大規模災害に備え、火災保険の見直しを! | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日
お問い合わせはこちら

大規模災害に備え、火災保険の見直しを!

BETTYさん:今回の台風で災害対応をされているかと思いますが、いかがですか。

マーくん:まずは、改めまして、今回の台風で大変な思いをされている方々にお見舞いを申し上げます。

BETTYさん:現在の営業体制はどんな感じですか?

マーくん:通常のリフォーム工事は行っているんですが、外壁や外まわりに関しては、
断水地域を中心に全部ストップしており、その分、スタッフを復旧工事の方に派遣させていただいております。
特に平久保地区の方のお客さまについては、1階部分がほとんど浸水状況ですので、
そちらのお手伝いをしっかりやっています。

BETTYさん:災害ごみがいろいろ出ていますよね。保険の手続きとか、そのあたりはどうですか?

マーくん:火災保険や各自治体からも災害の手続きが出てくるかと思いますが、
まずは、保険の手続きが後日できるように写真や施工の記録のお手伝いをしているところです。

BETTYさん:写真は大事なようですね。

マーくん:第三者の視点で残せるものは写真しかないものですから、会社さんごとにいろいろな方法は
あるかと思いますが、火災保険の手続きのときに写真がないとなると、やはり苦労が増えてしまうんです。
処分したものの写真だけでも結構ですので、できるだけ撮っておくことが大切です。
なかなか、そういうときに全部は撮れないとは思うのですが。

火災保険のお手続きの際には、被害状況の写真が必要となります。

 

BETTYさん:頭がいっぱいになっちゃうんですよ。そんな中、「写真と言われても」と思ってしまいますが、
被害の状況を残しておくためにアドバイスをしてくださっているわけですね。
今回の大雨で「あれ? うち、雨漏りしていたんだ」と気付いた方も多くいらっしゃるのではないかと思うのですが、
そのあたりのお住まいの診断というのは、今お願いしても大丈夫なんですか?

マーくん:もちろん今回のような雨の降り方や雨量は特別な状況だと思うのですが、
家に対しての雨漏れの診断はきちんとしておく必要はあります。
そのへんは私どもが普段行っている業務が皆さまのお役に立てるのではないかと感じております。
診断については受付順にはなってしまいますが、必ず対応させていただきます。

BETTYさん:では、診断をご希望の方はまずはお問い合わせをしていただければ、ということですね。
お家の被害が出てしまって、この際リフォームをとお考えになる方も多くいらっしゃるかと思いますが、
そういった方からのお問い合わせも大丈夫ですか?

マーくん:はい。問い合わせやご相談については受付順にはなりますが、ご連絡いただければと思います。

BETTYさん:ご対応いただけるとのことですので、何か困ったことがあったら志賀塗装さんへお電話ください。
火災保険については、知られてないことが多いそうですね。

マーくん:そうですね。火災保険について大きく3つの話題でお話させていただきます。
まず1つ目は、自然災害、今回は台風の件がありましたが、
台風、突風、水害、竜巻など、そういった災害に遭ったとき、その後の復旧工事に使える
ということです。

BETTYさん:対象となる災害がいろいろあるんですね。

マーくん:はい。特に保険証書や約款をご覧いただくと、そういうふうに使える場合もたくさんあります。

BETTYさん:自然災害、台風、突風、水害、ひょう、そういった災害復旧工事に火災保険が活用できると、
すごく助かりますよね。

マーくん:そうです。現地に入って調査をさせていただきますと、80%以上の家庭で、
かけている保険が使えますので、資金調達の面で有効活用できると思います。

BETTYさん:「火災保険に入っているけれど、約款は読んでなかったからそこまで気付かなかった」という方も
中にはいらっしゃるかもしれないですよね。

もしものときに備え、火災保険を見直しましょう。

 

マーくん:そうですね。普段ご覧にならない部分だと思いますが、そういったことで活用できますね。
2つ目は、保険を使っても保険料金は原則、上がらないということです。
例えば、自動車保険などは等級が決まっていまして、ご承知のように、事故が多いと上がっていきますよね。
ですが、火災保険に関しては、そういった等級という存在がないので、保険料金は、原則、上がらないのです。

BETTYさん:原則、上がらないということは、これもまたありがたいことですね。
災害が多い日本では、この火災保険は助かりますね。

マーくん:そうですね。3つ目は、今回台風の被害があって、今、大変な状況かとは思うんですが、
実は火災保険は、3年前までの自然災害までさかのぼって申請ができます。
ですから、あのときは申請する時間や査定を受ける時間がなかったので、
急いで雨漏りを直してしまったけど、思い返せば去年だったな、という場合は、工事の履歴や請求書、
領収書があれば申請ができる場合もあります
ので、最近修繕した方は確認が必要かなと思っています。

BETTYさん:忙しいからそこまで手が回らない方は多いと思いますよね。
そういう場合は、その保険によりますけれども、3年前までの自然災害までさかのぼって申請できるということですね。
火災保険をもう一度見直してみるのも、今、この時期、大事なことになりますね。

マーくん:自然災害や広域型洪水といわれている災害が増えてきているようなので、
やはり火災保険の見直しは大事
だと思います。

BETTYさん:今回、こんなに台風がひどいことになるとは思っていなかったという声がすごく多いですね。
台風がこのくらい大きくなるんだ、被害が出るんだということは頭に入れたいと、
皆さん、口々におっしゃっていますからね。だから、やっぱりこの火災保険も見直しておくことも大事ですね。

(ご相談、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

 

2019年12月25日 | カテゴリー: