素人でも分かる、塗装工事をする時期の見分け方! | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日

素人でも分かる、塗装工事をする時期の見分け方!

BETTYさん:前回は業者さんの選び方という大事なお話をしていただきましたけれども、
今回は、塗装工事を行う時期かの見分け方について教えていただけますか。

マーくん:まず、一番分かりやすいポイントは、パッと見て、
「最近、建物の汚れが目立ってきたな」と感じたときです。

具体的に申しますと、カビや藻やサビなどが目立つようになったり、
あとは、専門用語で「チョーキング」というんですが、
触ると白い粉状のものが手や服に付くようになると黄色信号
です。

BETTYさん:建物の汚れは、カビとか、サビとか、藻とか、
そういうものも関係するわけですもんね。

マーくん:カビや藻は水がないと、そこに発生しないわけです。
塗膜が汚れてきて、そこに水が染み込んでいる状況なんですね。

通常、塗膜がきちんとしていれば、水をはじいて流してくれるんですけど、
建物の壁や屋根に水分が含まれると、カビや藻ができやすくなるんです。

BETTYさん:その黄色信号のあたり、そのときが塗装工事を行うタイミングなんですか?

マーくん:そうですね、黄色信号でやっていただくのが一番いいと思うんですが、
中には、赤信号レベルの状態もあるんですね。
例えば、表面が割れてきたり、塗膜が剥がれてきたり。

サビでも、そのサビが深くまで入っているような状況であると、
これは赤信号
という形になります。

BETTYさん:なぜそこまで放っておいたという感じになるかもしれないですけれども、
この赤信号のままでいるとどうなるんですか?

マーくん:赤信号のまま放置すると、塗装工事をする前に、
まずは建物自体の傷みを直す形になるので、多額の工事費がかかります。

ですので、できれば黄色信号のうちに塗装工事を、という形になるんですね。

 

汚れだけではなく、割れ、剥がれ、サビがある場合は
赤信号です。

 

BETTYさん:建物自体を直すとなると、負担になるほど工事費が
かかってきちゃうということですよね。

マーくん:はい。先送りしたい気持ちは分かるんですが、黄色信号から
赤信号に移ってしまうと、その分、余分なお金がかかってしまうことがあるので、
そういうことを考えると、早めに黄色信号のうちにお手当をするのが間違いないと思います。

BETTYさん:そうですね。料金的にも変わってくるでしょうからね。
早めの住宅診断というのは、そういう意味においてとっても大事なことですね。

マーくん:そうですね。「最近、北側の壁のカビが目立つな」
と気付いた際には、専門の業者さんに声を掛けていただいて、
建物の診断をきちんとしていただくのが一番いいんじゃないでしょうか。

BETTYさん:時々、見掛けますよね。半分ぐらい緑色になっているお家とか。

マーくん:どうしても太陽が当たる部分、南や東、あと西日が強いところは
西側もそうなんですが、そういうところはどうしても傷んできてしまうので。
ですから、そういうところが目立つ形にはなってしまいますよね。

BETTYさん:塗装工事は黄色信号のうちに。その時期がちょうどいいタイミング
だということですよね。

マーくん:そうなんですよね。ちょっと早いと思う方も多いとは思うんですけども、
でも早めのお手当というものが、やっぱり後々を考えるといいことなんですね。

BETTYさん:よく分かりました。やっぱり時々、
お家を一周してグルッと見回った方がいいかもしれないですね。

マーくん:せっかく建てた家なんで、長持ちしていただきたいなと思いますんで。

BETTYさん:目安として、何年というのはありますか?

マーくん:建物によっていろいろなんですけども、私どもは
約10年がひとつの目安だと思っています。
10年目くらいに、専門の業者さんに見ていただくのが一番いいんじゃないでしょうかね。
まだ大丈夫だよということであれば、まだ大丈夫ですし。

BETTYさん:「うちもそろそろかなー」なんて思われた方は、今日あたりいい機会ですので、
お家を一周してみてください(笑)。

マーくん:そうですね、ぜひ、見ていただきたいと思います。

2018年06月28日 | カテゴリー: