簡単に塗り替え時期が分かる方法とは? | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日

簡単に塗り替え時期が分かる方法とは?

BETTYさん:本日は「塗り替えシーズン前にできる、簡単な塗り替え時期が分かる方法」を
ご説明いただけるということですね。

マーくん:はい、4月以降、季節も良くなってきますので、塗り替えの時期に入ってくると思います。
そこで、「塗り替えの時期についてよく分かる2つの方法」をご説明したいと思います。

BETTYさん:2つの方法、具体的にはどんな方法なんでしょう。

マーくん: 1つ目は、非常に簡単な方法でして「築年数」です。

BETTYさん:「築年数」。建ててからどのくらいか、ということですね。

マーくん:はい。建物の形状にもよるんですが、10年前後で8割ぐらいが塗り替えの時期に入ってきます。
これには理由がございまして、1つは壁と壁の間の隙間を埋めるシーリング材の持ちが、
10年たちますとそろそろ硬くなってきて隙間が出てきたり、割れてくる時期
に入ります。

それからもう1つは、いわき市は地震や余震で建物の揺れが常時ありますので、場所によっては
そういったひび割れが大きく始まってきます。

BETTYさん:そうですね。大丈夫だと思っていても、そういうところにしわ寄せが来ているかも
しれないですもんね。

 

塗り替えが必要となる時期は、
築10年が目安となります。

 

マーくん:特に名刺の厚さより広い隙間に関しては水が入っていることは間違いないので、
そういったひび割れは10年前後から出てくるんです。

BETTYさん:なるほどね。そのぐらいが目安ということですよね。10年で何割くらいの方が
考えなくてはいけないですか。

マーくん:緊急性というのが3割から4割なんですが、やっぱり住んでいるエリア、道路沿いや
国道沿いにお住まいとか、住宅街にお住まいとかによって多少前後してきます。

BETTYさん:ひび割れは本当に早めの対応が必要だということですね。それでは2つ目は?

マーくん:2つ目は、「チョーキング現象」があるかないかですか。

BETTYさん:「チョーキング現象」、あまり聞いたことがない現象ですけれども。

マーくん:塗料は、例えば、フッ素樹脂とか、そういった樹脂と添加剤、顔料の3つで
構成されています。

それがだんだん劣化していくと、樹脂といわれるものがだんだん形成しなくなってきて、
顔料というものが表面に出てくる
んですね。

それを手でこするとチョークのように付く現象なので「チョーキング現象」といわれています。

 

外壁を触ると手に付く現象を
「チョーキング現象」といいます。

 

BETTYさん:ああ、なるほど! そういえば、外壁を触って手に付いたことがありますね。

マーくん:あれは顔料が表面に出てきているので、徐々にああいう状況になると、表面から
水が浸透していってしまうのです。

いずれにしましても、「築年数」や「チョーキング現象」で見るというのは、あくまでも
黄色信号の段階ですので、緊急性については薄いんですが、この段階がスタートなので。

BETTYさん:「あ、そろそろだな」と思ってください、ということですよね。チョーキング現象、
触って・・・、ありますね、そう言えば。

マーくん:ありますね。どうしても樹脂というのは、紫外線などに当たっているとだんだん
もろくなってくるもんなんですね。それがだんだん弱くなってくると表面に顔料が浮かんできて・・・。

BETTYさん:触ると手に付くようになってくる、塗りたてでもないのに、ということですよね。

マーくん:そうです。ただ、その黄色信号のときに塗装工事をされると費用面や作業面では
あまり負担なく着手できるんですが、これが赤信号になってくると、まあ、工賃が・・・。

BETTYさん:修繕が出てきちゃいますもんね。

マーくん:はい。修繕という工事も入ってくるので、費用も時間もかかるということです。

BETTYさん:なるほどね! ぜひ、それは、皆さん、暖かくなってきた今だからこそ確認ができますので。

マーくん:そうですね。雨のときは雨漏れとかで分かるんですが、なかなか雨漏れの現象が起きていないと、
「そのうち・・・」と思っていると数年あっという間にたってしまうんで。ぜひ、診断をお受けになって、
おうちの状態を確認されるのもよろしいかと思います。

BETTYさん:分かりました。ぜひ、志賀塗装へ相談をしてみてください。

(無料診断・お問合せは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

2017年04月19日 | カテゴリー: