「インスペクション」をする3つの利点とは? | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日

「インスペクション」をする3つの利点とは?

BETTYさん:今日は住宅の「インスペクション」について、
ということでよろしいですね。

マーくん:はい。来年(2018年)4月より中古住宅の売買のときには、
インスペクションが義務化されます。

BETTYさん:来年の4月からインスペクションが義務化。ところで、「インスペクション」
というのは何でしたっけ? もう一度、説明をお願いします。

マーくん:国土交通省の住宅局の定義で、リフォームを計画するときなどに住宅の劣化の
状況や性能などを専門家によって現況検査をすることになっているんですね。
リフォームを計画するときに、その住宅の劣化の状況や性能を
もう一回確認しましょうということが「インスペクション」です。

 

2018年4月から中古住宅の売買の際に、
インスペクションが義務化されます。

 

BETTYさん:これをやってくださるということは、
中古住宅を買うときはとてもいいことですよね。
それから、リフォーム工事のときも大変役に立つことになりますよね。

マーくん:はい。リフォーム工事のときも、やはり“見積もりを取って”
ということがあるんですが、その前にこのインスペクションをやると3つの利点
があります。1つ目は、どこを直したらいいのか、どこからやっていいのか、
考える視点が広がります。

もちろんお客さまの視点で「ここからやりたい」ということもあるんですが、
専門家が入ることで「いや、ここを優先すべきですよ」と、
リフォーム工事の優先順位が分かります。

2つ目は、今はご承知のように、さまざまな補助金があります。
国土交通省の方針で「住宅ストック市場の形成」という言葉があります。
もちろん新築もさまざまな政策を取っていくんですが、より
中古住宅や既存の住宅に対して、さまざまな補助金が出ていますので、
このインスペクションをやることによって、どの補助金を使ったらいいのかが分かります。

もしかしたら補助金の掛け持ちができるかもしれないし、あるいは
補助金の予算的に今やった方がいいこともあるかもしれないので、
そういった使い勝手は市や県や国によって全く違うので、
そのへんを事前に知ることができると思います。

BETTYさん:なるほど。知らないというだけで、いろいろ出ているようですもんね。

マーくん:融資ではございませんので、もらえるものはもらった方がいいかと(笑)。

BETTYさん:確かにそうですね(笑)。

マーくん:それから3つ目は、中古住宅購入後のリフォームのご予算が、
例えば500万円と決まっていても、あと200万円あるともう少し他の部分も
リフォームできることが分かっていれば、将来に向けての維持計画が立てやすい
と思うんですね。今回は予算やいろんな都合で500万円だったけれども、
“あと200万円用立てできれば”となった場合、ローンやクレジット、あるいは
自己資金など、いろいろと組み合わせができます。

「優先順位が明確になる」「補助金について知ることができる」
「維持計画が立てやすい」
、以上がこのインスペクションをやる意義です。

インスペクションの義務化は来年の4月からですが、弊社ではもとより“住宅診断”
ということで、インスペクションに近いこともやっていますし、当然この義務化される
インスペクションもやっていきますので、リフォームとなった場合は、
「見積もりを取ろう」ではなくて、「インスペクションをやってもらおう」
という概念が広がっていけばいいのではないかなと思っています。

BETTYさん:「お風呂を直したい」「トイレを替えたい」という、
そのリフォームの前にインスペクションをやってもらおうというところから
スタートしていくと、いろんなメリットがあるんですもんね。

マーくん:そうです。ですから、「リフォームしよう」「見積もりを取ろう」
「合い見積もりを取ろう」ということが今まであったと思うんですが、その前に
「インスペクションができる会社で見積もりを取ろう」「インスペクションを取ろう」
という考えが広がっていけば、今いろいろとちまたで出ているような
リフォームのクレームや行き違いは激減すると思うんですね。

BETTYさん:そうですね。かなり減るでしょうね。

マーくん:その結果、私どももいい工事ができますし、大手の会社や地元の会社
に関わらず、互いに競合できる土壌ができてくるんじゃないかと考えています。

BETTYさん:そうですね。事前に住宅が劣化している状況を専門家の人に
見てもらえれば、せっかく直したのに実はここがすごく劣化していたんだよっていう、
後からのクレームにはなりにくいですものね。

マーくん:住宅リフォームをやった後のクレームや相談の全国集計を見ると、
多いのはやっぱり「雨漏れ」なんですよ。だから、工事をやる前に突き詰めておけば、
もしかしたら100%対応できるんじゃないかと。

そのスタートがインスペクションだと思って、私はずっと「住宅診断」や
「インスペクション」を提案しているんです。

BETTYさん:そうですね。来年の4月から義務化ということにはなっておりますが、
既に志賀塗装さんではそれに近いものがスタートしておりますので、
業者さんを選ぶ基準にしていただけたらと思います。

 

2017年08月10日 | カテゴリー: