塗り替え工事のお悩みは? | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日

塗り替え工事のお悩みは?

BETTYさん:志賀塗装さんでは毎月「屋根・外壁の塗り替えセミナー」を開催されていますが、
お客さまのお悩みはどのようなものが多いんですか?

マーくん:塗り替えセミナーに参加される方は毎回違うのですが、大体2つのお悩みに絞られてきます。
1つ目は、価格の内訳、見積書の見方です。

BETTYさん:価格の内訳、気になりますね。よく、広告で「49.8万円」「59.8万円」というものを見ますが、
これにもやっぱり見方があるということですよね。

マーくん:そうです。このお得感を出す視点は面白いとは思うのですが、やはり注意すべき点がたくさんあるとお伝えしています。
「49.8万円」「59.8万円」という価格は、聞こえはいいのですが、実際には見積もり内容がいろいろ違っている場合が多いのです。
施工金額が49万円、59万円といっても、実際の見積もりになると120万円、150万円になっていることがありますので、
表現として好ましくないと思います。

BETTYさん:確かに響きはいいですよね。「安いんだ!」とだけは伝わってきますよね。では、2つ目のお悩みは何でしょうか。

マーくん:これも本当に多いお悩みですが、2つ目は、自分の家は今が塗り替え時期なのかどうかです。
よく10年を越えると塗り替えの時期といわれていますが、一つの目安としてある程度正解な部分もあります。
例えば、住宅の壁と壁の隙間を埋めているシーリングは、10年を越えるとちょうど寿命となってきます。
塗装の塗膜はお住まいの地域によっては10年以上もつ場合もあるのですが、
シーリング自体が寿命期に入ってくると劣化が加速するので、結果的には隙間やひび割れが起きやすくなります。
「10年」は、塗り替え工事を検討する一つの目安
ではあります。

BETTYさん:ただ、その家によっても違うということですね。

マーくん:そうです。住んでいる場所によっても変わりますし、シーリング材がほとんど使われていない住宅もありますので、
そういったところはまた別の要因があると思います。

 

塗り替えをお考えの多くの方が、価格の内訳、見積書の見方、そして塗り替えの時期についてわかりにくいと感じています。

 

BETTYさん:塗り替え時期の判断の仕方は、セミナーで詳しくご説明してくださっているんですね。

マーくん:そうですね。こういう場合は黄色信号ですよ、こういう場合は赤信号ですよと、お話しております。
黄色信号と赤信号とでは、かかる時間と費用が変わってきますので、そのへんを具体的にお知らせしています。

BETTYさん:今が塗り替え時期なのかどうかは、素人ではなかなかわからないですものね。

マーくん:そうですね。定期的に10年周期で塗り替えましょうとはよく聞くんですが、もしかしたらあと1年、2年待てば、
塗り替え工事より先にお家のほかの部分をリフォームすることもできますので、
お住まいの状態を確認し、冷静に判断された方がよろしいのかと思います。

BETTYさん:いずれにせよ、無料診断してもらいたいですね。

マーくん:今年の台風を機に、弊社では火災保険を含めた申請書を提出できるようにしています。
これまでよりもさらに診断の精度が上がっていますので、お役に立てる報告書や診断ができるかと思います。

BETTYさん:ぜひ、そちらもご利用いただきたいですね。気になる方は、志賀塗装さんまでお問い合わせください。

(ご相談、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

2020年01月16日 | カテゴリー: