屋根・外壁塗装【塗り替えの目安】とは? | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日

屋根・外壁塗装【塗り替えの目安】とは?

一般的に築10年を目安に塗り替えが必要といわれますが、費用や手間を考えるとなかなか行動に移せないという方もいらっしゃるかと思います。
「10年に一度は早い気がする」「多少色があせてきても外観はさほど気にしない」など、いろいろと考えてしまいますよね。

しかし屋根や外壁は一年中紫外線や雨風など、過酷な環境にさらされている場所です。
目に見える大きな変化を感じなくても、劣化は確実に進んでいくでしょう。
劣化が進み内部にまで雨水が浸入するようになると、塗り替え以外にも修繕が必要となり結果かかる費用が大きくなります。

そうはならないために「自分の家はまだまだ大丈夫」とお考えの方も、定期的な点検だけでもしていただくことをおすすめします。

10年を目安にする以外にも、定期的にご自宅の外観をセルフチェックしてみるのも大切です。
ぐるっと一周お家の外観を見てみる時には、外壁だけではなく雨樋や破風板、軒天など、様々な部分を意識して確認してみましょう。
普段から家の正面は目に入りますが、家の裏など見に行くことの少ない場所にこそ劣化の症状が現れていることもあります。
の際高所や不安定な場所などの危険なセルフチェックは、くれぐれもお控えいただきますようお願いいたします!
危険な場所の点検は、かならず業者に依頼しましょう!

セルフチェックの参考に、外壁の劣化症状をいくつかご紹介します。

 

■色が褪せてきている

紫外線によるダメージで塗膜の表面が劣化し退色(変色)してしまうのが原因です。
建物本体にまでダメージは及んでいませんが、外観が気になる場合や時間をかけて計画を立てたいという方は検討し始めるのもいいかもしれません。

 

■外壁に触れると手に粉が付着する

壁を手で擦るとチョークのような粉が手に付着する現象を、チョーキング現象(白亜化現象)といいます。
劣化により塗料が変質して粉状になってしまうことで起こる、建物を保護する効果が落ちてきているサインです。
自分でも簡単に確認ができる方法なので、ぜひ試してみてください。

 

■外壁に微細なひびが入っている

外壁のひび割れには種類があり、幅0.3㎜以下の浅く細いひびは「ヘアークラック」と呼ばれます。
補修を最小限に抑える為に、微細なひび割れでも発見した場合には早めに無料点検をお申し込みください。
もし「構造クラック」と呼ばれる、幅が0.3mm以上の構造に影響を及ぼす可能性の高いひびがある場合には、外壁内部へも影響が出る為注意が必要です。

 

■カビや苔、藻が発生している

塗装が劣化してくると外壁に汚れが付着しやすくなるため、それらを栄養にしてカビが繁殖する原因になります。さらに防水性能も落ちてくるため、コケも繁殖しやすくなります。
外観を損ねるだけでなく、水分を保持する苔などを放置すると外壁が常に湿った状態となり、外壁の劣化をさらに進行させます。

 

■目地のひび、または剥がれ

外壁材同士の隙間、継ぎ目、窓枠や水回りの縁などにに使われているゴムのようなものを「シーリング(コーキング)」といいます。
シーリングは、建物に存在する隙間を埋める役割、建材同士がぶつからないようにするクッションの役割を果たしています。
この部分が劣化し外壁内部に水が浸入すると外壁材が傷んでしまい、修繕にかかる費用が大きくなってしまいます。

 

■塗装が剥がれてきている

塗膜が劣化すると付着力がなくなり、剥がれたりめくれたりしてきます。
塗装が剥がれると壁材が直接風雨や紫外線の影響を受けることになり、さらに劣化が進む原因となる要注意な状態です。
雨漏りの発生、躯体の腐食の原因ともなりますので、できる限り早い対処をおすすめします。

 

大切な自宅を長持ちさせる為にも、定期的な診断と適切な時期の塗り替えをご検討ください。

 

まずはご自宅の状態を知ることが大切です!
志賀塗装へお気軽に点検をご依頼ください。
診断、お見積りは無料で対応いたします。

ホームページから来店予約、
お見積依頼をいただいた方には
【QUOカード500円分】プレゼント!

お電話&オンラインでの相談も受け付けております。

LINEでご相談はこちらから

オンライン相談はこちらから

 

各店舗で感染症対策を強化しております。
ご来店の際には、何卒ご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

2021年05月24日 | カテゴリー: 最新のお知らせ