本社の壁で、塗料の耐候性を実験中! | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日

本社の壁で、塗料の耐候性を実験中!

BETTYさん:最近、本社の方で新しく塗装の展示に関して始めたことがあるんですよね。

マーくん:実は14年近く前から始めているのですが・・・。

BETTYさん:最近ではなくてもう14年前から。それは何でしょうか?

マーくん:塗料の耐候性、簡単に申しますと、それぞれの塗料がどのくらいもつかという実験をしていまして、
その結果が最近出てきました。

BETTYさん:14年前からということですので、結果を見るにはちょうどいいころになってきたということですね。
それを見るとどんなことがわかりますか?

マーくん:まず、どのように塗料は劣化していくのか、傷んでいく過程がわかります。
弊社では、オリジナル塗料の『浜風』シリーズを4種類出しているのですが、それぞれの種類ごとに傷み具合がわかります。
そのほか、外壁の隙間やひび割れを埋めるシーリング材の傷み具合や、わざと失敗して塗った欠陥塗膜も見ることができます。

 

塗装した外壁はどのように劣化していくのか。本社の壁で実験中です。

 

BETTYさん:それは14年前に塗ったもので間違いないんですよね?

マーくん:そうです。塗装した日付を入れて、年月がたったときにどのようになるか後々ご覧いただこうと思い、つくりました。

BETTYさん:あっという間の14年間という感じですかね、気付いたら(笑)。

マーくん:そうですね。あっという間に14年がたち、塗膜がいろいろと変化してきました。
もちろん、ご契約のときにカタログや見積書をご覧になるでしょうけれど、実際の外壁を目で見ていただいた方が
一番おわかりいただけると思うので。

BETTYさん:見る側としては種類ごとというのが、またうれしいですね。

マーくん:そうですね。塗料に関しては値段の差がありますので、種類ごとに塗りました。

BETTYさん:塗料だけではなく、シーリングの傷み具合も実際に見て確認していただけるというのはすごいですね。

マーくん:診断書や見積書の価格の意味をご理解いただく情報になると思います。何となく見積もりを取るだけではなく、
塗装のことも勉強した上でご覧いただくと、お住まいごとに状況が違いますので参考になる
と思います。

BETTYさん:こちらを見学するには「実際に本社の壁を見たいんですけど」って志賀塗装さんにお電話を差し上げれば大丈夫ですか?

マーくん:そうですね。外からご自由に見ることもできるのですが、弊社にお電話をいただいた上でお越しいただき、
我々がご説明できるのが一番いいと思います。プレートも張っていますが、あまり意味がわからないと思いますので。

BETTYさん:自由にちら見することももちろんできるけれど、説明もしていただけるということですね。

マーくん:そうです。説明はプレートに書けなかったので、口頭になってしまうので。

BETTYさん:雰囲気を見るだけより、お話を聞いた方がいいですよね(笑)。
ぜひ、塗料がどのように劣化していったのか、傷んでいったのか実験しておりますので、ご覧になってください。

(見学のお申込み、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

2020年03月19日 | カテゴリー: