外壁をより長持ちさせるため、クリアの塗装工事をおすすめします・・・ | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日

外壁をより長持ちさせるため、クリアの塗装工事をおすすめします!

BETTYさん:今日はサイディングのメンテナンスに関するお話しですね。

マーくん:そうです。「サイディングはメンテナンスしなくてもいい」、もちろんカタログにも
「長期間にわたってメンテナンスフリー」という言葉が出回っていますので、あえて違う言葉で意見を伝えていきたいと思います。

BETTYさん:年間130棟くらいの塗り替えを実施している、志賀塗装さんならではのご意見だと思いますが。

マーくん:サイディングはセメントを主とした材料で、いろんな模様や色を着けたり、形を付けたりという作業を
工場でやってきまして、それを壁に張り付けることで工期が短縮される、コストが下げられるということで、
住宅の7割くらいはサイディングに移っているんです。

BETTYさん:住宅の壁に、もう1個壁がくっついているということですよね。

マーくん:そうですね、イメージ的には。

BETTYさん:持ってきた壁をくっつけているというイメージですが、それをサイディングというわけですね。

マーくん:はい。ですから、塗装工事で色を塗るよりはいろんなパターンや色のグラデーションもできるので、
タイル調の家になったりなど、すごくきれいな施工ができるんですね。

サイディングは耐久性もあるのですが、色が着いていることは事実です。
その上に色が飛ばないように塗装工事をしたり、いろいろな特殊加工をして各メーカーが出していくのですが、そのときに、
お客さまに対して「長持ちするのでもう塗装工事は要りませんよ」「20年も持ちますよ」というPRで施工されていくんです。
実際に我々も幅広く塗装工事をさせていただいていますので、そのメーカーが言う、あるいはハウスメーカーでおすすめしている
「30年間メンテナンスフリー」というものが、サイディングのメーカーでは一番新しい商品として出ているんです。

BETTYさん:30年間! 長いですね。

マーくん:30年間です。やっぱりそれなりのコーティングをしているのですが、
それは、ここ数年に発売されたサイディングに当てはまる話でして。

BETTYさん:もう本当に最近ということですね。

マーくん:もう最近です。ですから、最近の新築の方はもしかしたらそれが標準で入っているとか、
オプションでグレードを上げると、そのサイディング施工で入っている
かもしれないんですね。

それ以外のサイディングに関しては、ある程度の年数、10年前後からなんですが、
人間の目に分かる範囲ですと15%くらい色が落ちてくると、一般の方でも「あれ? 何か色が落ちてきたな」と分かる
んです。
ですから、その色が落ちてきたなというときでもいいのですが、できれば、もう少し前、
90%くらい、もしかしたら95%くらいのときに、早い段階でのクリアの塗装工事をおすすめしているんですね。

BETTYさん:目安は10年だけれども、ということですね。

マーくん:そうです。目安は10年から15年で、そろそろメンテナンスの時期だと一般的にいわれているのですが、
その色落ちが始まってからよりは、色が落ち始める前、「もしかしたら色が落ちているかもしれない」というレベルの段階ですかね。
その段階でクリアな塗装工事をすると、今度は抜群に、30年、20年持つ可能性が出てきます
ので。

BETTYさん:サイディングというのは家族で話し合って「このデザインがいいね」といって決めたと思うんですね。
だから、やっぱり選んだデザインはずっと残していきたいし、長持ちしてほしいと思いますもんね。

マーくん:そうなんですね。ですから、大半のサイディングは、
色が飛んでくるという現象が15年、20年単位で起きてくるのですが、それが雨漏れに直結はしないんですね。
ですから、基本的にはメンテナンスフリーは間違っていないんですが、やはり外観は大事ですから。

BETTYさん:大事ですよね。

 

早い段階でクリアの塗装工事をすると、きれいな外壁の色を保つことができます。

早い段階でクリアの塗装工事をすると、
きれいな外壁の色を保つことができます。

 

マーくん:そうなってきたときに、ある程度の金額をかけて、サイディングのデザインや色を維持するのは大きな価値だと思います。
ですから、復元することができない状態で我々も呼ばれてしまうと、やっぱり普通の一般的な色が着いた塗装工事となりますので、
そうすると、そのサイディングの模様を消すことになってしまうんです。

BETTYさん:もったいないですね。

マーくん:ですから、よく車のコーティングの例を出すのですが、あれも定期的にやることで非常にいい状態を保てるわけですよね。
もしかしたら、ご興味がない方もたくさんいらっしゃるかもしれませんが、洗車をしてコーティングをすることは
車を持たせることになります。それと同じように、色が飛んでから塗装工事をするよりは早い段階で。

ですから、見方の革命だと思うんですね。サイディングのもともとの色を維持していくのであれば、
どの塗装会社も10年から15年で、塗り替えを始められたらいいですね。

BETTYさん:もう早いうちにね。

マーくん:はい、早い段階で。まあ、もちろんご予算がありますから、新築のときにやるのが一番いいかもしれませんが、
そういうことも含めて、サイディングに関しては早い段階でのクリアの塗装を広めていきたいと思っているところです。

BETTYさん:先日、初めてクリアな、透明な塗装があることを知ったので(笑)。
それまでは全然知らなかったので、「ああ! そういうのがあるんだ!」と思って。
「サイディングって塗装できないんだ」と思っていらっしゃる方が多いと思うので、そういうものがあるよ、ということですね。

マーくん:そうですね。そういう見方もあるということです。
ひび割れや藻が生える前にやることで色を維持していく考え方を一つ持っていただければと思っております。

BETTYさん:特に外壁は目立ちますからね。

マーくん:そうですね。そんなに簡単にできるものじゃありませんので。

BETTYさん:そうですね。その家の顔ですし、少しお考えいただければ、ご相談いただければと思います。

2016年11月25日 | カテゴリー: