備えて安心【火災保険】加入内容を確認しておきましょう | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日

備えて安心【火災保険】加入内容を確認しておきましょう

 

火災保険は、火災による被害だけでなく、水災や風災、雪害など幅広く備えられる保険です。

加入内容により、台風被害による自宅や自宅内の家具・家電の修理や再取得の費用を補填できる可能性があります。
多発する大きな自然災害に備えて、現在自分の家にはどんな補償が受けられるのかを確認しておきましょう。

 

 

火災保険のサポート範囲は幅広く、自己負担で修繕するしかないと諦めていた破損個所が対象となる場合もあります。
志賀塗装でも多くの申請をお手伝いしてきましたが、「そんな箇所も適用になるなんて知らなかった!」と驚かれる方もいらっしゃいました。

もしもの時に備えてせっかく加入されているのであれば、被害にお困りの際には申請してみることをおすすめいたします。

 

①[屋根]

台風や突風で板金が飛んでしまった(めくれてしまった)場合や、強風による瓦の破損など。

 

②[太陽光パネル]

太陽光パネルメーカーの保証は製造不良によるトラブルに対応するため、自然災害には対応しないことがほとんどです。
自然災害によるパネルの破損などは火災保険の補償で対応できます。

 

③[雨樋・軒樋]

大雪が降るとその重みに耐えきれず雨樋がゆがんだり、折れ曲がったりする被害が発生します。雨水がポタポタと落ちている箇所は雨樋の不具合が考えられます。

 

④[破風板・軒天]

突風などで破風板や軒天井が剥がれてしまうことがあります。

 

⑤[カーポート・自転車置き場]

雪の重みによって、カーポートの屋根が崩れ落ちる被害が多数報告されています。

 

⑥[フェンス]

強風にあおられて曲がってしまった場合、落雪でへこんでしまった場合など。

 

申請には、本人が準備する書類の他に、見積りなど業者に依頼する書類も必要となります。
被害がわかる写真も提出することになりますが、慣れない高所や不安定な場所での撮影は大変危険です。
また、撮影抜けが出てしまったり、被害がわかりにくいと判断されてしまうこともあるので、こちらも業者や診断士に依頼しましょう。

書類を提出したら保険会社が内容を審査・査定をし、適用範囲であることを確認します。
この際、場合によっては鑑定人による現地調査が行われることもあるようです。

申請からお支払いまではいくつかの工程がありますが、せっかく家を守るために入っている保険なので加入内容をしっかりと把握して必要な時にきちんと活用しましょう!

 

志賀塗装は「日本住宅保全協会」に加盟しており、保険申請のプロと一緒にお客様のサポートをしております。

火災保険の法律的な保険金請求の時効は3年と定めれているので、「屋根の上なので確認できずにいた」「保険に入ってはいるが対象になるのかわからない」など、気になっているという方はお早めにご相談ください。

 

詳しいご相談、お見積をご希望の際は、志賀塗装へお気軽にご連絡ください。
ご相談はもちろん、お見積もりも無料で対応いたします。

 

ホームページから来店予約、
お見積依頼をいただいた方には
【QUOカード500円分】プレゼント!

 

お電話&オンラインでの相談も受け付けております。

LINEでご相談はこちらから

オンライン相談はこちらから

 

 

各店舗で感染症対策を強化しております。
ご来店の際にはマスクの着用など、何卒ご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

2021年12月24日 | カテゴリー: 最新のお知らせ