建物内部に水が浸入するとどんな影響があるの? | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日

建物内部に水が浸入するとどんな影響があるの?

BETTYさん:まず、前回は塗り替えの時期についてのお話を伺いました。
10年ぐらいたつと8割程度は塗り替えの時期になるということでしたけれども。今回はどんなお話でしょうか。

マーくん:今日は、ひび割れとか、前回もあったかと思いますが、カビが生えてくるとなぜ建物によくないか
ということでお話を進めていきたいと思います。

BETTYさん:ひび割れやカビはなぜ建物によくないのか。まあ、「よくないだろうな」っていうのは何となく
漠然とは分かるんですけれども、どうしてなのかというお話ですね。お願いします。

マーくん:はい。一般的にひび割れも髪の毛の太さよりも隙間があると水が建物に入っている
といわれています。

BETTYさん:へえー、結構細いですよね。

マーくん:ええ。ですから、意外と水の浸入というのは身近なところで起きているということですね。

BETTYさん:そうなんですね。

マーくん:その結果、ここからが問題になるんですが、「腐朽菌(ふきゅうきん)」といわれる
菌やカビの胞子が湿った木材に付着して、そうすると特に腐朽菌に関しては木材の組織を分解して強度を
低下させて破壊していくことに至るときもあります。

BETTYさん:その「腐朽菌」という菌はちょっと怖い菌ですね。

マーくん:そうですね。水分があるところに発生してきますので。

BETTYさん:強度がどんどん弱くなっていって分解されるわけですもんね。

マーくん:そうですね。組織を食べていきますので、木の繊維を。

BETTYさん:へえー。それが大好物なわけですか。

マーくん:そうですね。よく木が水たまりのそばで腐っている状況というのは、そういう状況です。

BETTYさん:破壊に至る可能性もある。

マーくん:そうですね、長く放っておくと、ある日突然。見えないので、木部のところというのは。

 

 

建物の木部は目に触れることがありませんが、傷んでいる場合もあります。 外壁塗装は建物への水の浸入を防ぐ役割もあります。

建物の木部は目に触れることがありませんが、
傷んでいる場合もあります。
外壁塗装は建物への水の浸入を防ぐ役割もあります。

 

BETTYさん:ある日突然ガタッとくる。

マーくん:崩壊する、そうですね。

BETTYさん:それ、本当に怖い話ですね。

マーくん:そうですね。シロアリとかそういったのも出てくるんですけども、まあ、こういった菌が木を腐らせていく、
組織を分解していくという事例もあります。

BETTYさん:カビについてはどうですか?

マーくん:カビについては直接強度の低下には関係ないんですが、やはり建物の外壁、
または北面にカビがあるということは、そこに何らかの水分が発生していることは間違いありません。

ですから、それはただ単に結露というか、外側からの影響のものなのか、建物からの結露の影響なのか、
やはり早めに診断をしていく必要がある
と思います。

BETTYさん:原因がどこにあるのか確かめる必要があるということですね。

マーくん:そうですね。カビが生えていることについては(強度の低下には)問題ないんですが、
その水分がどこから来ているのかはやはり確かめておく必要はあります。

BETTYさん:なるほど。カビが生えるということはそうですよね。カビも水分がないところには生えないですもんね。

マーくん:そうですね。腐朽菌もカビも、その建物の水分が影響してきますので。

BETTYさん:雨漏りしていたら、それはそれで考えないといけないことですね。

マーくん:ええ。雨漏れはやっぱり一番影響があると思うんですが。まあ、繰り返しになってしまうんですが、
雨漏れにしろ、結露にしろ、建物に水を入れないことは強度維持のためにやっぱり必要なことだと思っております。

 

建物内部へ水を侵入させないことは建物の強度を長く保つ重要なポイントです。

建物内部へ水を侵入させないことは建物の強度を長く保つ
重要なポイントです。

 

BETTYさん:そのためにも、この塗り替えの時期の判断のためにも一度診断をしていただくとより分かるということですね。

マーくん:そうですね。やっぱり塗装工事は必要ですと言われても、なかなかイメージがしにくいと思うんですが、
今日申し上げた、腐朽菌や建物の中に水を入れることがマイナスであると考えれば、
まずは診断からでもご提案をさせていただきたいと思います。

BETTYさん:なるほど。塗装工事のイメージは「きれいになる」というイメージの方が強いですからね。

マーくん:そうですね、それも大事な要素ですけどね。

BETTYさん:でも、それだけではないんだよということを皆さんにも分かってほしいですね。

マーくん:そうですね。ですから、汚れだけでしたら何年か後でもいいですし、
ご予算等の都合がついたときでもいいんですが、そういった木の腐蝕やカビやシロアリとかには
タイミングがありますので、診断は早めにされることを私たちは勧めているところです。

2016年02月5日 | カテゴリー: