交通事故より多い、家の中の事故とは? | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日

交通事故より多い、家の中の事故とは?

BETTYさん:今回はとても重要なことをお知らせいただけるんですね?

マーくん:突然ですが、ここで問題です。年間1万9,000人近い方々が亡くなっている事故があります。
それは家の中で起こっている事故なのですが、何の事故でしょうか?

BETTYさん:家の中で起こっている事故ということは、交通事故ではないですよね(笑)。

マーくん:そうですね(笑)。交通事故ではないです。

BETTYさん:家の中での事故。交通事故だと、3,000人を下回ったニュースもありましたよね?

マーくん:そうですね、年々少なくなっているみたですね。

BETTYさん:それよりすごい、1万9,000人。いったい何でしょうか?

マーくん:答えは「ヒートショック」です。
冬の時期に、お風呂で溺れて亡くなってしまう事故の原因がヒートショックなんです。
1万9,000人という数には、ヒートショックが直接の死因ではない方も含まれているのですが、毎年かなりの報告が来ているようです。

 

ヒートショックは、急激な温度変化によって起こります。冬は特に注意が必要です。

 

BETTYさん:そういえば、去年もこの話を聞きましたよね。特にこれから気を付けなくてはいけない、家の中での事故ですよね?

マーくん:そうですね。寒くなってきましたので、特に気を付けていただきたいと思います。
ヒートショックを防ぐ対策として、真冬の非常に寒い日は、お風呂に入る前に脱衣所やお風呂場をきちんと暖めてください。

BETTYさん:忘れがちですが、脱衣所も暖めてほしいですよね。お風呂の中ももちろんですけれどもね。

マーくん:そうですね。
あとは、寒いからといって湯温を熱くされる方もいるのですが、湯音は平均的に41℃くらい、
「少しぬるいかな?」と感じるくらい
にしてください。
あまり熱いお風呂には浸からない方がいいですね。

BETTYさん:いわきは特に温泉があるから、熱いお湯が好きな人が多いんですよね。
でも、ヒートショックを予防するには、湯船の温度は41℃以下ということですね。浸かる時間はどのくらいがいいんですか?

マーくん:湯船に浸かる時間は、長めに10分くらい温まっていただければと思います。

BETTYさん:10分以上は入らない方がいいですもんね?

マーくん:そうですね。それは気を付けてください。
それと、食後すぐの入浴は避けていただければと思います。

BETTYさん:ご飯を食べてすぐには入らない。

マーくん:そうですね。
最後に、お風呂に入るときには家族の方々に「お風呂に入るよ」とひと言を掛けることをお勧めします。
そうすると家族の方々も気にされるでしょうから、ひと声を掛けてからお風呂に入るのは大事だと思います。

BETTYさん:つい、お風呂の中で眠ってしまうことがないようにしてほしいですよね。
今、教えていただいたことは、リフォームで対策することも可能ですよね?

マーくん:はい。お問い合わせいただければ、ヒートショックを防ぐリフォームの情報を差し上げております。
ご相談だけでも結構ですのでご連絡ください。

BETTYさん:私も資料をいただきましたが、すごく詳しく書いてありますよね。
皆さんも資料をいただくだけでも、相談だけでもしてみてください。
ヒートショックは特に冬の時期、1月、2月、3月にとても多くなります。他人ごとに思わず、ご注意いただきたいと思います。

(リフォーム情報の資料は、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

2021年02月1日 | カテゴリー: