火災保険の内容を確認しましょう | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日

火災保険の内容を確認しましょう

BETTYさん:本日は保険の話ですね。

マーくん:そうです。台風と保険は関係があるもので、確認を兼ねて今日はお話をしたいと思っています。

BETTYさん:台風が来ると、保険が何か関係するということですか。

マーくん:はい。火災保険というものがあります。主に住宅を購入したとき、銀行でローンを組んだときに
一緒に入る場合が多いんですが、この火災保険というのは地震を除く自然災害に対応できる保険でもあります。
具体的には、今回の台風や突風、竜巻でしょうか。外部の力で建物が傷ついた場合、保証契約をしている場合は
リフォーム費用を出してもらえるときがあります。ですから、改めてその契約内容を確認して、
今後そういったことを踏まえてみることもよろしいかと思います。

 

災害に備え、火災保険の内容を改めて確認しましょう。

災害に備え、火災保険の内容を改めて
確認しましょう。

 
BETTYさん:「火災保険」という保険の名前ですから、どうしても火災があったときだけの保険なのかな
と勘違いしていたり、あとは契約したときがだいぶん前で内容を忘れてしまう方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか。

マーくん:そうですね。火災保険は、建物と家財と水害に対してかける保険があるんですね。それを総称して
火災保険で補っているんです。建物については、火災保険なので基本的には入っていると思うんですね。
あとは、お客さまのご要望や住んでいる地域に応じて、例えば、家財は入れるけれども陸地なんで水害は
ないかなとか。

そういった場合は水害の部分は外すとか。やはり海側に住んでいれば洪水も考えられる場合は水害の
オプションも付けて火災保険に入れるとか。当然それによって値段や保証内容が変わるんですが、
今回のような台風や竜巻、突風の場合に関してはほぼ入っていると思って間違いないと思います。

BETTYさん:そうすると、自分で契約内容を忘れてしまっているということは、せっかくかけている保険を
使わないということになってしまいますので。

マーくん:そうですね。毎年払っているものだと思いますので。

BETTYさん:例えば、この台風で雨樋が壊れたり、壁に何かが当たって傷ができたときでも保証してもらえる
可能性があるということですか。

マーくん:そうですね。今回のような台風ですと短時間にたくさんの雨が降ります。そうすると、雨樋に
入りきらない水が入るときに、落ち葉などで詰まっていたりそういったことが加味されて支えている金具が
飛んでしまったり、折れてしまうことが考えれます。そういったときに、写真を撮っておいていただいて、
落ち着いてから、我々のようなリフォーム会社に見積もり依頼をかけると。あとは、保険会社に連絡をすると
必要書類の指示がありますので、それで手続きをすると大体が工事費用は出ることになります。

BETTYさん:例えば、内容を見直すことは保険屋さんに言えばできますもんね。

マーくん:そうですね。今回を機に、今回は被害がなかったということであっても、今後、同じように
水害や台風が来るかもしれないと考えれば、もう一度契約内容を確認するといいと思います。
今は分かりやすく書類を見せていただけると思うので、このときは出るけれどもこのときは出ません
というものを確認しておいて、保険料の吟味をすることもよろしいかと思います。

BETTYさん:まずは、壊れた箇所を写真に撮って、志賀塗装(フリーダイヤル0120-4116-99)までご相談ください。

2016年09月21日 | カテゴリー: