁材の表面の傷みが激しい場合は、
一度部分的にサイディングを剥がして
、今度は内部の下地ですね、木や鉄骨などいろいろございますが、
その下地の状態がどうなっているのか、それも確認した上で行いたいんですね。

下地の状態がよくない状態で塗っても、今度は下地の方からやられてきますので、
そのへんの確認も非常に大切になってくるんじゃないかと思います。

BETTYさん:その基準が法律によって定められてはいたのでしょうが、それがまた変わっていますからね。
だから、それ以前のものと今のものではだいぶん違いが出てくるのもしょうがないんでしょうけれどもね・・・。
まあ、「しょうがない」で終わらせる話ではないでしょうけど(笑)。

マーくん:はい。ですから、何事もきちんと診断をして、今のお宅の状況をきちんと把握して、
どんな手当をしたらいいのかが分かればいいのでは
ないかと思います。

BETTYさん:そうですね。自分の家が塗れない壁なのかどうなのかというのもきちんと診断していただいて、
どう対処したらいいのかというのが、「ああ、塗れないんだわ、ごめんなさい」というわけではないですもんね(笑)。
それから先の問題がありますので、ぜひ、診断していただければと思います。

2016年08月19日 | カテゴリー: