強い雨のときだけ雨漏り? ゲリラ豪雨や台風の前に大切な雨漏り・・・ | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

志賀塗装株式会社
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日

強い雨のときだけ雨漏り? ゲリラ豪雨や台風の前に大切な雨漏り診断とは

「強い雨のときだけ雨漏りするのはどうして?」

「雨漏りしているか自分でチェックする方法を知りたい」

このようにお考えではないでしょうか?

住宅の雨漏りを放置していると、やがて構造部分にまで雨水が浸入し、家の寿命に深刻な影響を与える可能性があります。
しかしちょっとした雨なら雨漏りしないのに、台風や集中豪雨のような強い雨のときだけ雨漏りする場合は、「たまたまかな?」と思ってそのままにしてしまうこともあるようです。

そこで今回は、なぜ強い雨のときだけ雨漏りするのかを解説します。
あわせて雨漏りを自分でチェックする方法や、梅雨だけではなくゲリラ豪雨や台風にも備えて受けておきたい「雨漏り診断」とはどのようなものなのかを紹介しますので、雨漏りが気になっている方は参考になさってください。

目次

1. なぜ強い雨のときだけ雨漏りするの?

普段は気にならないのに、台風や集中豪雨のような強い雨が降るときだけ雨漏りするときには、どのような原因が考えられるのでしょうか?

シーリングの劣化

強い雨のときだけ雨漏りするのは、シーリングが劣化しているのが原因のケースがあります。
シーリングとは、主にサイディングなどの外壁材の継ぎ目に充填する、雨水などの浸入を防ぐゴムのような素材です。

シーリングはサッシまわりなどにも使用されていますが、紫外線を浴び続けることでだんだん硬化・劣化し、やがてひび割れや剥離が発生します。
少量の雨では雨水が浸入するほどではない程度でも、大雨や強風をともない横からたたきつけるような雨のときには耐えきれず、雨がしみ込んできてしまうことがあるのです。

外壁のクラック(ひび割れ)

強い雨のときだけ雨漏りする場合、外壁にクラックが発生していることが原因の場合があります。
通常の雨であれば、屋根に落ちた雨水は軒下の雨樋で受け止められて地上に流されていきます。
そのためひび割れがあってもさほど雨水が浸入せず、気がつくほどの雨漏りには至らないことが多いようです。

しかし強風をともなうような強い雨は、横から直接たたきつけるように外壁に降り注ぎます。
そのためひび割れからどんどん雨水が侵入し、雨漏りが発生することがあるのです。

屋根や外壁の劣化

屋根や外壁が劣化している場合も、強い雨によって雨漏りすることがあります。
とくに台風のような暴風が吹き荒れると、普段とは異なる角度で雨が吹き付けます。

そのためいつもなら雨が当たらない庇(ひさし)の下や、劣化した外壁材や屋根材が割れたり欠けたりした隙間から、雨が吹き込み雨漏りすることがあるのです。

2. 自分でできる雨漏りチェック

ここからは、自分でできる雨漏りチェックを「室外」と「室内」にわけて紹介します。

室外のチェック箇所

室外でのチェック箇所は5箇所あります。

  • 屋根
  • 外壁
  • シーリング
  • 窓サッシ
  • ベランダ

これから順に説明していきます。

① 屋根

雨漏りと聞くと屋根を思い出すほど、屋根は雨漏りに直結する場所です。
屋根に次のような症状がないか、チェックしましょう。

  • 屋根材がひび割れている
  • 屋根材の一部が欠落している
  • 屋根板金(屋根の頂上や縁などをカバーしている部材)が浮いている
  • 雨樋が壊れている

【重要】屋根のチェックは地上からおこなう

屋根は高所にあるうえ勾配がついている場合が多く、登って直接チェックするのは転落の恐れがあり大変危険です。
そのため屋根の点検は、地上から双眼鏡などを利用しておこないましょう。
どうしても気になるときには、雨漏り診断できるプロに依頼するようにしてください。

② 外壁

外壁も屋根と同様、家を雨から守る重要な部分です。
外壁については、以下の症状が発生していないかをチェックします。

  • 外壁材にひび割れや欠けなどが発生している
  • 外壁を触ると粉のようなものがつく(チョーキング現象)
  • 塗装が剥がれている

外壁は種類によって耐用年数が異なりますが、基本的には10年周期での塗装メンテナンスが必要です。
きちんとメンテナンスをしていれば、劣化の進行を防げます。雨漏りを発生させないためには、早め早めにメンテナンスをおこないましょう。

③ シーリング

サイディング外壁の隙間に充填されているシーリングについては、以下のような症状をチェックします。

  • ひび割れが発生している
  • シーリングと壁材の間に隙間がある

シーリングは、耐用年数が5~10年程度と短めです。 ひび割れが発生していたり、隙間があいていたりするようだと雨漏りする可能性が高くなるため、早めに打ち替えを検討しましょう。

④ 窓サッシ

開口部である窓は、外壁との継ぎ目に埋められているシーリングの劣化にともない、サッシまわりからの雨漏りが発生しやすいため念入りにチェックしましょう。

  • 窓枠付近の外壁がひび割れている
  • サッシまわりのシーリングがひび割れている
  • シーリングとサッシとの間に隙間があいている

とくにモルタル外壁の場合、サッシの四隅から斜めにひびが入りやすいのが特徴です。
ひび割れを発見したら、雨漏りしていないか早めに雨漏り診断を受けましょう。

⑤ ベランダ

ベランダは傾斜がなく水はけが悪いため表面に防水が施されていますが、劣化すると雨漏りの原因になります。
以下のような症状がないか確認します。

  • 防水層がひび割れている
  • 防水シートが剥がれている

防水シートや防水塗料も経年により劣化するため、定期的な塗装メンテナンスが必要です。
外壁塗装とあわせ、塗り直しを検討するのがおすすめです。

室内のチェック箇所

続いて室内のチェック箇所を、3つご紹介します。

  • 内壁
  • 天井
  • 天井裏

順番に説明していきます。

① 内壁

室内では、まず内壁に以下のような症状がないかをチェックしましょう。

  • クロスにシミやカビが発生している
  • ジメジメしていてカビ臭い
  • クロスに浮きやふくらみ、剥がれが発生している

内壁に雨漏りの兆候が見られたときでも、必ずしも外壁からの雨漏りとは限りません。
屋根からの雨漏りが、構造部分を伝って、内壁に染み出ることがあるためです。
内壁に異常が見られたら原因を突き止めるために、雨漏り診断を依頼しましょう。

② 天井

天井に以下のような症状が現れる場合、屋根から雨漏りしている可能性があります。

  • 天井にシミやカビが発生している
  • 天井からポタポタと水が落ちてくる

ただし、2階建ての1階などの場合は、雨漏りではなく水漏れしていることも考えられます。
区別が付きにくいので、あわせて屋根裏を点検すると判断しやすくなります。

③ 天井裏

天井裏に入る点検口がある場合には、中の様子を確認し、以下のような異常がないかチェックします。

  • 天井裏に濡れたようなシミがある
  • 屋根にあたる部分の木材にカビが発生している
  • 換気口ではない場所から光が差し込んでいる

天井裏にシミがあったりカビが発生していたりする場合には、屋根からの雨漏りが疑われます。
また換気口以外の場所から光が漏れているときには、そこに隙間があることを意味します。
雨漏りする可能性がないか、雨漏り診断できる業者に確認してもらいましょう。

▶雨漏り診断についてはこちらの記事も読まれています

3. ゲリラ豪雨や台風の前には雨漏り診断を

雨漏りの簡単なセルフチェックの方法をご紹介しましたが、雨漏りの兆候がつかめたとしても、原因を特定するのは困難です。
シミができたりポタポタ水が落ちてきたりする場所が、必ずしも雨漏りの原因とは限らないためです。

まったく別の場所からしみ込んだ雨水が、思わぬ場所で雨漏りとなることは珍しくありません。
実際どこから来ているのか、どの程度広がっているのかを特定するのは、目視だけでは雨漏り診断のプロでも難しいものなのです。

そこで雨漏りの専門業者では、赤外線サーモグラフィやファイバースコープカメラ、ドローンなどを使って詳細な調査をおこないます。
ゲリラ豪雨や台風が来る前に、プロの手による雨漏り診断をおこない適切な雨漏り対策を施しておけば、横殴りの強い雨が降っても安心して過ごせるようになるでしょう。

弊社には、木造戸建て住宅の劣化状況を適切に診断・アドバイスする「戸建住宅劣化診断士」の資格を持った社員が多く在籍しています。
戸建て住宅の状態を見極めるプロとして、わずかな異常も見逃さず、雨漏りの兆候から適切に雨漏りの原因を突き止めますので、安心してお任せください。

▶赤外線サーモグラフィやドローンを使った雨漏り診断の様子はこちら

4. まとめ

強い雨のときだけ雨漏りするのには、シーリングや外壁材・屋根材の劣化、ひび割れなどさまざまな原因が考えられます。
「強い雨のときだけだから」と放置していると、気がつかないうちに住宅の寿命に影響するような深刻なダメージを受けてしまうかもしれません。

雨漏りしているかどうかは、目視でのチェックは自分でもおこなえます。
しかし目に見えないような雨漏りは、雨漏り診断できる専門業者に依頼しないとなかなか発見できません。
近年相次ぐゲリラ豪雨や台風による雨漏り被害からマイホームを守るために、シーズン前の雨漏り診断をおすすめいたします。

2022年06月9日 更新