「塗り替えたいな」と思ったら、志賀塗装本社の壁を見に来てくだ・・・ | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日

「塗り替えたいな」と思ったら、志賀塗装本社の壁を見に来てください!

BETTYさん:本日は、塗り替えのお話ですね。

マーくん:たびたびお伝えしておりますが、小名浜にある志賀塗装本社の外壁では、約15年にわたって、
住宅塗り替えに使用される塗料の傷み具合、劣化状況をずっと観察し続けています。

BETTYさん:実際に、志賀塗装さんの本社の壁の塗装に、住宅に使用している塗料を使われているということですよね。
15年かけて実際に劣化していく様子が見られるなんて、面白い試みですね。

マーくん:そうなんです。本社の壁ですので、私も毎日のように見ております。

BETTYさん:例えば、どんなふうにカビが生えていくのか、そんな様子を実際の壁で見ることができるということですよね。
これはお客さまが塗り替えを検討するときに、どんな塗料を使えばいいのか、何年経つとこうなるのかなど、
参考になるということですね。

マーくん:そういうことになりますね。
本社の壁に使用している塗料は、『浜風(はまかぜ)』シリーズという弊社のオリジナル塗料です。
その『浜風』を開発する際に塗りましたので、もう15年前になります。
そのときに塗ったいろいろな塗料が、時間が経ってそれぞれ劣化していく様子を、実際に目で見ることができるんです。

「非常に耐久性がありますよ」という言葉だけではなく、実際に壁を見ていただくことによって、
塗料の種類ごとにこんなに差があるんだと見比べることができる
ようになっています。

BETTYさん:そういうのって、日本全国探してもなさそうですよね(笑)。

マーくん:そうですね。塗料メーカーさんではカタログ用に、
直射日光に当たるような形で光を照射して工場で実験するものはありますが、
実際の壁に塗って、自然な太陽の光を当て、年月をかけて劣化させたものはなかなかないと思います。

 

本社の外壁塗装には、志賀塗装オリジナルの『浜風』を使用しています。
種類ごと、年代ごとに塗り分けていますので、劣化の様子を見比べることができます。

 

BETTYさん:その実験を自社の壁でやるという会社さんも、なかなかないですよね(笑)。
会社って、見た目がピカピカのイメージですものね。

マーくん:そうなんですが、ご来社いただいたお客さまに、塗装が劣化している状況を
見比べていただけるように塗っていますので、そういう部分でお役に立てていると思います。
そのほか、私どもは塗り替え情報をたくさん持っていますので、そのような情報も持ち帰っていただければ、
大変参考になるのでは
と思っております。

BETTYさん:志賀塗装さんの本社の壁に15年前くらいからいろいろな塗料を塗っていますが、
それはもうひと目で「これだ!」わかるんですね? チラッと見に行ってもいいんですよね?

マーくん:そうですね、一目でわかります。
ちょっと寄るだけでも大丈夫ですが、スタッフからご説明もできますので、ぜひ、お声を掛けてください。

BETTYさん:声を掛けてもいいですし、チラッと見ていただいてもいいですし、見学の仕方は自由ですからね。

マーくん:もちろん自由ですので、お気軽にお立ち寄りください。

BETTYさん:塗り替えって、工事の時期や内容、補助金や減税など、いろいろと気になる部分はあると思いますが。

マーくん:そうですよね。その時期によって、補助金や減税が必ずありますので、
ぜひ、そういうものを利用していただければ、塗料などもちょっとワンランク上のものを使えるようになると思います。

BETTYさん:どうせ工事するなら、安いほうがいいなと思いますし(笑)。
でも、その安さの意味とか、補助金を使うとこうなりますとかいろいろありますし、
そのときと場合によって変わってきますものね。そのような情報って、知らないと損をしますよね。

マーくん:そうですね。ですから、情報を集めることは非常に大切だと思います。

BETTYさん:志賀塗装さんでは出し惜しみなく、すべて教えてくださいますので、
「そろそろ塗り替えかな」と検討されている方は、まずは志賀塗装さんの壁を見に行っていただけるといいと思います。

マーくん:そうですね。ぜひ、お越しください。

2021年09月15日 | カテゴリー: