最新の住宅リフォームガイドブックをプレゼント! | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日

塗替え講座

最新の住宅リフォームガイドブックをプレゼント!

2020年11月6日

BETTYさん:志賀塗装さんの住宅リフォーム事業部では、『住宅リフォームガイドブック(令和2年版)』を無料で
配布しているそうですね。

マーくん:『住宅リフォームガイドブック(令和2年版)』は、国土交通省住宅局が発行している、
リフォームの情報がわかりやすくまとめられている小冊子です。
希望者全員にお配りしております。

 

リフォームの進め方のポイントや支援制度が、
わかりやすく解説されています。

 

BETTYさん:私たちにも役に立つ情報がたくさん載っているということなんですね。具体的にはどんな内容が書かれているんですか?

マーくん:大きく3つあります。1つ目は、まず「リフォームの進め方とポイント」です。
詳細を申し上げますと、例えば、「事前準備」。
どこに要望を出すのか、見積もりの優先順位、依頼先をどうするのか、契約のときのポイント、工事中のときの話、
トラブルになった場合のこと
、そういった内容が書いてあります。

BETTYさん:すごい! もうリフォームの進め方全部ですね。

マーくん:そうですね。最初から最後まで一通りポイントが書いてあります。
2つ目は、「リフォームで何ができる」ということです。

いざリフォームをしようと思っても、「どこからリフォームしたらいいの?」となりますよね。
補助金を使った方法やご自分のライフスタイルに合わせるとか、住まいの性能、耐震や断熱など
言葉で聞くと何となくイメージができるのですが、何もないところからだとなかなかアイデアが浮かびませんので、
そういったアイデアの事例や考え方が載っています。

BETTYさん:リフォームのアイデア集になっているわけですね。

マーくん:そうですね。さらに申し上げますと、寒暖差がなく快適で健康な空間にするためには、
どのようなリフォームをしたらいいのか
ということも書かれています。

BETTYさん:お家が住みにくくなって、「じゃあ、どこをどうしたらいいのかな?」と思ったときに、
このリフォームのアイデア集は参考になりそうですよね。それでは3つ目は?

マーくん:3つ目は、「リフォームの支援制度」と申しまして、
減税や補助金、融資という制度がいろいろと毎年変わっていきます。
例えば、お客さまによっては、「減税は当てはまらなかったけれども、今回のリフォーム工事は補助金に当てはまる」とか。
逆に、「減税と補助金の両方を使える」という場合もあります。

そういった制度は毎年変わっていくものですし、時と場合によっていろいろな補助金が臨時に出るので、
うまく活用していただき、リフォームをするときに少しでも、役立てていただければ
と思います。
資金面も大事なことですので、そういった支援制度についての概要が書かれております。

BETTYさん:本当に毎年その時折に合わせた制度が出来上がるんですよね。これもまたタイミングだったりもしますよね。

マーくん:そうですね。あとは、支援制度には期限があります。
特に固定資産税の減税、あるいは、ずっとやっている減税もあったり、バリアフリーリフォームの減税もあったり、
そういった補助金はタイミングと早い者勝ちというときもあれば、抽選というときもあります。

BETTYさん:融資に関してもいろいろ知りたいことがきっと皆さんあるでしょうからね。

マーくん:そうですね。今は中古住宅を買われてリフォームをするパターンも増えてきました。
その中古住宅を買う場合の非常に金利が安い「フラット35」も含めて、そういった制度の概要が書いてあるので、
一通り読んでいただけると、お客さまの要望によって活用できると思います。

BETTYさん:それが、この『住宅リフォームガイドブック(令和2年版)』なんですね。
しかも無料でいただけるということですが、志賀塗装さんへお電話すればよろしいですか?

マーくん:そうですね。お電話していただいて、ご住所をお伝えいただければ郵送いたします。
また、志賀塗装本社を含めて、お近くの店舗で受け取ることも可能ですので、お電話の際にお申しつけください。

BETTYさん:無料ということで、皆さんも、ぜひ、ご覧になっていただければと思います。

(小冊子をご希望の方は、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

住宅を購入する前の「買う準備」とは?

2020年11月6日

BETTYさん:今日はイベントを開催しているんですか?

マーくん:そうです。平谷川瀬で、中古住宅の購入をご検討中の方向けの相談会を実施しております。

BETTYさん:平谷川瀬のお店といえば、大きな顔のマークがあるところですよね?

マーくん:はい。中古住宅専門店「わが家」で開催しております。大通りにありまして、吉野家の隣にある大きい建物です。

BETTYさん:そこで、今日はどんなことをされているのですか?

マーくん:住宅を購入するということは、まず、いろいろと情報を集める段階も必要かと思うんですね。

BETTYさん:新築か、中古住宅か、資金の計画、住む場所、うまくいく秘訣(ひけつ)とか、
もうたくさん知らなくちゃならないですよね。

マーくん:はい。住宅を購入するときには、住宅展示場に行くとか、不動産屋さんに物件を探しに行くことも
当然あるのですが、回り道だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、その前の「買う準備」として、
ご自身で知らないといけないことがたくさんあります。

皆さん住宅の購入体験は少ないでしょうし、何軒も買われる方はあまりいないと思います。
ですから、思ったように住宅の購入ができないんですね。そういった住宅購入の考え方をご提案する相談会です。

BETTYさん:「物件を探す前」に知っておいた方がいいよ、という情報ですよね?

マーくん:そうです。もちろん物件探しは大事なことです。住宅購入には実際にいろいろな仕組みがありまして、
どのような家族構成で、何人で暮らしていくとか、例えば、リビングを中心に家族と過ごす時間をつくりたいとか、
人の往来が多いので外観もしっかりリフォームしておきたいなど、そういったご要望も同時にお伺いさせていただいて、
ご予算的なところもお伺いさせていただいて、物件探しに入る
んですね。

 

物件探しに入る前に、家族構成、ご予算、ご要望をお伺いさせていただきます。

 

BETTYさん:何となくよりも、詳しく情報がわかっていた方が探す方としてもいいですね。

マーくん:そうですね。やはり物件探しは全国で行ってますので、いわき市以外の方からの問い合わせもあります。
いい物件はパッと流れてしまうので、事前にご家族の情報、部屋の数や駐車場の位置、
リフォームをする場合のご予算の情報などをお伺いさせていただければと考えます。

私どもにはリフォーム事業部がありますので、リフォームのご相談も承っております。
実際にショールームへ行って、ショールームの担当者からご説明いただくことも可能ですので、
水まわりのイメージもつかみやすい
と思います。

BETTYさん:プロ中のプロに説明していただけるんですね。

マーくん:そうです。リノベーションといってもなかなか範囲が広いものですから、
実際の現場を見学していただき、イメージをしていただいてから物件を見に行くと、良い物件探しができると思います。

どちらかというと、物件を最初にご案内したいですし、お客さまもそのつもりでいらっしゃるのですが、
「買う準備」として、資金繰りや住む場所、家族のご都合をお客さまにお聞きして、
住宅を購入するために必要な情報や知識を、ある程度収集してもらう時間をつくっています。
その上で物件をご覧いただくと、かなりうまくいく
ようになります。

BETTYさん:そうでしょうね。自分の中でもまとまりきれない部分はあると思うので、
プロの方に話すことによって「あ、こっちの方がいいな」となりそうですし、お金の話もしっかりしたいですよね。

マーくん:資金繰りと聞くと、一番つまらない話だと思われるかもしれませんが、
そこが一番不安になりますので、ざっくりと私たちに情報を開示していただき、
ゆっくりお話をさせていただくことで、金融機関に対して説得力があるローンの申請ができる
ということですね。

BETTYさん:中古住宅を購入してリノベーションして暮らす。住宅購入のひとつの方法ですよね。
住宅の購入を検討されている方は、中古住宅専門店「わが家」へ、足を運んでみてください。

マーくん:電話で来店予約をしていただけますと、クオカード1,000円分を差し上げております。
パッと来られる方も多いのですが、ご連絡をいただくといいかなと思っております。

BETTYさん:それでは、来店予約、ご相談、お問い合わせなどは、志賀塗装さんのフリーダイヤルへお電話してください。

(来店予約、ご相談、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

塗装の情報は、「志賀塗装 YouTube」で!

2020年11月6日

BETTYさん:今回も、YouTubeの話題ですね。

マーくん:前回もお話させていただきましたが、ショールームイベントや見学会を開催できない状況ですので、
その分を少しでもカバーするために、YouTubeによる動画配信を始めております。

BETTYさん:志賀塗装さんはいつも見学会やイベントを開催していましたものね。
かなりの回数を重ねてきていましたよね。

マーくん:そうですね。開催しない月がないくらい行っていましたので。

BETTYさん:そうなんですよね。お客さまご自身のタイミングに合わせて、会場にお越しいただいていましたものね。
やっぱりコロナの影響は今も続いている感じですよね。

マーくん:そうですね。しばらく続くと思います。

BETTYさん:そういうときこそ、新しい情報提供の場がつくられるということで、YouTubeを始めたわけですよね。

マーくん:そうです。YouTubeには、塗装現場の職人さんの作業状況や弊社のスタッフの紹介動画、日ごろの
志賀塗装の雰囲気を感じていただく動画と、今まで開催してきました塗装セミナーの動画を
何回かに振り分けてアップして、塗装の情報提供をさせていただいております。

BETTYさん:私も拝見しましたが、たくさんの種類の動画がアップされていますよね。

マーくん:そうですね。ほかにもドローンで屋根の診断をしている様子や、
私立幼稚園の送迎バスの消毒・抗菌コーティングの作業の様子も、YouTubeにアップしております。

 

YouTubeで「塗装セミナー」の動画を配信しております。情報収集にお役立てください。

 

BETTYさん:現場に行かなくても、その状況がよくわかるということですものね。
そう思うと、YouTubeって便利ですよね(笑)。皆さんにもぜひ見ていただきたいですよね。

マーくん:こういう世の中になって、私どももYouTubeを導入したのですが、
こういうことがなければ、私も結構年なものですから、こういう動画配信にはうとかったんですよね。

BETTYさん:ドローンは早かったですけどね(笑)。でも、YouTubeを始めたと聞いて、
やっぱり驚きましたよ、私も。「あ、そうですか!」となりまして。

マーくん:私も子どもたちに「えっ?」って言われました。

BETTYさん:ですよね。「お父さん、ユーチューバーになっちゃった!」みたいな(笑)。
でも、私も見させていただきましたが、志賀塗装さんの普段の様子が伝わることと、どういう人が、
どんな形で働いているのかが、よくわかりますね。今までなかなかイベントに足を運べなかった皆さんにも、
これからは詳しい情報が伝わる世の中になっていくんだなと実感しております。

マーくん:そうですよね。まだまだ始まったばかりで未熟なところはあると思いますが、
これからも数多くの動画を配信して情報提供していきたいと思っています。

BETTYさん:いろいろ覚えないといけなくて大変ですね。

マーくん:でも、楽しいです!

BETTYさん:ぜひ、今後の動画も期待しておりますので、頑張ってください。

マーくん:ありがとうございます。

「志賀塗装 YouTube」はこちらから

YouTube動画配信を始めました

2020年11月6日

BETTYさん:志賀塗装さんでYouTubeを始めたんですね。

マーくん:8月から動画を使ったPRを始めました。これまでは現場見学会や塗り替えセミナーを行っていたのですが、
このコロナの関係がありまして、今のところ休止が続いている状況です。
ですので、動画を使って塗装の情報をお伝えできたらと思い、始めました。

BETTYさん:私も今、YouTubeをいろいろ見ながらお話しています。「情報の提供こそが価値がある」ということで、
志賀塗装さんではいろいろなイベントを開催されてきたので、その代替ということですかね。

マーくん:そうですね。クリナップさんやTOTOさんにご協力をいただいて、
長らくショールームイベントを行っていたのですが、どうしても今のコロナの影響で開催できずにいます。
最新の補助金情報や、水まわりのこと、塗装ですと、どの業者さんがいいとか、見積書の価格の違いなど、
皆さんにお伝えしたいことがたくさんあります。

弊社のホームページにはいろいろな情報が載っているのですが、「見てもわからない」というお声もいただくので、
皆さんに定期的に情報提供をするということで、イベントを行っていました。

BETTYさん:これからもたくさんの動画を撮って、アップしていくんですか?

マーくん:そうですね。今、スタッフ一丸となってYouTubeをスタートしたところなんですが、
動画制作は専門ではないので、どんなふうに動画をつくったら情報をわかりやすくお伝えできるのか、
私たちが思っているようにお伝えできるのかというのは、実は試行錯誤なんです。

「いろいろなスタッフがいるな」「何かいろんなことをやっているな」ということは伝わると思いますので、
まずは堅苦しくないレベルでやっていければと考えています。

 

「志賀塗装 YouTube」で、塗装の情報を動画配信しております。

 

BETTYさん:志賀塗装さんのYouTube、面白いですよ(笑)。発声練習をしているんですか?

マーくん:そうですね。朝、皆さんが出勤してきたときにやっています。私も20年くらいやっています。

BETTYさん:元気に発声練習をしている動画がありまして、面白いなと思いました(笑)。
あとは、「ドローンを飛ばします!」という動画もありましたね。

マーくん:そうですね。今、ドローンは社内に4台ありまして、あちこちで飛ばしています。
ぜひ、診断のときに使っていただければという思いで宣伝しています。

BETTYさん:屋根の点検、雨漏れの点検などに、ドローンが大活躍しているということですね。

マーくん:今後はこのドローンを使って、塗装工事をされたお客さまの記念写真を撮ろうという話をしています。
家の上から写真を撮る機会って、なかなかないですから。

BETTYさん:家の上から写真を撮ることなんてないですよね。それは楽しみですね。

マーくん:はい。意外とないみたいなので面白いかなと思います。

BETTYさん:それから、外壁の塗り替え工事や下塗り作業など、そういった動画もアップされていますね。

マーくん:そうですね。職人さんの紹介も兼ねているのですが、
本来は現場見学会で見ていただくことが一番なのですが、動画でも雰囲気は伝わると思います。
ご覧いただいてご不明な点がありましたら、お問い合わせいただければと思います。

BETTYさん:あとは、現在、志賀塗装さんで取り組んでおられるコロナ対策として、
幼稚園の送迎バスの除菌と清掃をしてくださっているんですよね。

マーくん:はい。おかげさまで、いろいろな方々から大変ご好評をいただいており、作業しているスタッフも喜んでいます。

BETTYさん:園バスの除菌作業もYouTubeにアップされていますね。マスクをしっかりして、お掃除していますよ!

マーくん:今、とても暑い状況になっていますが、しっかり取り組んでいます。

BETTYさん:「志賀塗装 YouTube」で検索すると、すぐに出てきますね。簡単に検索できますので、
ぜひ、皆さんもご覧になってください。

マーくん:よろしくお願いいたします。

BETTYさん:これから、どんなYouTubeにしていきたいですか?

マーくん:何を載せていいのかわからなかったのですが、スタッフの方々が楽しんでいけるようにはしたいなと思っています。

BETTYさん:いろいろな個性的なスタッフの皆さんがいらっしゃいますからね。

マーくん:そうですね。スタッフ紹介も載せていきたいと思っています。ぜひ、ご覧になってください。

「志賀塗装 YouTube」はこちらから

塗装業者選びの原則とは?

2020年11月6日

BETTYさん:本日は「よくあるお客さまからのご質問」について教えていただけるということですね。

マーくん:先日あるお客さまから、25年ぶりに電話がかかってきたんです。
塗装工事をしてくれる業者を探していて、横浜に住んでいるんだけど、どの業者にしようかと悩み抜いて、
私に連絡が来たということがありました。

BETTYさん:横浜ということは、神奈川県ということですよね。
それこそ、たくさんの業者さんがあふれているのではないですか?

マーくん:そうですね。大都市圏ですからね。
ですから、「インターネットで検索すると、たくさんあるんじゃないですか?」と言いましたら、
「でも、ホームページには悪いことは書いてないんだよね」とおっしゃって。

私どももホームページはありますが、結局、お客さまはこうおっしゃったんですね。
「どこも同じように見えちゃうんだよね」って。

BETTYさん:それは痛いところをつかれましたね(笑)。

マーくん:本当に身につまされる思いで(笑)。そこで、いわき市の私どもを思い出していただいたんでしょうけれども。

BETTYさん:でも、工事費用も高額になりますし、慎重になるのはわかりますよね。業者選びに原則みたいなものってあるんですか?

マーくん:何度かお話をさせていただいているのですが、2点あります。
1つ目は、お客さまが希望するリフォーム工事の内容と、その業者の業務内容、得意工事が合っているかどうかです。
例えば、私ども志賀塗装では、塗装とリフォームを行っておりますが、外構はメインとしては行っていません。
もちろん、新築もできるかと思いますが、お客さまからご依頼がない場合は、特にお知らせをしておりません。

BETTYさん:ご自身が希望するリフォームと、業者さんの業務内容の得意工事が合っているかどうかは、本当に大事なことですね。

マーくん:大事です。リフォームには1,000種類以上の工事がありますので。
2つ目は、かかりつけ医のように、自宅からあまり遠くないことです。
ほかにも、実績がある、建設許可を取っているなど、選ぶポイントはいろいろありますが、
業者を選ぶために大切なのは、自分たちが実施したい工事と、業者の得意な工事が合っているかどうかなんですね。

体調が悪くなったときに、専門病院と総合病院のどちらに行くかというのと同じで、例えば、塗装工事でも、
公共工事を請け負っている会社さんであっても、個人の戸建ての塗り替えは別のノウハウが必要なので、
ホームページに「ナンバーワン」と書いてあっても難しいかなとは感じます。

 

業者選びの原則は、「得意工事かどうか」「自宅から遠くないか」です。

 

BETTYさん:「何がナンバーワンなのか」を知るということですね。
もうひとつ原則として、自宅からあまり遠くないかというお話でしたが、今回の場合は
神奈川県から電話が来たわけですが、「志賀塗装さんに塗装工事をしてほしい」と言われたらどうなるんですか?

マーくん:その場合、私の方でいろいろと交流させていただいている会社さんがありますので、
そこの代表の方にお電話をして紹介はさせていただいています。
いわき市外から遠くなると行けないですし、塗装工事は「塗って終わり」ではありません。

塗装工事の後に、雨漏れが止まらないこともあるかもしれないし、ほかに建物の劣化が発見される場合もあるので、
必ずしも塗装の時期だから塗装だけをやればいいということではなくて、シロアリの知識や雨漏れ、
建物の劣化、建材の知識などが必要なので、地元の会社さんの方がいい
ということなんです。

BETTYさん:だから、自宅からあまり遠くない方がいいんですね。「遠すぎるとちょっと・・・」という不安がありますもんね。

マーくん:そうですね。やはり自然災害が多くなっていますので、もしものときの対応の早さは、
実際に距離も比例するところがある
と思います。

BETTYさん:すぐに駆け付けてくれると思うと安心感もありますしね。それにしても、神奈川の方からお電話があるなんて(笑)。

マーくん:そうですね。最近ですと、仙台にお住まいの方からもお問い合わせがありました。
去年は埼玉県からもあったんですね。
業者のホームページがいっぱいあって、先ほどのお話ではないですが、「どれもわからない」と言われればそのとおりなので。

BETTYさん:どの業者に頼めばいいのかは、100円、200円の話ではないから、余計に考えちゃいますよね。

マーくん:そうですね。私どもはほかの地域の会社さんと一緒に、勉強会や雨漏れの研究、シロアリの研究に取り組んでいます。
そういったところで一緒に学んでいる仲間であれば、信頼関係があるのでご紹介しております。
実際にはお値段もありますから、そこも踏まえてタイミングが合えば、
ぜひ、ご縁を大事にしてくださいということでお伝えしています。

幼稚園バスの除菌・清掃を行っています

2020年11月6日

BETTYさん:今回は、「新型コロナ感染防止対策の取り組み」をご紹介してくださるということですね。

マーくん:7月からボランティアで、いわき市内の私立幼稚園の送迎バスの消毒、抗菌コーティングを実施しています。
皆さんに大変喜ばれております。

BETTYさん:これは具体的にはどのような作業になるんですか?

マーくん:工程が2つあります。まず1つ目は、インフルエンザなどのウイルスや、いろいろな菌を消毒して減らします。
2つ目は、ウイルスや菌などを消毒して減らしたら、無色透明でにおいがない「菌が付きにくくなる塗料」を表面に塗装し、
コーティングします。

これは乾燥すると、見た目は塗ったかどうかわからない状態になります。
いったん菌などを減らした後、無色透明のにおいもない塗料を塗ることによって、ウイルスや菌などが付着しにくくなります。
効果が一定期間続きますので安心です。

BETTYさん:これは本当に安心ですね。これはほかのものにも応用はできるんですか?

マーくん:そうですね。人が手で触れるところや、もちろん一般住宅にも対応できます。
今回は幼稚園の送迎バスなので、お子さまがつかまる手すりなどを除菌・抗菌して、
新型コロナ感染防止のお手伝いをさせていただいています。

BETTYさん:いろいろなところに対応できるのは便利ですね。例えば、園バスだとどれくらい作業時間がかかるんですか?

マーくん:バス1台につき、1時間から2時間くらいかかります。
園バスを何台も所有している幼稚園さんもおりますので、作業は一日がかりになりますね。

BETTYさん:本当に、すばらしいボランティアだと思います。

マーくん:やはりお子さま方の健康もとても大切だと思いますので、そういうところでボランティア活動をさせてもらってます。

 

感染防止対策として、消毒・抗菌コーティングを行っております。

 

BETTYさん:例えば、おじいちゃんやおばあちゃんが生活をされている、
老人福祉施設や介護施設にも対応できるということですよね。

マーくん:はい。もちろん大丈夫です。

BETTYさん:除菌・抗菌は、専門スタッフが訪問して作業するんですか?

マーくん:きちんと講習を受けている弊社のスタッフが作業しています。

BETTYさん:手元にチラシがあるのですが、除菌清掃サービス「除菌・バスター」というんですね(笑)。

マーくん:そうです(笑)。結構、重装備で作業するものですから、夏は暑いので大変なのは大変ですね。

BETTYさん:まずは除菌して菌を減らした状態にしてから、菌が付きにくくなる塗料でコーティングしていくということですね。
万が一、菌が付いても、生きていけない環境をつくるということですね。病院とかで行うといいですよね。

マーくん:そうですね。ぜひ、ご利用いただければと思います。

BETTYさん:作業時間やいろいろな工程があるでしょうから、場所によってそれぞれお値段は変わってきますよね?

マーくん:そうなんです。広さや大きさによって費用が変わってきますので、
そのあたりはお問い合わせいただければ、現場を拝見させていただいて、お見積もりさせていただきます。

BETTYさん:今は新型コロナウイルスの感染拡大を止めるために、皆さん、いろいろと対策されていますが、
拡大させないために志賀塗装さんが取り組んでいることが、この「除菌・バスター」です。
お見積もりは無料ですので、ぜひともお問い合わせいただければと思います。

マーくん:病院や学校、学習塾、オフィス、電車、飲食店、ダンスホール、ライブハウス、スポーツクラブに一般住宅、
何でも、どこでも対応できますので、ご検討ください。

(ご相談、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

 

塗り替えを決めたら、まずは「情報収集」を!

2020年11月6日

BETTYさん:本日は、「塗り替えを決めたら何から始めたらいいのでしょうか?」というところで
いろいろお話を伺っていきたいと思います。

マーくん:前回は、塗り替え時期についてお話をしました。
塗り替えを決めたら、次の行動は「情報を集める」ということです。

BETTYさん:情報を集める。具体的にはどんなことが必要ですか?

マーくん:具体的には、ご近所の評判や、業界団体のホームページや、広告などを打っている企業各社の情報を集めましょう。

BETTYさん:ネットにもいろいろな情報がありますよね。不思議な書き込みや、大げさな広告もありますよね。

マーくん:そうですね。もちろん、そこは気を付けて比較していかなくてはなりません。
情報があふれて正確さに不安があるときは、「原点」に戻ることですね。

BETTYさん:原点に戻ること。例えば、どういうことですか?

マーくん:第1に、地元に本社がある企業に問い合わせをすること。
第2に、専門の工事業者に聞くこと。
第3に、アフターサービスについて内容の差を確認することです。

 

情報収集をしていると、何が正しいのかわからなくなることがあります。

 

BETTYさん:まず1つ目は、「地元に本社がある企業」ということですが、
私たちはいわき市にいますので、いわき市に本社がある企業にお問い合わせをして聞いてみるということですね。
それから2つ目、「専門工事業者に聞く」というのは?

マーくん:塗装工事を行うのでしたら、塗装の専門会社に聞くということですね。

BETTYさん:志賀塗装さんでは塗装以外にもいろいろやりますけれども(笑)。専門の工事業者に聞いてみるということですね。

マーくん:そうですね。歴史が長いのは塗装工事ですので。

BETTYさん:それから3つ目、「アフターサービスについて内容の差を確認する」。内容の差を確認とは、どういったことですか?

マーくん:塗料によって保証期間が違うんです。
単純に一番わかりやすいことといったら、そういった保証期間を比べることだと思います。

BETTYさん:保証期間って塗料によって違うんですね。それ自体も、あまり知られていないですものね(笑)。

マーくん:一般的にはそうですよね。このようなことを気にしていただくことが、一番よろしいかと思います。

BETTYさん:前回は「塗り替えの時期」について。今回は「情報」について。この後もこのお話は続きそうですね。

マーくん:そうですね。また次回もご期待ください。

BETTYさん:志賀塗装さんの本社は小名浜にありますから、まさに「地元に本社がある企業」ですね(笑)。
何かご質問やご相談がございましたら、ぜひ、お問い合わせください。

(ご相談、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

「チョーキング現象」は、塗り替えのサインです!

2020年11月6日

BETTYさん:今回から「そろそろ塗り替えかな?」と思ったら、考えておいてもらいたい情報をお届けしていくということですね。

マーくん:塗り替えをしようと思うと、まずは「見積もり」となるのが普通なのですが、
そのほかにも「塗り替えの時期」や「塗料の選び方」を知っておくことも大事なんです。

BETTYさん:もちろん金額はとても大事ですけれども、それと同じくらい塗り替えの時期なども大事だということですね。

マーくん:そうです。本日は「塗り替えの時期」に絞ってお伝えします。
まずは「チョーキング現象」を覚えていただきたいと思います。

BETTYさん:チョーキング現象。詳しく教えてください。

マーくん:外壁を手でこすった際に、チョークの粉みたいなものがベタッと付くことを「チョーキング現象」といいます。
これは外壁の塗り替えの黄色信号、「危険ですよ」というサインになります。

BETTYさん:黄色信号。注意しなければいけないということですね。

マーくん:チョーキング現象は、雨水をはじく力がなくなっている証拠です。
水がどんどん壁に染み込んでいく状況になっています。
この黄色信号から次は赤信号に変わるわけですが、この赤信号というのは、壁の割れ、剥がれもあります。

鉄部であればサビが見えている形です。黄色信号から赤信号に変わるタイミングは突然来ます。
黄色信号まではゆっくりゆっくり、一年一年少しずつ劣化していくのですが、
黄色信号から赤信号に変わるのは急激に来るんですね。

BETTYさん:交差点の信号と一緒ですね。パッと変わりますもんね。

マーくん:そうです。ですから、この赤信号になる前の黄色信号で意識することが非常に大切になんです。

BETTYさん:だから、チョーキング現象があったら、
「あ、黄色信号だ! そろそろ塗り替え時期だな」と考えないといけないということですね。

マーくん:そういうことなんです。赤信号になってからだと手遅れになってしまうので、
黄色信号を見逃さないようにすることが、非常に大切
になってきます。

 

チョーキング現象は、水をはじく力がなくなっている証拠です。早めに対処しましょう。

 

BETTYさん:やはり黄色信号のうち、チョーキング現象を見つけたころに塗装するのと、
赤信号になってひび割れなどが起きてから塗装するのとでは、工事の方法も変わったり、かかる料金も違ったりするんですか?

マーくん:そうなんです。赤信号になると、それだけ手当てしないといけない部分が増えてきますので、
当然、工事日数もかかりますし、料金もその分かかるようになります。
できれば、黄色信号の時点で工事されることをお勧めします。

BETTYさん:放っておいても直るものではないですものね。風邪みたいに回復してくれればいいんですけど(笑)。

マーくん:先ほど申し上げたように、水をはじく力がなくなっていますので、壁に水が染み込み、
壁自体が劣化していきます。
放っておいても良くなることはまずないんです。

BETTYさん:壁に水が染み込んでいくというのは、悪いことなんですか?

マーくん:悪いことになりますね。外壁に対しては非常に良くないことです。

BETTYさん:それも皆さんに覚えておいていただきたいですね。
「あ! うち、チョーキング現象が起きている!」と思った方は、ぜひ、志賀塗装さんへお電話していただきたいと思います。

マーくん:そうですね、よろしくお願いいたします。

(ご相談、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

火災保険の補償内容を確認しましょう!

2020年11月6日

BETTYさん:前回、「火災保険でリフォームの費用が出る場合がある」というお話をいただいておりますが、
今回もそのお話でしょうか。

マーくん:はい。繰り返しにはなりますが、「火災保険が使えるのは火災だけ」と思われている方がとても多いので、
火災だけではありません
ということをお伝えさせていただきます。

BETTYさん:強風や雹(ひょう)による被害で、ガラスが破損したり、屋根が破損した場合も、
火災保険で補償される可能性があるわけですよね。

マーくん:はい。ほかにも台風や集中豪雨によって川が氾濫し、水害が起きた場合など、自然災害に幅広く対応できます。

 

台風や集中豪雨による被害も、火災保険で補償される場合があります。

 

BETTYさん:もちろん、契約内容の確認は大事になってきますよね。

マーくん:そうですね。火災保険は、数年さかのぼって保険料が支払われたり、築20年以上たった住居の場合、
その70%くらいは災害等で、瓦がずれたり、板金が破損したり、樋がゆがんだり、カーポートが破損したりなど、
何らかの被害があるというデータも出ています。

特にいわき市は、去年大きな水害もありましたので、そういった災害時に保険料が支払われたりします。
また、現段階の仕組みにおいては、ほかの保険と違って何回使っても保険料が上がらないことも大きな特徴です。

自然災害がこれだけ続くと、今後は制度設計が変わるかもしれませんが、
現段階において戸建ては保険料が上がっていないのです。
そういった特徴がありますので、契約内容の確認は大事かと思います。

BETTYさん:契約内容を確認して、「もうちょっと補償を増やしておいた方がいいな」という場合は、
内容を変更することもできますものね。

マーくん:そうですね。火災保険の詳しい商品案内は各保険会社の業務になりますから、
そちらと打ち合わせをしていただくと、提案していただけるのではないかと思います。

BETTYさん:志賀塗装さんは、その保険会社に出すための診断資料を作成できるんですよね。

マーくん:地域貢献の一つとして考えているのですが、志賀塗装の視点だけではなく、
保険をサポートしている「一般社団法人日本損害保険協会」と連携し、ご指導をいただいて、
保険会社へわかりやすい診断書を提出しております。

BETTYさん:火災保険に入っていない方、新しく検討したいという方は、
まずはこの診断書づくりだけでもやってみた方がいいですね。

マーくん:そうですね。診断書は無料で作成しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
それを持って保険会社の方にご相談されると、いろいろと具体的な相談ができるかと思います。

BETTYさん:火災だけではなく、自然災害の幅広い範囲を火災保険でサポートできることを
ご存知ない方が結構いらっしゃると思います。ぜひ、もう一度見直していただけたらと思います。

自然災害に備え、知っておきたいこととは?

2020年08月31日

BETTYさん:本日は新しいパンフレットをご紹介いただけるとのことですね。
どんなパンフレットなんですか?

マーくん:火災保険の補償内容を確認できまして、それをリフォーム工事にも活用できることを
まとめたパンフレットになります。

BETTYさん:知りたいことが詰まっている感じがしますね!

マーくん:火災保険のお話は、このコーナーでも何度か取り上げさせていただいているんですが、
意外と皆さんに知られていないことが多いんです。

BETTYさん:確か、大きな台風や雨が降ったときにも、この火災保険を使える場合があるという、
そういうことでしたよね。

マーくん:そのとおりです。どうしても火災保険といいますと、
火事になったら使う保険と思っている方が多いと思います。

BETTYさん:いや、私はもう完全にそう思っていましたから、本当にびっくりしました。

マーくん:ですから、火災保険は約95%の人々が申請したことがないというのが現状です。

BETTYさん:だって、「火災保険という名前なんだもん!」と言いたくなっちゃいますけれども(笑)。
これって、身近ではないことですもんね。

マーくん:そうですね。まして、その火災保険の補償内容まで知っている人は、10%に満たないんですよね。

BETTYさん:せっかく火災保険に入っているのに、その補償内容をちゃんと理解しているという方が
少ないということですね。
被災したにもかかわらず、申請せずに「損したな」「失敗しちゃったな」という方もいるかもしれないですね。

マーくん:そうですね。先ほどもお伝えしましたように、「火災保険」という名前が
火事のときにしか使えないと思わせてしまうんですよね。
自然災害による被災に関しても補償されますし、車の任意保険とは違い、
火災保険は使っても保険料が上がることはありません。

そのへんは安心して使っていただければと思います。

 

自然災害が増えている今、火災保険を見直すことが大切です。

 

BETTYさん:こんなに自然災害が多いと、これは覚えておいた方がいいですよね。

マーくん:そうですね。ぜひ、こういうことは気にかけていただければと思います。

BETTYさん:で、そのパンフレットにそれが書いてあるということですね。

マーくん:はい。それがわかりやすく書かれているパンフレットがありますので、
ぜひ、読んでいただければ
と思います。
わからない点は弊社に連絡をいただければ、丁寧にご説明をさせていただきます。

BETTYさん:例えば、「うちは火災保険に入っていたかな? 入っていないかな?」という相談から、
もし、入っていなかったら、保険に加入するというところまで相談できるということですか?

マーくん:そうです。私どもは保険会社といろいろ提携させてもらっていますし、
保険会社を通しての診断書を弊社ではつくれますので、ぜひ、そのあたりもご活用いただければと思います。

BETTYさん:保険会社に提出するレベルの診断書をつくっていただけるんでしょうけれど、
それはお金がかかるんですか?

マーくん:いえ、無料でつくらせていただきますのでご安心ください。

BETTYさん:何でもお金、お金って言ってすみません(笑)。
最近災害が多いですから、本当に考えた方がいいですね。

マーくん:そうですね。
近年このように雨の災害が多いものですから、ぜひ、保険に入っていただいたり、
保険の見直しをしていただければと思います。

BETTYさん:保険料もさまざまでしょうけれど、ご自身に見合ったものを選んでいただければ、
ずっと続けていけると思いますしね。
この新しいパンフレットは、どうやったら手に入りますか?

マーくん:弊社のフリーダイヤルの方に連絡をいただければ、お届けいたします。

BETTYさん:パンフレットも無料ですから、ぜひ、お手にしていただければと思います。

(ご相談、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)