【解説】賃貸オーナー様へ―損をしないアパートの塗り替えとは? | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日
お問い合わせはこちら

【解説】賃貸オーナー様へ―損をしないアパートの塗り替えとは?

賃貸アパートを持つオーナー様にとって、
アパートの改修工事や維持管理のための経費の部分や、居住率の部分など、
経営される立場としては入ってくるものと出ていくものが常に気になるところでしょう。

とくに、維持管理をしていくためにさまざまな改修工事や修繕工事は頭の痛い問題かと思います。

実際にアパートの改修工事をしようとした際に、
費用はどれくらい掛かるのか、一般的な費用感はどれくらいなのかについて、
アパートの塗り替え工事の専門業者である私たちが詳しくご紹介していきます。

アパートの塗り替え費用はどれくらい?

アパートの塗り替えをするためにはどれくらいの費用が掛かるのかをご紹介していきます。

一般的な2階建てアパートの塗り替え価格について

一般的に、アパートの塗り替え工事に掛かる費用としては、200万円~1,000万円というのが相場です。
その中でも、2階建ての場合においては、200万円~300万円程度が相場といえるでしょう。

しかし、アパートの広さや壁の面積、戸数、防水工事の有無などもあるため、
一概には言えませんが、相場としてはこれくらい掛かるものとお考えいただいてよいでしょう。

塗り替え工事の見積もりはここをチェック!

アパートの塗り替え工事を行う際には、以下のポイントをチェックすると良いでしょう。

・足場代

足場代の費用は、「足場架面積×(足場費用÷飛散防止ネット)」という式で計算されています。
また、足場架面積は「(家の外周+8m)×高さ」という計算になっているのが一般的です。
実際に外周を測るのは大変ですが、
あまりにも高い金額が掲示された際には、上記の計算式で相場を確かめてみるという手もあります。

・塗料代

塗料代は、塗料の種類によって異なります。

一般的に、アクリル、ウレタンやシリコン、フッ素や無機の塗料が使われますが、
利用される塗料によって金額や耐用年数が異なりますので、
使われる予定の塗料の特徴を事前に確認しておくと良いでしょう。

→塗料の特徴・違いについて詳しくはコチラ

・施工費

塗り替えの費用の中で、大部分を占めるのが職人の人件費です。

施工をする職人に掛かる費用が施工費となりますが、
施工内容・施工規模によって掛かる時間も異なるため、総額については一概には言えません。
ただし、人件費がかかる作業としては、一般的には以下のような作業があります。

  • 足場の建設
  • 高圧洗浄
  • 飛散防止ネットの設置
  • 養生
  • 塗装工事
  • 諸経費

諸経費としては、現場管理費や廃材を処理する費用などがあります。
見積もりをとる際には、掛かる費用を明確に内訳として出してもらい、
不必要な作業や費用が掛かっていないかを確認できるようにしておくと安心です。

→塗装工事にかかわる職人の人件費について詳しくはコチラ

施工価格に影響するポイントはココ!

アパートの塗り替え工事をする際に、施工価格に影響を与えるポイントを見ていきましょう。

・塗料の種類

アパートの塗り替え工事で費用の差が出るポイントとして、塗料の種類があります。
塗料の種類は沢山あり一般的にはシリコンやフッ素などが利用されますが、
光で汚れを分解する光触媒塗料や無機塗料など耐用年数も長く費用も高いものとなります。

・足場の利用

足場を作ることで、費用が掛かります。
その費用は施工費用全体の中でも大きな金額となるため、
足場を必要としている工事なのか業者に確認するようにしましょう。
足場が必要ないのに足場を組み立てるようなことにならないように注意しましょう。

アパートの塗り替え工事の流れ

ここからは、実際にアパートで塗り替え工事を行う際の流れについて見ていきましょう。

アパートの外壁塗装の工程と施工の流れ

アパートの外壁塗装の工程と流れは以下の通りです。

・足場の組み立て

高所作業を安全に行うための足場を組み立てます。
足場が必要ない場合にはこの工程はなくなります。

・高圧洗浄

強力なジェット水流により、通常の清掃では落としきれない
外壁の汚れやカビ、古い塗料などを落とします。
新しく塗り替える塗料と外壁の下地の密着度を高める、とても重要な工程です。

・下地処理

腐食した部分の修理や、ヒビを埋める、鉄部のサビを落とすといった作業を行います。
この工程も新しい塗装が剥がれないようにするためだけでなく、
塗膜の本来の耐久性や防水性を発揮させるための重要な工程です。

・養生

塗装が必要のない箇所に塗料がつかないようにするための処理です。

・下塗り・塗装

下塗りをした後に塗装を行います。

・中塗り・上塗り

厚みを加えて、色の調整などを行います。
どの塗料を選んだとしても、下塗り・中塗り・上塗りをするのが一般的です。

・確認

現場責任者による確認を行います。

・足場の解体・清掃

足場を解体して、施工後の清掃を行います。

・引き渡し

依頼者に引き渡し確認を行います。

このような流れで外壁塗装は行われています。

アパートの屋根塗装の工程と施工の流れ

次に、アパートの屋根塗装の工程について見ていきましょう。

・足場の組み立て

アパートの外壁塗装と同じように、施工をする際の足場を組み立てます。

・屋根の洗浄

こちらも高圧洗浄を利用して、屋根の汚れやカビなどを落とします。

・下地処理

腐食した部分の修理や、ヒビを埋めるなどの作業を行いますが、
外壁と違い屋根の場合には雨漏りなどのリスクがあるため、
傷んでいる場合は屋根材などの交換が必要になる場合もあります。

・養生

こちらも外壁塗装と同様に塗装の必要のない箇所に塗料がつかないように養生します。

・下塗り・中塗り・上塗り

外壁塗装と同様に、合間にしっかりと乾燥させながら3回塗るのが一般的です。

・縁切り

屋根の塗装には縁切りという工程が入るケースもあり、
雨漏りの原因となる通気性の悪さを解消するための作業となります。

・確認

現場責任者による確認を行います。

・足場の解体・清掃

足場を解体して、施工後の清掃を行います。

・引き渡し

依頼者に引き渡し確認を行います。

このような流れで屋根塗装は行われています。

外壁塗装と屋根塗装、使うべき塗料は違う?

外壁塗装と屋根塗装では、利用する塗料として、同じものが使われることもありますが、
正しい方法としては、屋根には屋根の特性を考えた塗料を使うべきであると考えられます。

例えば、屋根は外壁と比べて直射日光を浴びることや、
雨に打たれることなどが多いため、耐久性の強い塗料を使うことが必要です。

損をしないアパートの塗り替え工事のポイント

ここからは、アパートの塗り替え工事における、
損をしないためのポイントについてご紹介していきます。

塗料は価格だけでなく耐用年数もチェックすること

塗料の種類によって価格が変動することをご説明させていただきましたが、
塗料は価格が安ければ良いというものではありません。

耐久年数を考えたときに、次にまた塗り替え工事を行うのは10年、20年先の方が良いはずです。

安い塗料にすることで耐久年数が少なくなり、結果的に損をしてしまうケースもありますので、
塗料は耐久年数が長いものを選択すると良いでしょう。

見積もりは必ず数社から取りましょう

どのような工事でも同じことがいえますが、アパートの塗り替え工事をする場合には、
必ず複数社から見積もりを取りましょう。

複数社から見積もりを取ることで、必ず費用の差が出てきますし、
時には、工事内容の違いを見比べられることも。

費用の差を確認するのと併せて、それぞれの工事の工程で
必要なもの、必要でないものを見極めていくことができるかと思います。

そのため、面倒でも1社だけに見積もりを取って決めることはやめましょう。

知らないと損をする!
塗り替え工事の減価償却の仕組みについて

アパートの塗り替え工事は減価償却として計上することや、修繕費として計上できる可能性があります。

現状維持を目的とした場合には、修繕費として計上できるため、経費とすることができます。

また、修繕費となった場合には一括での計上となりますが、
資本的支出となった場合は、減価償却として計上し、数年かけて経費として計上することができます。

定期的な塗替えは入居率の向上にもつながります!

アパートの塗り替え工事を最適な時期に行うことで、入居率を上げることも可能です。
キレイな塗装のアパートの方がボロボロの塗装のアパートよりも
入居したいという気持ちになるのは当然ですよね。

入居率アップのためにも最適な時期に塗り替え工事を行いましょう。

アパートの塗り替え施工実績

まとめ

ここまで、アパートの塗り替え工事についてご紹介させていただきました。
私たち志賀塗装は、とても残念なことに、
これまでアパートの塗り替え工事で失敗しているお客様を数多く見てきました。

多くのお客様に、失敗しない工事を実施していただくためにも、
正しい知識を持ち、信頼できる業者に塗り替え工事を依頼していただきたいと願っております。

もちろん志賀塗装でもアパートの塗り替え工事のご相談を承っております。
アパートの塗り替えでの困りごとやお悩みのことなどがありましたら、お気軽にご相談ください。