5~8月は、お風呂リフォーム工事に最適な時期です! | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日

5~8月は、お風呂リフォーム工事に最適な時期です!

BETTYさん:では、早速ですが、本日はキャンペーンの告知があるということですね。

マーくん:はい。「ユニットバス工事をしませんか?」ということで、お風呂のリニューアルキャンペーンの
ご案内をしております。

BETTYさん:この時期にこのキャンペーンを勧める理由はなんですか?

マーくん:はい、情報としまして“入浴時の死亡者数”というものがありまして、2011年のデータですが、
ヒートショック関連死で年間19,000人もの方々がお亡くなりになっています。

BETTYさん:これは入浴時の死亡者数となりますよね。19,000人、これは尋常な数じゃないですよね。

※消費者庁News Release『冬場に多発する高齢者の入浴中の事故に御注意ください!』

 

マーくん:ヒートショックとは、「暖かい部屋から寒い脱衣場やお風呂場に移動したときに、
心臓や血管に負担が掛かって心疾患や脳梗塞が起こる現象」
なんですが、2011年の交通事故者数は
4,117人ですが、この4倍以上の方が浴室でお亡くなりになっています。

2017年現在でもそれほど数が変動していないんです。ということは、これを知らない、もしくは
「私は元気だから大丈夫!」という方が多いんです。実は別のデータもありまして、
消費者庁が55歳以上に行った調査で、入浴中にのぼせたり、一過性の意識障害になって
ひやりとした経験を持っている方が1割くらいいらっしゃいます。
また、元気な人でも入浴事故を起こすと
知っている人は34%ですので、「私は大丈夫です」で通じている人が多いのが現状です。

BETTYさん:私も今、「私は大丈夫」と思っていましたけどね。

マーくん:お風呂場から上がるときに、水圧がなくなって圧迫されていた血管が一気に膨張すると
脳に行く血液が減って一種の貧血状態になり一過性の意識障害を起こしやすくなります。

ですから、浴室の場合は浅いのでそのままツルンといってしまうと、溺死も含めて、
重大事故につながることがこの数につながっています。

BETTYさん:そうですよね、30センチの水でも溺れるといいますからね。

マーくん:そうです。このキャンペーンの目的の1つは、今後はこういったことを啓蒙し、
情報として皆様へお伝えしていきたいということです。そしてもう1つは、このヒートショック関連の事故は
5月から8月までが一番減ってくるので、もし将来的にお風呂のリフォームを考えているのであれば、
この5月から8月いっぱいまでに工事をされてはいかがですかということで、キャンペーンを始めたところです。

BETTYさん:工事にはちょうどいい時期だということですね。例えば、ユニットバス工事をするとなると、
工事期間はどのくらいかかるんですか。

マーくん:工事期間は大体1週間です。シロアリがいたりなどのイレギュラーなことがなければ、1週間で十分です。

 

寒い冬を迎える準備として、5月~8月のお風呂のリフォームをおすすめしています。

 

BETTYさん:自分は大丈夫だと思わずにね。また、お風呂で倒れたりすると、周りの皆さまもびっくりしますからね。

マーくん:そうですね。今、クリナップでは、ボタンを押すとお湯のシャワーが出てきて1分間で床面の温度を
約20℃まで上げる仕組みや、浴室自体を数センチの保温材で囲ったり、いろいろな工夫がされています。

もちろん手すりの位置や形も、入浴の一連の動きを考えて設計されています。
いろいろな粗品や補助金関係もあるので、特にこの6月からはお勧めの時期なんです。

BETTYさん:冬を迎えるための準備ですよね。寒くてもすぐにポカポカになるお風呂だったら、
その時間だけ待っていればいいですものね。

マーくん:20秒くらいで暖かくなります。

BETTYさん:暖かいお風呂にするための工事です。今はピンとこないかもしれませんが、
少しお考えになっていただければと思います。

2017年06月13日 | カテゴリー: