高い塗料を選べば間違いない? | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日

高い塗料を選べば間違いない?

BETTYさん:今日は「塗料」についてのお話ですね。

マーくん:現在、塗料には、「ハイブリッド塗料」「遮熱塗料」「フッ素塗料」などいろいろな種類がございます。
塗料自体を一言で言えば、「塗料の持ちは金額に比例する」という認識でも間違いではないんですね。

BETTYさん:なるほど。
そうすると、長く持つためには、ちょっとお高いけど、高い塗料を選択することがベストなんですか?

マーくん:そうですね。でもそこがちょっと難しいところでもあるんですが。

BETTYさん:高ければいいということではないんですね。

マーくん:そうですね。塗装というのは、各メーカーさんでつくられてくる塗料を、現場の職人さんが
水や希釈剤を入れきれいに混ぜ、それを塗り、乾燥して初めて[塗膜]というものになって完成するんですね。
ですから、塗る物件の劣化状態と、それに合った復旧工事を考えることが大事です。
あと、塗装後に水漏れをしないようにすること。
まずは住宅診断をして、その後、塗料を選択することが大切
かなと思うんですね。

BETTYさん:では、「じゃあ、ハイブリッドで!」「高いんだったら、フッ素で!」ということではないということでうね。

マーくん:そうですね。先ほども言ったように、塗料は実際に塗る前に職人さんが現場でつくる作業があるんです。
メーカーさんの方で出荷する際にはきちんとした塗料で出てきますが、使用にはいろいろな規制があるので、
それを職人さんが現場で守ってきちんと塗り上げていくことが、まず1つ大切な部分かなと思います。

BETTYさん:なるほどね。それから、やっぱり塗装工事というのは、水の漏れがないようにする工事でもあるんだよ
ということはいつも教えてもらっていますので、そこも大事なところですよね。

マーくん:そうです、それが大事ですよね。

BETTYさん:というと、まず住宅診断をして、その状態に応じて、どの塗料がいいか考える。
順番的にはそういう感じなんですね。

マーくん:当然そうですよね。その上で、ご予算が決まってきます。ですから、診断書を見ていただいて、
その診断書とすり合わせをして工事の内容を決めていく
ことが間違いない手順だと思います。

 

住宅の劣化状態や、
今後どのように住宅を守っていくかによって、
選択する塗料が変わります。

 

BETTYさん:手順としては、診断をしてもらって、その次に塗料を選んでいく、ということですね。
でも、こうやって考えると、最初に塗料の種類がいろいろあるとお聞きしましたが、
そこから選ぶというのは大変ですね(笑)。

マーくん:やっぱりそれでお客さまは結構迷う部分がありますね。

BETTYさん:迷うでしょうね、間違いなく。

マーくん:あと、もう1つ重要な部分というのは、お客さまが、今、住んでいる住宅を、
その後どのようにして守っていくか
ということです。
例えば、10年後くらいには若い夫婦が入ってきてリフォームしないといけないかなということであれば、
そんなに長く持つ塗料でなくてもいいわけです。そういう工事をしたときにもう一度塗装工事が入るわけですから。

BETTYさん:確かにそうですね。そして、自分でハイブリッドがいいのか、遮熱がいいのか、
フッ素がいいのか、普通がいいのか、色にもよりますしね、その中で選んでいくということですね。

マーくん:そういうことです。

BETTYさん:では、まずは住宅診断ですね。そこから考えていきましょう。

マーくん:はい。ぜひ、うまくいける手順でお願いしたいと思います。

 

2017年09月21日 | カテゴリー: