工事代金のお支払いは、現金よりもお得なキャッシュレス決済で! | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日
お問い合わせはこちら
LINE公式アカウントで志賀塗装の情報配信中!

塗替え講座

工事代金のお支払いは、現金よりもお得なキャッシュレス決済で!

2020年02月13日

BETTYさん:最近、「キャッシュレス5%還元」というのぼりをよく見掛けるようになりましたよね。

マーくん:そうですね。
弊社もリフォーム代金のお支払いを、キャッシュレス決済で対応できるようになりました。

BETTYさん:すごいですよね。例えば、トイレをキャッシュレスで買えるということですよね(笑)。

マーくん:そういうことになりますね(笑)。QR決済ができるようになってから、
リフォーム工事の代金の一部をキャッシュレスにされているお客さまが増えてきています。

BETTYさん:やっぱり還元されると思うと使いたくなりますよね。
例えばPayPayを使うと、国から5%分もらえて、PayPayの方からもポイントがもらえるということでいいんですよね?

マーくん:そうです。国から5%還元されますし、PayPayでもいろいろなキャンペーンを独自にやっています。
そのときそのときのキャンペーンで内容は違いますが、必ず特典は付いています
ので、とにかくすごくいいシステムなんです。
弊社では11月からこの対応を始めていますので、ぜひ、ご利用いただければと思います。

BETTYさん:すごいですね。普通に現金で支払うよりもお得ですからね。

マーくん:間違いなくお得なのですが、やはり年配の方はキャッシュレスに慣れていない方が多いので、
「現金で」という方も多いです。ですが、ポイントが付きますので、ぜひ、キャッシュレスでお支払いいただければと思います。

BETTYさん:キャッシュレス決済でリフォームができたり、塗り替え工事をしたり。
お得しかないという感じですね。キャッシュレスに慣れない場合は教えていただけるんですよね。

マーくん:そうですね。
私どもの方できちんとご説明をさせていただいて、簡単に登録できるようにアドバイスさせていただきます。
そのへんはご安心ください。

BETTYさん:工事代金の一部から「5%還元」ですから、普段ジュースを買うのとはまた違いますものね。
支払う代金が大きいですから、ジュース1本よりは。

マーくん:そうです。5%といっても大きな金額ですので、ぜひ、ご利用いただきたいと思います。

 

リフォーム代金をキャッシュレスにすると、現金で支払うよりもお得になります。

 

BETTYさん:キャッシュレス決済は新しい流れですよね。これからも志賀塗装さんのイベントで使えるんですよね。

マーくん:そうです。イベント等でキャンペーンをしていきますので、ぜひ、気軽にお越しいただければと思います。
まあ、来年も新年早々から、毎週末はイベントずくめなので(笑)。

BETTYさん:来年もやる気満々ですね(笑)。

マーくん:はい。
もう正月が明けたらすぐに、週末はすべてイベントが入りますので、またご紹介させていただければと思います。

BETTYさん:すごく明るい2020年がもうすぐそこまで来ていますね。

高齢者の事故の8割は家庭内で発生!?

2020年02月13日

BETTYさん:本日は「リフォームで生活向上プロジェクト」についてですね。

マーくん:このプロジェクトは、国土交通省と経済産業省、そのほか、各種団体の協力をいただき、
リフォームのコツを意識してイベントで情報を提供していこうというプロジェクト
になります。

 

「リフォームで生活向上プロジェクト」では、国土交通省・経済産業省と
リフォーム事業者や関連団体が連携し、情報提供を行っています。

 

BETTYさん:リフォームのコツを意識して情報提供をするということで。

マーくん:そうです。より安全で楽しく快適に過ごすためのリフォームとなります。

BETTYさん:志賀塗装さんは地元でも現場見学会やセミナー、イベントを定期的に行っていて、
かなり情報発信をしていますよね。

マーくん:そうですね。
やはり質の良い役立つ情報こそが、地域貢献、社会貢献の第一歩であると考えておりますので、
そういう意味で情報発信をさせていただいております。

BETTYさん:自分の仕事をもっての社会貢献って、そういうことですよね。
そして、本日、衝撃のデータが1つありますね。これは衝撃すぎてびっくりしました。

マーくん:「平成28(2016)年版 高齢社会白書」に掲載されているのですが、
これを見ますと、65歳以上の高齢者の事故の8割近くが、住宅内で発生しているんですね。
その半数が、転落、転倒がきっかけで発生している状況なんですね。

BETTYさん:住宅内ということは、家の中で、ということですよね。

マーくん:そうです。交通事故、山や海での事故ではありません。

BETTYさん:高齢者の事故の8割近くが家の中で発生しているという、この事実。
家の中が一番危ないなんて、本当にびっくりしました。一番安心だと思っていますからね。

 

高齢者の事故を防ぐため、危険な箇所を改善するリフォームが必要です。

 

マーくん:そこで今回、このプロジェクトの中で、お風呂など水まわりのリフォームについて、寒暖差による
「ヒートショック」で亡くなっている方も多いものですから、浴室の暖房や窓の断熱について、あとは、
玄関や廊下、階段は、転倒や転落が非常に多い箇所ですので、どのようなリフォームをすればいいのかという
コツが書かれた冊子を3冊セットで無料配布
させていただきます。

BETTYさん:でも、そういうものを受け取ってしまうと、後から電話が来たりして、
しつこくされたらどうしようって思う方もいらっしゃいますよね。

マーくん:いえいえ。私どもは無理な営業はしませんし、ご希望のない場合は営業には行きません。
「急いで届けて」というときは急いでお届けもしますのでお申しつけください(笑)。

BETTYさん:やさしいですね(笑)。
会社もずっとそこにあるわけですし、逃げも隠れもしませんから、お客さまも安心ですね。

マーくん:地域の人に嫌がられるようなことはしませんので、そのへんは大丈夫です。

BETTYさん:それにしても、高齢者の事故の8割がお家の中で発生しているのは、本当に衝撃的ですよね。

マーくん:そうですよね。ですから、その場に合ったリフォームを考えていただきたいと思います。
ぜひ、このような冊子も参考にしてください。

BETTYさん:「このくらいの段差なら大丈夫だろう」と安易に思うなということですよね。
高齢者の事故の半数が転落・転倒がきっかけで発生しているということですから、
ちょっとの段差でも注意が必要ですよね。冬はヒートショックも心配ですしね。

マーくん:お住まいの中で、危険な箇所はいろいろあります。
それを皆さんに知っていただき、改善するような対策を考えていただきたい
と思います。

BETTYさん:そのリフォームのコツなどが書かれた冊子を、3冊セットで無料配布しております。
ご希望の方は志賀塗装さんまでご連絡ください。

(冊子ご希望の方は、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

 

塗り替え工事成功のコツは、住まいの健康診断!

2020年01月16日

BETTYさん:2019年は随分いろいろな診断をされてきましたよね。

マーくん:そうですね。おかげさまで、多くの皆さまのお住まいを診断させていただきました。

BETTYさん:気付きや学びがありましたら教えてください。

マーくん:住宅診断を通して皆さまにアドバイスができればと思っています。今年の気づきは主に3つあります。
1つ目は、早めに住宅診断をされた方が費用も仕上がりもスムーズにいきやすいと感じました。

BETTYさん:人間も健康診断は大事ですもんね。お家の健康診断も早めにした方がいいよ、ということですね。

マーくん:そうですね。我々はベストを尽くしてお住まいの修繕を行っているのですが、
塗装工事以外に直すべき部分があって工事費が上がってしまうと、場合によっては、塗装工事よりも、
その木工事やその前の工事の費用が計上されてしまうときがある
ので、
その場合、もう少し早い時期に工事をするべきだったのかなと思います。

BETTYさん:「もうちょっと早めに」というところですよね。では、2つ目は。

マーくん:2つ目は、今のお話とも重なるのですが、塗り替えをする時期は10年から15年前後が第一回目の山ですので、
そういう時期を大事に
していった方がいいのかなと思います。それは資金調達の面からも大事かと思います。
例えば、お客さまが塗装工事を100万円と想定した場合、塗装工事以外の木工事に50万円、
その前のいろんな工事に50万円が必要となってしまうと、お客さまが思っていた金額の倍になってしまいます。
そうなると、世間相場より高いのではないかと感じてしまい、「もう少し待ってみようか」と時間をおいてしまうんですね。

BETTYさん:でも、もう少し待ったら、もっと費用がかかりますよね。

マーくん:そうですね。その間に雨が漏ってくるようになると、また別の工事が入ってきてしまうので、
やはりある程度、適した工事の時期はあると思います。お客さまが「塗り替えはどのくらいの時期がいいのかな?」と
気になり始めたときが、塗り替えの時期としては大体当たっています。
最近気になるようになってきたというのは、直感といいますか、大体正解なので、その時期に塗装工事をされた方がいいと思います。

BETTYさん:皆さん、「長く住みたい」と思ってお家を建てるわけですからね。そうすると、お家を長持ちさせるためには、
建ててから10年、15年たったときには塗り替えを考えた方がいいということですよね。そして、3つ目は。

マーくん:3つ目は、時期的に余裕がある場合は、住宅診断を受けられてから金額をみてほしいと思います。
コストを下げるということは大事なことですが、優先すべきところは必ず存在しますので、
診断書を見てリフォームの優先順位を話し合った方がいいと思います。

BETTYさん:自分で考えているところと、本当にリフォームが必要なところは違うかもしれないということですね。
診断の基準を見ていただきたい。なかなかこれは深い話ですね。お金の話は大変大事なことですし、でも、家も大事にしたいし。
とにかく、お客さまの立場から言うと「失敗したくないし」ということですよね。

 

塗り替え工事を成功させるコツは、必ず住宅診断を受けることです。

 

マーくん:そうですね。その第一歩はやはり相談していただくことですので、そのことが、今回お伝えした内容に
いろいろつながってきます。私どもは地元の企業ですので、過度な営業は全くいたしません。
皆さん、「見積もりを取ったら工事をやらないといけないのかなと思ってしまう」とおっしゃいますが、そんなことはないので、
ぜひ、お気軽にお問い合わせしてください。日数は要するかもしれませんが、必ず住宅診断はさせていただきますので、
それを基にいろいろお考えいただければと思っています。

BETTYさん:「お家の健康診断をまずはしてみましょう」ということですね。お気軽にお問い合わせいただければと思います。
志賀塗装さんは地元の企業ですから、ずっとそこにありますから、安心していただければと思います。

(ご相談、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

新しい外装材「カルセラ」、おすすめです!

2020年01月16日

BETTYさん:先週は現場見学会がありましたが、何か発見はありましたか?

マーくん:塗装の現場見学会ですので、塗り替え時期や住宅診断に興味をお持ちの方がご来場くださいました。

BETTYさん:特に新しいことはありましたか?

マーくん:外装材によくレンガ調タイルが使われるのですが、今回は新しい外装材「カルセラ」を使用しました。
塗装工事だけでなく、お客さまからアクセントをつけたいというご要望がありましたので、外壁を塗ったところにポイントで
「カルセラ」を腰の高さまで貼りました。今回は「カルセラ」をPRする現場見学会をさせていただきました。

BETTYさん:「カルセラ」というくらいですから、軽いんですか?

マーくん:そのとおりです。特殊なセラミックで作られているレンガを1250℃の高温の窯で焼いていくのですが、
水に浮くほど軽いということで、建物本体に非常に負担が少ない新しいレンガなんですね。
これから弊社でも普及していきたいと思っています。

BETTYさん:建物への負担が少ないということですから、いかに軽いかわかりますね。
こちらは、塗装、プラスアルファのご提案になっていくわけですね。

マーくん:そうですね。こちらのレンガはほぼ半永久的にもちますので、より耐候性を求めるお客さまにも、
塗装工事と併せてご提案できる
と思います。

BETTYさん:これからそういうお家が増えていきそうですか?

マーくん:そうですね。今まで1色で塗っていたものに対して、この「カルセラ」は一枚一枚の焼き方具合が微妙に違うので、
同じものが一枚とない
んです。ぴったりと工場でつくるというよりも、手焼きに近い雰囲気があるので非常に面白い商品です。
施工するときは、職人さんが一枚一枚貼っていきます。

 

水に浮くほど軽いレンガ「カルセラ」。さまざまなデザインからお選びいただけます。

 

BETTYさん:そういう個性があるお家をつくりたい方は、取り入れると面白いですね。ワンポイント、ということですよね。

マーくん:玄関だけ、入り口の門構えのところ、あるいは全体でやる方もまれにいらっしゃいます。

BETTYさん:それは、工事をお願いする前に要相談ですか?

マーくん:そうですね。まずは診断をさせていただいて、今ですとコンピューターグラフィックスで合成写真ができるので、
我々の方でお家の写真を撮らせていただいて、色をある程度決めて、その上で玄関まわりや1階と2階の間に貼るなど、
お客さまのご希望に合わせて設計
させていただければと思います。

BETTYさん:楽しいですね。違う家になる感じがしますね。おしゃれな感じにもできますしね。

マーくん:洋風な感じが出てきますよね。全く違う感じになりまして、施工した我々もうれしいです。

BETTYさん:「カルセラ」のパンフレットもあるんですか?

マーくん:もちろん、十分に取りそろえました(笑)。

BETTYさん:では、気になる方は、ぜひ、志賀塗装さんへお問い合わせしてください。

(お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

実際の塗り替え工事の現場を見に来てください!

2020年01月16日

BETTYさん:今週は現場見学会があるんですよね。

マーくん:11月30日(土)、12月1日(日)に洋光台で開催させていただきます。

BETTYさん:毎月いろいろな場所で開催されていますが、今回は洋光台です。参加すると、どういったメリットがあるんですか?

マーくん:できるだけ多くの方に見ていただきたいので、いろんな場所で開催しています。
ご参加いただくと、普段なかなか見ることができない塗装中の現場を見ることができるのはもちろんですが、
見積もりの内容ではわからない、実際の仕上がり方を見ることができる
と思います。

BETTYさん:これは現場見学会ですから、現場で塗っている途中を見せてもらえるということですよね。

マーくん:そうです。タイミングによっては見ることができます。

 

現場見学会は、実際の仕上がりを見ることができる貴重な機会です。

 

BETTYさん:アドバイザーの方から、見積もりではわからない部分を詳しく説明していただけるということですね。

マーくん:そうです。常駐しているアドバイザーはもちろんですが、
タイミングがよければ、実際に塗装した職人さんから話を聞くことができる
かもしれません。

BETTYさん:そうですよね。お仕事中かもしれないですね。それはそのときにならないとわからないでしょうが、
常駐してくださるアドバイザーさんは必ずいらっしゃるんですよね。

マーくん:そうです。必ずおりますので、きちんと説明できると思います。見積もりが欲しい方はもちろんですが、
塗装が気になっている方も、ぜひ、お越しいただければと思います。
私どもは地元の会社のですので、安心していただけると思います。

BETTYさん:志賀塗装さんは小名浜古湊に本店がございます、地元の会社ですものね。そう考えると、今回はお近くですよね。
洋光台で行う現場見学会の場所は3丁目ですね。

マーくん:洋光台に上がってきていただければ、順路を示す赤い看板が目に入ると思います。

BETTYさん:その赤い看板が、その3丁目まで誘導してくれるということですね。お時間は10時から16時30分ですね。
チラシに「お約束、見学会または後日のしつこい営業は一切いたしません」と書いてありますね(笑)。

マーくん:はい(笑)。しつこく営業いたしませんので、安心してお越しください。

BETTYさん:「お約束」と書いてしまうところがすごいと思いますが(笑)。ご来場特典もありますからね。

マーくん:本当に粗品ですが、ご用意しておりますので、ぜひ、いらしていただければと思います。

BETTYさん:アドバイザーさんのお話も聞けるということですし、実際に家を塗っているところって、近くに行けないですもんね。

マーくん:そうですね、なかなか見られないと思います。

BETTYさん:皆さん、ご家族でお出掛けいただけたらと思います。

塗り替え工事のお悩みは?

2020年01月16日

BETTYさん:志賀塗装さんでは毎月「屋根・外壁の塗り替えセミナー」を開催されていますが、
お客さまのお悩みはどのようなものが多いんですか?

マーくん:塗り替えセミナーに参加される方は毎回違うのですが、大体2つのお悩みに絞られてきます。
1つ目は、価格の内訳、見積書の見方です。

BETTYさん:価格の内訳、気になりますね。よく、広告で「49.8万円」「59.8万円」というものを見ますが、
これにもやっぱり見方があるということですよね。

マーくん:そうです。このお得感を出す視点は面白いとは思うのですが、やはり注意すべき点がたくさんあるとお伝えしています。
「49.8万円」「59.8万円」という価格は、聞こえはいいのですが、実際には見積もり内容がいろいろ違っている場合が多いのです。
施工金額が49万円、59万円といっても、実際の見積もりになると120万円、150万円になっていることがありますので、
表現として好ましくないと思います。

BETTYさん:確かに響きはいいですよね。「安いんだ!」とだけは伝わってきますよね。では、2つ目のお悩みは何でしょうか。

マーくん:これも本当に多いお悩みですが、2つ目は、自分の家は今が塗り替え時期なのかどうかです。
よく10年を越えると塗り替えの時期といわれていますが、一つの目安としてある程度正解な部分もあります。
例えば、住宅の壁と壁の隙間を埋めているシーリングは、10年を越えるとちょうど寿命となってきます。
塗装の塗膜はお住まいの地域によっては10年以上もつ場合もあるのですが、
シーリング自体が寿命期に入ってくると劣化が加速するので、結果的には隙間やひび割れが起きやすくなります。
「10年」は、塗り替え工事を検討する一つの目安
ではあります。

BETTYさん:ただ、その家によっても違うということですね。

マーくん:そうです。住んでいる場所によっても変わりますし、シーリング材がほとんど使われていない住宅もありますので、
そういったところはまた別の要因があると思います。

 

塗り替えをお考えの多くの方が、価格の内訳、見積書の見方、そして塗り替えの時期についてわかりにくいと感じています。

 

BETTYさん:塗り替え時期の判断の仕方は、セミナーで詳しくご説明してくださっているんですね。

マーくん:そうですね。こういう場合は黄色信号ですよ、こういう場合は赤信号ですよと、お話しております。
黄色信号と赤信号とでは、かかる時間と費用が変わってきますので、そのへんを具体的にお知らせしています。

BETTYさん:今が塗り替え時期なのかどうかは、素人ではなかなかわからないですものね。

マーくん:そうですね。定期的に10年周期で塗り替えましょうとはよく聞くんですが、もしかしたらあと1年、2年待てば、
塗り替え工事より先にお家のほかの部分をリフォームすることもできますので、
お住まいの状態を確認し、冷静に判断された方がよろしいのかと思います。

BETTYさん:いずれにせよ、無料診断してもらいたいですね。

マーくん:今年の台風を機に、弊社では火災保険を含めた申請書を提出できるようにしています。
これまでよりもさらに診断の精度が上がっていますので、お役に立てる報告書や診断ができるかと思います。

BETTYさん:ぜひ、そちらもご利用いただきたいですね。気になる方は、志賀塗装さんまでお問い合わせください。

(ご相談、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

塗り替えセミナーに参加する7つのメリットとは?

2020年01月16日

BETTYさん:本日は「屋根・外壁の塗り替えセミナー」のお話ですね。

マーくん:今すぐに屋根・外壁の塗装工事をお考えの方から、将来的にいずれは塗装工事をしようと考えている方、
どちらでもお役に立てる情報があるので、ぜひ、お越しいただければと思います。

BETTYさん:今すぐという方でなくてもオーケーなんですね。
セミナーは、お客さまの目の前で解説していただいたり、ご質問を受けたり、そういう感じなんですか?

マーくん:トークセッションという形になっておりまして、パーソナリティーの立原めぐみさんと私で
2人でトークをしながら進めていきます。よくビデオを使ったセミナーもありますが、
お越しになるお客さまの塗り替え工事をしたい理由やお住まいの状況は、お客さまそれぞれで違うんですよね。
お客さまから「こんなことが気になっているのですが」といろいろな質問が出るので、
弊社の場合はビデオセミナーではなく、その場で臨機応変にお客さまの声にお答えできる体制でやらせていただいています。

 

塗り替えセミナーでは、お客さまそれぞれの質問にその場でお答えしています。

 

BETTYさん:その場その場で新しい情報を発表されたりしますものね。補助金や税の問題、減税対策、
今ですと次世代住宅ポイントの使い方、そのほか、リフォームの何でも相談、質問タイムもあるんですよね。

マーくん:そうですね。「屋根・外壁の塗り替えセミナー」に参加されるメリットとして、私どもは7つ挙げています。
1つ目は、塗り替えの適正価格がわかること。2つ目は、家の塗り替え時期はこんな形でわかること。
3つ目は、いくら良い塗料を塗っても失敗する理由を教えます。4つ目は、業者選びの判断基準。
5つ目は、塗り替え工程の重要なポイント
を教えます。
6つ目は、塗り替えのほかにも、リフォームしてから塗り替えという形もあると思うので、その対策に関してのお話。
7つ目は、リフォームの補助金や政策や減税の情報。これらの7つを伝えるセミナーにしています。

BETTYさん:それぞれが大事な情報ですね。どれが欠けても駄目な感じがしますけれども。

マーくん:そうなんです。先ほどもありましたが、効率や業者さんの都合で考えるとビデオセミナーでもいいのでしょうけれど、
どうしても外壁塗装工事はクレームが多いんです。前もってお客さまの気持ちをきちんと知って、
それを工事に反映しないといけないものですから、私どもはビデオセミナーではなくて、
お客さまと目と目を合わせ、話し合いながら進めるようなセミナーにさせていただいています。

BETTYさん:毎回お越しになるお客さまも変わるでしょうから、臨機応変に対応していくということですね。

マーくん:そうです。ですから、ビデオセミナーは行わない形にしています。

BETTYさん:なるほど。その都度、お客さまのご質問も大事にしていきながら、
それぞれの考えをお聞きしながら情報をお伝えしているんですね。

マーくん:それが塗装工事の成功の道だと思います。

BETTYさん:塗り替え工事はしたいけれど、わからないことや聞きたいことを抱えたままの方もいらっしゃるでしょうからね。
「屋根・外壁の塗り替えセミナー」は、いつ、どこで開催されるのか教えてください。

マーくん:11月16日(土)、場所は、いわき市平のラトブ6階の会議室で行います。
午前の部は10時から11時30分まで、午後の部は14時から15時30分までです。参加費は無料です。

BETTYさん:できれば、ご予約をしていただいた方がいいですね。参加希望の方は志賀塗装さんまでご連絡ください。

(ご予約は、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

リフォーム工事のお支払いも「キャッシュレス決済」で!

2020年01月16日

BETTYさん:本日は久しぶりのリフォーム相談会のご案内ですね。

マーくん:今回はTOTOいわきサテライトショールームで行います。89回目の相談会になります。

BETTYさん:89回目! 100回目まで間もなくですね。毎回、企画力がすごいですよね。
いつもいろんなことを考えられているのでびっくりさせられますが、今回はどうですか?

 

89回目のリフォーム相談会を開催しました。

 

マーくん:今回から、キャッシュレス決済でリフォーム代金のお支払いができるようになります。
キャッシュレスのポイントも貯まります
ので、とても活用できると思います。
ただ、最初の手続きがわかりにくいという方も多いので、そちらの対応を今回から始めさせていただきます。

BETTYさん:なるほど。キャッシュレス決済をする前の、キャッシュレスになるための手順から、
志賀塗装さんで何とかしてくれる、ということですね(笑)。確かに難しそうですよね。

マーくん:そうなんです。最初の手続きがいろいろあるので、ついつい後回しにすることが多いですよね。

BETTYさん:でも手続きといっても、本当はそこまで難しくはないんですよね? 順番を追っていけば、全然できることですよね。

マーくん:「キャッシュレス」と聞いただけで、「難しい!」というイメージがまだあるみたいですね。

BETTYさん:リフォーム相談会でキャッシュレス決済をしていくための方法を教えてくれるということですね。
それはありがたいですね。

 

リフォーム代金もキャッシュレス決済でお支払いが可能です。

 

マーくん:キャッシュレスも非常に大切ですが、今、行われている国や、その他の情報、
特に今回は台風19号関連に対する役所や火災保険関係の使い方をご説明できればと思っています。

BETTYさん:いろいろ情報が出ていますよね。今回の台風19号に関する情報ももちろんですが、
今、ご自身でお入りいただいている火災保険の使い方も教えていただけるということですか?

マーくん:そうです。台風被害に遭われた方は、火災保険でいろいろな手続きが進んでいきますが、
その中で法にのっとった保険金の支払いはどのくらいなのか、ということをお伝えできればと思っています。
もちろん今までどおり、リフォームを今すぐしたいというお客さま向けと、
リフォームに関してこれからいろいろと備えていかないといけないお客さま向けと、
どちらにも対応できるショールームイベントにさせていただいております。

BETTYさん:今すぐにリフォームしたいという方が多くいらっしゃると思いますし、
志賀塗装さんも今はとてもお忙しいとは思うんですが、そんな中でも89回目のイベントを開催すると決めたんですね。
では、改めてイベント情報をお願いいたします。

マーくん:TOTOいわきサテライトショールームにて、11月9日(土)、10日(日)の2日間、10時から16時30分まで行います。

BETTYさん:「キャッシュレスって何だ?」から「リフォームはいつできるんだ?」という、
本当に今、皆さんが疑問に思っていることをお聞きいただければということですね。
ぜひ、TOTOいわきサテライトショールームへ足を運んでみてください。

トイレをキャッシュレス決済で購入できます

2019年12月25日

BETTYさん:本日は「外壁塗装&トイレ館」のお話ですね。

マーくん:平店のショールームで「外壁塗装&トイレ館」をオープンしています。
「外壁塗装&トイレ館」との名前のとおり、外壁・屋根の塗装のコーナーも充実していますし、
トイレ館ということで各メーカーのトイレを16台設置
させていただいています。

BETTYさん:店内にトイレが並んでいるんですよね(笑)。

マーくん:そうですね。メーカーさんへ行きますと、そのメーカーのトイレはありますけれども、
いろいろなメーカーさんのトイレが一挙に置いてあるのは珍しいと思います。

BETTYさん:本当ですね。異なるメーカーのトイレを一挙に見られるというのはなかなかないですよね。

 

「外壁塗装&トイレ館」では、いろいろなメーカーのトイレを
常時16台設置。キャッシュレス決済もOKです。

 

マーくん:そのほか新しい情報としては、キャッシュレス、PayPayを含めた、
QRコードを使ってトイレが買えるようになりました。

BETTYさん:PayPayでトイレを買う。全国を探しても珍しいと思いますけれども、面白いですね。

マーくん:PayPayの導入は建設業ではまだまだ少ないので、かなり珍しい方に入りますね。
ご承知のように、ポイントやキャンペーンがお得に設定されています。
利用していただくと上限内ではありますが、かなりのポイントが貯まりますので、大変お得にリフォームできます。

BETTYさん:なんか、やってみたい気持ちになりますね。PayPayでトイレを買う。いいですね。

マーくん:PayPayのQRコードや入り方もパンフレットがありますので、今からでも設定できます。

BETTYさん:キャッシュレス決済をするまでにいろいろ手続きがありますからね。そしてさらに情報があるんですね。

マーくん:平店の店頭に、透明のプラスチックのポストを7つ設置しています。
国の消費税対策で減税対策や補助金対策、断熱の話題、IH料理教室、リフォームの情報としては、
外壁・屋根塗装に関するもの、トイレに関するもの、ユニットバスに関するものなど、
いろいろな情報がポストの中に入っております。

BETTYさん:このポスト、夜は光っているんですよね。

マーくん:そうですね。いろいろな情報が夜でもわかるようにということで、LEDライトをつけて設置しています。
さらに、見積もり依頼のキャンペーンということで、お米プレゼント券が入っていますので、そういったものも、
ぜひ、ご活用ください。

BETTYさん:楽しみながら、情報を取りながら、勉強しながら、さらに見積もり依頼のキャンペーンも
やっているということですので、ご活用いただければと思います。
リフォームの情報もあるということですが、今、リフォームもお忙しいんじゃないですか?

マーくん:そうですね。
台風による罹災が出てきましたので、それに対する応急措置や火災保険を使った業務を行っています。
なるべく皆さんのお役に立ちたいと思っています。

BETTYさん:罹災証明を取る、取らない、今後はどうやってお家を直していったらいいのか、
どういう補助金があるのか、そういうことも相談に乗ってくださるんですよね。

マーくん:そうですね。
そのようなご相談に対応できるよう研修も積んでおりますので、ぜひ、お気軽にお話をいただければと思います。
補助金もいろいろと併用ができるものもありますのでご相談ください。

BETTYさん:お客さまが損をしないように相談に乗っていただけますので、リフォームをお考えの方は、
志賀塗装さんまでお問い合わせください。

(ご相談、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

大規模災害に備え、火災保険の見直しを!

2019年12月25日

BETTYさん:今回の台風で災害対応をされているかと思いますが、いかがですか。

マーくん:まずは、改めまして、今回の台風で大変な思いをされている方々にお見舞いを申し上げます。

BETTYさん:現在の営業体制はどんな感じですか?

マーくん:通常のリフォーム工事は行っているんですが、外壁や外まわりに関しては、
断水地域を中心に全部ストップしており、その分、スタッフを復旧工事の方に派遣させていただいております。
特に平久保地区の方のお客さまについては、1階部分がほとんど浸水状況ですので、
そちらのお手伝いをしっかりやっています。

BETTYさん:災害ごみがいろいろ出ていますよね。保険の手続きとか、そのあたりはどうですか?

マーくん:火災保険や各自治体からも災害の手続きが出てくるかと思いますが、
まずは、保険の手続きが後日できるように写真や施工の記録のお手伝いをしているところです。

BETTYさん:写真は大事なようですね。

マーくん:第三者の視点で残せるものは写真しかないものですから、会社さんごとにいろいろな方法は
あるかと思いますが、火災保険の手続きのときに写真がないとなると、やはり苦労が増えてしまうんです。
処分したものの写真だけでも結構ですので、できるだけ撮っておくことが大切です。
なかなか、そういうときに全部は撮れないとは思うのですが。

火災保険のお手続きの際には、被害状況の写真が必要となります。

 

BETTYさん:頭がいっぱいになっちゃうんですよ。そんな中、「写真と言われても」と思ってしまいますが、
被害の状況を残しておくためにアドバイスをしてくださっているわけですね。
今回の大雨で「あれ? うち、雨漏りしていたんだ」と気付いた方も多くいらっしゃるのではないかと思うのですが、
そのあたりのお住まいの診断というのは、今お願いしても大丈夫なんですか?

マーくん:もちろん今回のような雨の降り方や雨量は特別な状況だと思うのですが、
家に対しての雨漏れの診断はきちんとしておく必要はあります。
そのへんは私どもが普段行っている業務が皆さまのお役に立てるのではないかと感じております。
診断については受付順にはなってしまいますが、必ず対応させていただきます。

BETTYさん:では、診断をご希望の方はまずはお問い合わせをしていただければ、ということですね。
お家の被害が出てしまって、この際リフォームをとお考えになる方も多くいらっしゃるかと思いますが、
そういった方からのお問い合わせも大丈夫ですか?

マーくん:はい。問い合わせやご相談については受付順にはなりますが、ご連絡いただければと思います。

BETTYさん:ご対応いただけるとのことですので、何か困ったことがあったら志賀塗装さんへお電話ください。
火災保険については、知られてないことが多いそうですね。

マーくん:そうですね。火災保険について大きく3つの話題でお話させていただきます。
まず1つ目は、自然災害、今回は台風の件がありましたが、
台風、突風、水害、竜巻など、そういった災害に遭ったとき、その後の復旧工事に使える
ということです。

BETTYさん:対象となる災害がいろいろあるんですね。

マーくん:はい。特に保険証書や約款をご覧いただくと、そういうふうに使える場合もたくさんあります。

BETTYさん:自然災害、台風、突風、水害、ひょう、そういった災害復旧工事に火災保険が活用できると、
すごく助かりますよね。

マーくん:そうです。現地に入って調査をさせていただきますと、80%以上の家庭で、
かけている保険が使えますので、資金調達の面で有効活用できると思います。

BETTYさん:「火災保険に入っているけれど、約款は読んでなかったからそこまで気付かなかった」という方も
中にはいらっしゃるかもしれないですよね。

もしものときに備え、火災保険を見直しましょう。

 

マーくん:そうですね。普段ご覧にならない部分だと思いますが、そういったことで活用できますね。
2つ目は、保険を使っても保険料金は原則、上がらないということです。
例えば、自動車保険などは等級が決まっていまして、ご承知のように、事故が多いと上がっていきますよね。
ですが、火災保険に関しては、そういった等級という存在がないので、保険料金は、原則、上がらないのです。

BETTYさん:原則、上がらないということは、これもまたありがたいことですね。
災害が多い日本では、この火災保険は助かりますね。

マーくん:そうですね。3つ目は、今回台風の被害があって、今、大変な状況かとは思うんですが、
実は火災保険は、3年前までの自然災害までさかのぼって申請ができます。
ですから、あのときは申請する時間や査定を受ける時間がなかったので、
急いで雨漏りを直してしまったけど、思い返せば去年だったな、という場合は、工事の履歴や請求書、
領収書があれば申請ができる場合もあります
ので、最近修繕した方は確認が必要かなと思っています。

BETTYさん:忙しいからそこまで手が回らない方は多いと思いますよね。
そういう場合は、その保険によりますけれども、3年前までの自然災害までさかのぼって申請できるということですね。
火災保険をもう一度見直してみるのも、今、この時期、大事なことになりますね。

マーくん:自然災害や広域型洪水といわれている災害が増えてきているようなので、
やはり火災保険の見直しは大事
だと思います。

BETTYさん:今回、こんなに台風がひどいことになるとは思っていなかったという声がすごく多いですね。
台風がこのくらい大きくなるんだ、被害が出るんだということは頭に入れたいと、
皆さん、口々におっしゃっていますからね。だから、やっぱりこの火災保険も見直しておくことも大事ですね。

(ご相談、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)