いわき市中央台E様邸 屋根・外壁塗装工事(浜風フッ素) | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

志賀塗装株式会社
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日

いわき市中央台E様邸 屋根・外壁塗装工事(浜風フッ素)

こんにちは、屋根・外壁塗装の志賀塗装です。

いわき市中央台にお住いのE様より屋根・外壁塗装のご依頼をいただきました。
E様はメーカーショールームで開催した志賀塗装の相談会にご来場くださり、今回塗装工事をお任せいただくこととなりました。

工事前にE様邸の現場調査をさせていただいた時の様子です。

 

外壁に触れると、手にチョークの粉が着いた時のようになります。
これは「チョーキング」という現象です。

塗膜の中にある顔料が少しずつ粉化した状態で、劣化してきているサインです。
自分でも簡単に確認ができる劣化のサインなので、ご自宅の壁でも試してみてください。

 

こちらは外壁材と外壁材の隙間を埋めているシーリング部です。

多数のひび割れと膨れが見られます。

「外壁の目地、サッシ周りからの水の浸入を防ぐ」「地震などによる揺れでかかる負担を緩和する」という重要な役割を果たしてくれている場所です。
シーリング材も、紫外線や雨水にさらされ続ける事で次第に劣化していきますので、外壁の点検時などに一緒にきちんと確認をしましょう。

 

屋根の診断には、最新式のドローンを使用させていただきました。
鮮明な画像が撮影可能で、高所や不安定な場所の点検も安全に行うことができます。

 

板金部分はサビが目立つようになっており、屋根材もコケの広がりが見られます。

コケが生えることによって屋根が常に水分を含んだ状態になり、さらに劣化が進むと内部にまで影響を与えかねません。
補修工事が必要となる前に点検されることをおすすめいたします。

 

こちらの庇部分は大きく剥がれてしまっています。

 

樋も色あせが進んでおりチョーキング現象も見られました。
樋も経年劣化で硬化し破損しやすくなるので、他付帯部分と同じく外壁と併せてメンテナンスをしましょう。

 

E様にご満足いただける仕上がりを目指し、誠心誠意作業をいたします!
どうぞよろしくお願いいたします。

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

最近の投稿

2022年04月18日 | カテゴリー: