塗装工事は顔の見える業者さんを選びましょう!

マーくんの塗り替え講座: 2017年02月14日放送分

BETTYさん:今日は、インターネットで検索をしていてびっくりしたことがあるそうですね。

マーくん:インターネットで「志賀塗装」で検索すると、「塗装」は入らないんですが、「志賀で塗装急ぐな」
というポータルサイトが出てきたのでびっくりしていたところです。

BETTYさん:それは本当にびっくりしますよね。私も検索したら出てきました。

マーくん:内容は、弊社の事ではなくて、一般的な塗装の内容、値引きをさせますという内容なんですね。

BETTYさん:検索で上手に引っ掛けていくという感じなんでしょうかね。ポータルサイトの運営側も、
どちらかというとアイデアマンの感じはしますけれども、それがいいアイデアではない気はしますけれどもね。

マーくん:ご説明しますと、ポータルサイトというのは、塗装だけ見積もりをしたいときに、例えば、
「いわき市 塗装工事」で検索すると、いわき市およびその福島県内、もっといえば、茨城まで入るんですが、
そういった業者さんがそのポータルサイトに登録していると出てくる仕組みになっています。

そうすると、1社に見積もりを取るだけでなく、2社目にも見積もりを取るなど、合い見積もりがしやすいんです。
それをポータルサイトの運営側がやりますという仕組みで、業者さんにしてみれば登録しておくと仕事が来るので、
自分で営業するよりは楽かなということで、このようなサイトが増えてきています。

ただ、弊社はポータルサイトには1つも登録していないんです。登録すると手数料が売上金額の1割から
1割5分ぐらい取られるんですね。
そうすると、5万円、10万円の工事ではないものですから、
数百万円にいく単位もありますので、それの1割から1割5分を手数料として支払うというのはどういうものかな
と思いますし。その分、価格を調整することもできるでしょうし。

それからもう一つは、値引き交渉をすることがメインになっていますので、再三、こちらでもお伝えしておりますが、
『塗れるものと塗れないものがある』とか、『雨漏りを止めるために塗装工事の診断をしましょう』とか、
『塗料の種類がいろいろある』というような、大切なお話が全くどこかにいってしまうんですね。

『140万円のものが70万円でできました』とか、そういうことは通常の世界ではありえないので、
弊社ではポータルサイトでの合い見積もりというのは、お話をいただいてもお断りしているんです。

BETTYさん:営業の方がちゃんと営業できていない会社ということなのかな、と考えちゃいますけどね。

マーくん:そうですね。もしくは、営業がいないので、完全に現場に出ている方が頼むんですね。ポータルサイトから
ですと値引き交渉の話から来るんですが、その前にやるべき重要なことがいくつもありますので。

BETTYさん:そうですね。もちろんネットで見ることが全て悪いことではないですよね。

マーくん:そうです。そして、価格も大事な要素ですから。
それは前提ですが、ただ大事なところがカバーしきれないのが現状です。
結果的に、検索で引っ掛けて、あわよくばみたいな、そういうのはなかなかどうかなと思っているところなんで。

BETTYさん:よく「これを知らないと大損しますよ」という文句が出ていたりするんですけれども。

マーくん:そうですね。まあ、悪いとは言いませんが、やはり仕事としてやっていく上においては、
顔が見える業者さんを選んでいただくことは大事なことだと思います。
時間がかかるとしても、やはり新築で建てたときよりは打ち合わせは時間は少ないですからね。

 

大切な我が家の塗装工事は、
顔の見える業者を選びましょう。

 

BETTYさん:そうですよ。大事にしていきたいですね。「あれ?」とならないようにしないといけないので。
もちろんネットで調べていただいて、いろんな情報を入れていくことは大事ですし、訪問してもらって
顔をちゃんと見てお話することも大事ですし。それから、志賀塗装さんは特にイベントなどもやって
定期的に開催しているので、そういうところに自分で足を運んでみることも大事ですよね。

マーくん:はい。その分、やっぱりご自身に返ってきますので。足を運んだ分、情報量は比例しますので、大事だと思います。

BETTYさん:一個、一個、手順を省かない方がいいですね。

マーくん:そうですね、それはぜひお願いしたいところです。

 

小冊子を無料プレゼントします!

マーくんの塗り替え講座: 2017年02月07日放送分

BETTYさん:本日は、最近つくった本についてご案内があるということですよね。

マーくん:小冊子なんですが、1000冊つくってみました。本の題名は『屋根・外壁リフォームの正しい選び方BOOK』
と言います。

BETTYさん:『屋根・外壁リフォームの正しい選び方BOOK』。どんな内容なのか、教えていただけますか。

マーくん:タイトルで外壁の内容だということは分かるかと思うのですが、具体的には主に3つの点について書かれています。1つ目は、「塗装工事で確認すべき5つのポイント」。例えば、屋根や外壁に合わせて
どんな下地処理をするのか。水で洗ったり拭いたり、もしくは削ったりという作業があるんですが、
そういったお話や塗り替えの専門的な部分を分かりやすく書いています。
2つ目は、「塗り替えって、そもそも、みんな必要なの?」ということですね。

BETTYさん:うーん! すごい根本的な話ですね。

マーくん:例えば、「サイディング」という建材があります。「それは塗り替えなくていいんじゃないの?」とおっしゃる
お客さまもたくさんいらっしゃるんですね。でも、全ての建材について塗装工事は原則必要ですので。

じゃあ、なぜ必要なのかということですね。あるいは、「塗料にはどんな役割・特徴があるの?」ということで、
一昔前だとシリコン樹脂やウレタン樹脂だとかそういう樹脂の名前がたくさん出ていたんですが、
今はハイブリッド樹脂や遮熱塗料、光触媒塗料も含め、それはどこで使えばいいのか、
戸建ての住宅でやるべきなのか、アパートなのか、うちの家はやった方がいいのか。そういう塗料によって、
もちろんお値段もさまざまになってきたので、それを選ぶポイントについて3点ほど書いてあります。

BETTYさん:どれも本当に気になることですし、気にしなきゃいけないことでもあるんでしょうし、
大事なことばかりだと思うんですが、そのほかに、業者さん選びのポイントも書いてあるそうですね。

マーくん:そうですね。私どもも含めてなんですが、工事保証書の考え方や、どういった業者さんが一番親切というか、
まあ、皆さん、親切なんですが、3つ目は「業者さんを選ぶポイントや、見方」
について書かれています。全体で22~23ページの冊子で数十分で読み切れますので、
ぜひご活用いただければと思います。

 

小冊子『屋根・外壁リフォームの
正しい選び方BOOK』を
無料プレゼントしております。

 

BETTYさん:これは、志賀塗装さんでつくったということは、もうオリジナルなんですね。

マーくん:もちろん弊社のPRも入っていますので、工事実績や、どこの工事をいわき市内でやりましたよ
というのも入っていますが、完全オリジナル版でつくっております。

BETTYさん:普段、こういうことを考えて仕事をしているんだなということが全部分かっちゃう(笑)。
こちらの小冊子は料金はかかりますか?

マーくん:いや、これは無料で配布していますので、なくなり次第終了となります。今年から相談会で配っていまして、
今回はこのFMラジオをお聴きになった方で弊社へお電話をいただければ、郵送なり、担当者が
お宅までお届けに上がることもできます。

BETTYさん:欲しいときに、欲しいんですよね、こういうときって。

マーくん:そうですね。リフォームはタイミングが大事ですので、いくらいい話でもタイミングが来ないと
情報は入ってきませんので。

BETTYさん:そうですね、今、欲しいときに言っていただければということですね。
今回、その小冊子『屋根・外壁リフォームの正しい選び方BOOK』1000冊つくりましたということですので、
ぜひ、志賀塗装までお電話をしてみてください。
(お問合せは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

 

シーリング材打ち替えの注意点とは?

マーくんの塗り替え講座: 2017年01月31日放送分

BETTYさん:今日は、家の壁の隙間を埋める材料についてのお話ですよね。

マーくん:そうです。「シーリング材」といって、壁の隙間といいますか、今は外壁にサイディング板を
張ってありますが、サイディング板とサイディング板のつなぎ目、目地というんですか、
その部分に充てんして水が中に入らない処理をします。その防水材をシーリング材といいます。
今日はそのお話をしたいと考えています。

BETTYさん:シーリング材というのは、雨水が入らないように使う物ということですね。

マーくん:そうです。ですから、長期間防水性が保たれることがとても大事です。
雨が入ったら当然よくないことですから。長期的に劣化しないことが、さらに大事な要因
にはなってくるんですね。

 

シーリング材は、
長期間防水性が保たれることが大事ですが、
用途や色など、専門家に相談しましょう。

 

BETTYさん:小さいころ、そのシーリング材を塗っているところを剥がして遊んでいましたけどね(笑)。
やってはいけないことだったんですね(笑)。最近は、実験場ではありますが、30年たっても柔らかいという
シーリング材があると聞きましたが。

マーくん:そうなんです。今までは10年くらい経つとシーリング材がだんだん劣化してきて硬くなってくるんです。
柔らかいうちは当然柔軟性がありますから、地震で引っ張られても追従していく形なんですが。

BETTYさん:ゴムみたいな感じになっていますもんね。

マーくん:そうです。それが10年くらい経ってくると、どうしても硬くなってしまって、
最終的に割れが入るのが今までのシーリング材なんです。

BETTYさん:その割れのところに棒を突っ込んで…、そういうことはやってはいけなかったんですね(笑)。

マーくん:やってはいけないことをやっていましたね(笑)。

BETTYさん:子どものときによくやっていたなと、今、思い出したんですが(笑)。

マーくん:また、そのシーリング材の材質にもいろいろ種類があります。中には、塗装がその上に乗らないような
シーリング材もあります。当然、長く持つものがいいんでしょうけれど、そのほかに用途によっては、
いろいろな制限が出てきますので、そのあたりもきちんと把握した上で塗装する前のシーリングの打ち替えは
選んでいただきたいと思います。

BETTYさん:このシーリング材にもいっぱい種類があるということですね。長く持つ、30年たっても柔らかい物もあれば、
そのお家によっては、そういう物ではなくて、違う物の方がいいときもあるんですね。

マーくん:そうです。ですから、現場を見させていただいた際に、その家の外壁材によって、
どのようなシーリング材を使うかを検討します。塗装の際は違う色に塗り上げるわけですが、
次に塗る色と同系色でシーリング材も打ち替えることもできます。そんなところも気を付けていただければと思います。

BETTYさん:シーリング材のイメージだと、白しかないんですけど(笑)。

マーくん:そうですね。基本的には、白や薄いグレーですから、色はだいたい決まってはいるんです。
ただ、外壁の色に合わせてある程度色をつくることが可能です。ですから、そういう部分も前もって
打ち合わせさせていただきます

BETTYさん:そう思うと、進化していますよね。合わせてできるということですね。ぜひ、ご相談いただきたいですね。

「無機塗料」のメリット、デメリットとは?

マーくんの塗り替え講座: 2017年01月24日放送分

BETTYさん:最近のお話ですが、「無機塗料」という言葉を聞くことがあるんですが、
この塗料は、今までの物と違いがあるんですか。

マーくん:一言で言いますと、「とにかく長く持つ」ことに重点を置いております。
その耐久性が長いほかに、例えば、「汚れにくい」。万一の火災のときにも「燃えにくい」
という機能がありますね。

BETTYさん:すごいですね。まず、「長く持つ」こと。それから、「燃えにくい」ということ。
それから、「汚れにくい」ということ。これだけすごいメリットがある無機塗料はすごいですね。

マーくん:そうですね。「無機」といいますと、我々の身近にあるのはガラス、皿やお茶わんの陶磁器があります。
「無機」であるガラスや陶磁器は、割れはしますが、雨水にずっと浸されたとしても全く変化はしませんよね。

BETTYさん:そうですね、そういう意味では強いですね。

マーくん:「無機塗料」はそういうものが入っているんで、当然、強くなる、
長く持つという形になるんですね。
ただし、長持ちする半面デメリットもあります。

BETTYさん:メリットがあれば、デメリットもあるということで。

マーくん:このへんの区分で塗料は選択すべきだなと考えています。

BETTYさん:今、メリットの方だけ聞きましたので、「じゃあ、無機塗料の方がいいんじゃないか!」
と思ってしまいますが、もちろんデメリットもあるということですね。例えば、どんなことが挙げられますか?

マーくん:無機塗料は弊社でも使っていますので、実際に弊社の壁の脇を塗って実験しているんですが、
確かに今のどの塗料よりも長持ちして、汚れが出ない結果が出つつあります。ですが、無機塗料も
メーカーによっていろいろ出ているんですね。塗料というのは今、法律で規制がないものですから、
無機塗料自体が品質に大きなバラつきがあります。

BETTYさん:一言で「無機塗料」とは言ってはいるけれども。

マーくん:そうなんです。ですから、そのへんで「あ、無機だから持つんだな」という形で飛び付くのではなくて、
いろいろ聞いていただけたらなと思います。何回か言っているんですが、長持ちすれば一番いいのでしょうが、
「今後、そのお家をどのようにしていくか」によっていろんな選択肢があります。
例えば、今後子どもの部屋を
増築する予定がある方であれば、そんなに長く持たなくても、その時期が来るまである程度持って、増築した際にまた
全塗装する形になると思います。家族の生活のパターンによっても、その塗料の選び方はあるんじゃないかと思います。

 

「無機塗料」のメリット・デメリットを理解し、
自分の家に合った選択をしましょう。

 

BETTYさん:そうですよね。メリットがあれば、何に対してもデメリットはあるということですからね。
プラス、お客さまの生活環境によっても変わってくるのではないかということで。「無機塗料だから!」
といって飛び付くのではなくて、やっぱり診断をしてお家がどういう状況なのかを見てもらって塗装工事をする、
進めていくことがいいんでしょうね。診断やご相談は随時行っておりますので、ご連絡をいただければと思います。

 

 

つやを出したくない場合の塗装方法は?

マーくんの塗り替え講座: 2017年01月17日放送分

BETTYさん:今日は最近お客さまからいただいたご希望についてのお話ですね。

マーくん:そうです。塗料のお話ですが、お客さまから塗り替えする際に全くつやを出さないで
塗りたいというご希望がありました。

BETTYさん:塗装って塗り終わったばかりだと、ピカピカのツヤツヤのイメージがありますが、
全くつやを出さないで塗ることも可能なんでしょうか。

マーくん:はい。結論から申し上げますと、可能です。和風のお家はどうしても落ち着かせたいイメージがあるので、
ピカピカのツヤツヤというイメージが合わないと言われる方も多いんですね。ですから、そういう和風のお家は、
最初から落ち着いたイメージにするためにつやを消すことはあります。

BETTYさん:でも、つやがなくなると長く持たないという話も確か聞いたことがあるのですが。

マーくん:そのとおりです。確かにつやを消しますと耐久性は落ちますね。

BETTYさん:やっぱり落ちるんですね。

マーくん:つやの消し方といいますのも、例えば、普通のつやがあって、7分艶といって70%くらいのつやを出す方法。
あと、5分艶といいまして、半分のつやを出す方法。あと、3分艶といって、30%くらいのつやを出す方法。
つや消しといって、つやをまるっきり出さない方法。このようにつや消しにもいろいろな方法があるんです。
ですから、最初からつやを消すこともできますし、そういう商品も今はあります。どうしてもつやを消すと
7分、5分と落とすと耐久性は落ちるんですが、最近はそういうご要望もあるので、最初からつやを消した状態の塗料も
出ています。そういう物は耐久性もあります
から、そちらを選んでいただくと間違いはないと思います。

BETTYさん:今まではそういう物が少なかったわけですね。最初からつやなしの塗料が少なかったわけなんですね。

マーくん:そうですね。「つやを消す」というイメージになるので、どうしても耐久性がそこから落ちてしまっていたんですね。
あと、太陽が当たってピカッと反射することによって耐久性が出ているイメージは分かりますよね。

BETTYさん:分かります。「耐えている!」という感じがしますもんね(笑)。

マーくん:そのとおりなんです。ただ、最近はそういう新しい商品で、最初からつやを消して、そういう要望に
応えるような塗料も出ています。ですから、ご希望どおりの工事が可能になるご提案はできる
とは思うんですね。

BETTYさん:なるほどね。やっぱり相談することももちろんですが、住宅が今、どういう状態なのか、自分の家が
どういう状態なのか診断してもらうことも、その塗料で大丈夫かということもありますもんね。

 

自分の家がどのような状態なのか、
つや消しの塗料が使えるのか、
きちんと診断してもらいましょう。

 

マーくん:そうですね。ですから、お客さまのご要望を聞きながら、実際に現場を見させていただいて、
そういう塗料が可能かどうかきちんと出していただくことが大切な部分かなと思うんです。

BETTYさん:確かに和風のお家だとつやが消された状態で、しっとり塗ってあるとすてきな感じがしますもんね。

マーくん:もともと新築のときに、リシン吹きといって、和風調の吹き方があるものですから、そういう形で目が
それに慣れていますので、ピカッと光るのが嫌だという方がいらっしゃいますね。

BETTYさん:抵抗があるんですよね。それは分かる気がします。

マーくん:ですから、こういうつやや、特に色を選ぶ際に、業者さんにA4版くらいの
大きい塗板で何パターンかつくってもらって、実際に自分のお家の壁に並べてみて、どれが一番しっくりいくのか
前もってきちんと選ぶことが一番大切
なことだと思います。

BETTYさん:色の見本って、2センチくらいですもんね(笑)。

マーくん:そうなんですよね(笑)。そんな小さい物ではやっぱりイメージが付かないと思うんで。
ですから、やはり大きめになると2センチくらいの物とはイメージが変わってきますから。つやもそうですし。

BETTYさん:確かに変わりますよね。そういうことも相談してほしいですね。

IHを設置したい方にも喜ばれるリフォーム相談会

マーくんの塗り替え講座: 2017年01月10日放送分

BETTYさん:早速ですが、お正月が明けてからリフォーム相談会が1月7日、8日、9日 の3日間で開催されましたよね。
イベントはどうでしたか?

マーくん:おなじみのクリナップのショールームをお借りして、第65回「リフォーム相談会」を開催いたしました。
珍しく3日間の相談会だったんですが、延べ200人近い方々にご来場いただき
、大変感謝しております。

 

第65回「リフォーム相談会」を開催しました。
今回も多くの方にご来場いただきました。

 

 

BETTYさん:お正月が終わっての連休ということもあって、行きやすかったこともあるんでしょうね。

マーくん:そうですね。ただ、成人式と同じ日でしたので「どうかな?」とは考えていたんですが。

BETTYさん:でも、それだけの来場数があったのは良かったですよね。

マーくん:大変ありがとうございます。住宅のリフォームはタイミング、「ここ!」と思ったときのタイミングに
このような相談会が開催されていることが大切
だと思うんですね。このような形でクリナップのショールームを
お借りするのは15年前くらいから開催しているものですから、定期開催のイベントという形でお客さまにとっても
今回は良かったのかなと。また、次回は3月に、改めてクリナップのショールームをお借りして、今度は2日間になる
とは思いますが開催いたします。またこれも近くになりましたらPRさせていただきたいと思います。

BETTYさん:本当にタイミングですよね。「今だ!」と思ったときに、そういうイベントがやっていると
「ちょっと寄ってみようかな」という気持ちにもなるでしょうしね。それから、お正月って、年頭って、
やっぱりいろんなことを考える時期ではないですか。「今年こそはリフォーム!」「今年こそは直すぞ!」
と思っている方もいらっしゃるかもしれない(笑)。

マーくん:年頭に思われる方は多いと思います。

BETTYさん:だから、3日間で多くのお客さまにお越しいただいたということなんでしょうね。今回、
いつもと違うご質問もあったということですが、どのような質問だったんですか。

マーくん:いつもですと当然塗装会社なので、外壁の塗装や水まわりのお風呂やキッチンのお問い合わせが
多いんですが、今回はIHクッキングヒーターを使用した料理教室も2日間開催していましたから、
「IHクッキングヒーターをどんなふうに使えばいいのか?」という質問のほかに、今回も東北電力さんと
協力させていただいて、「IHクッキングヒーターを購入する方法」についてご紹介いたしました。
お金を出して購入するという形もあるんですが、リースでお貸しするという購入方法も
あったので、
結構お役に立てたのではないかなと思います。

BETTYさん:気になるところですよね。どういうふうに買った方がお得なのかとか。

マーくん:はい。非常にお得な情報だったので、次回の3月には拡大してお伝えしたいと考えております。
それと、今回はIHクッキングヒーターを使うだけではなく、ガス台やIHクッキングヒーター部分や換気扇、
シンク周りのお掃除もご紹介させていただいて、奥さま方には大好評でした。

BETTYさん:お掃除に来てもらうということですか?

マーくん:いえ、こんなふうにお掃除したらきれいになるという講習です。

BETTYさん:あら、優しい講習ですね。掃除を頼んじゃうとか、そういうことではなくて、
自分できれいに掃除できる方法を教えていただけるんですね。

マーくん:そうです。当社ではそういう便利屋さんみたいな事業で、お掃除する部門もあるんですが、
あえて、自分でこうやると汚れが落ちやすいというコーナーもつくったものですから。

BETTYさん:IHクッキングヒーターを使っていて、もちろん吹きこぼれもあるではないですか。そうすると、
ちょっとシミみたいになっちゃって、「あれー、取れないなー」とか、いろんな悩みがありますので。

マーくん:あと、どうしてもシンク周りなんか、水アカがつくので、そんな水アカが簡単に落とす方法とか、
そういうのは結構お客さまは喜んでいらっしゃったみたいですね。

BETTYさん:知りたいなと思っている方も、今、放送を聴いていても多くいらっしゃると思いますので、
今後もこの相談会では東北電力さんなどのご協力をいただきながら、IHクッキングヒーターやいろいろな情報も
出していく感じですか。

マーくん:そうですね。次回も3月にやりますし、年間に5回くらいの予定を組んでいますので、
そのほかに東北電力さんのご協力をいただきながら、IHクッキングヒーターやエアコンなどの購入方法や、
リースでの購入方法など、そういう部分をお勧めしていきたいと考えています。

 

IHクッキングヒーターの購入方法は
いくつかあります。

 

BETTYさん:いろいろなことを考えて、また新しいことも付け足しながらやっているイベントですからね。
いつ行っても、新しいことに会えそうな気がしますね。

マーくん:そうですね。やはり悩みも多様化していますので、その都度、新しい情報を提供していきたいと考えております。

BETTYさん:1月の3日間、おつかれさまでした。次は3月ですね。楽しみにしています。

マーくん:ありがとうございます。

相談会ではIH料理教室を開催します!

マーくんの塗り替え講座: 2016年12月27日放送分

BETTYさん:今日は年内最後の営業日なんですよね。

マーくん:そうですね。年始めは1月4日からの営業となります。

BETTYさん:年始めに定期相談会があると伺いましたが。

マーくん:第65回のリフォーム相談会が定期開催されます。

BETTYさん:ただ、定期開催なんですが、今回はいつもの定期開催とはちょっと違うんですよね。

マーくん:いつもと違う点がございまして、まず日程が1月7日・8日・9日の、3日間通しで開催いたします。
14~15年ぶりに3日間開催ということで、土日ではタイミングが合わないという方も、9日の祝日にお越しいただくことも
できます。また、今回から東北電力いわき営業所様との協賛となっていますので、簡単ではございますが、
IHの料理教室が開催されます。
もちろんこれから買われる方やご検討中の方は、料理教室が
一番参考になると思うのですが、既に買っているのだけれどもうちょっとうまい活用法はないかなとか、
使用方法について素朴な疑問があれば、そのときにまた来ていただくととても役に立つんじゃないかと思います。

BETTYさん:私も実際IHはそういう料理教室で教えてもらって、水がどう沸くんだよとか、そういうことも教えてもらえて、
「あ、こんな使い方もあるんだ」というのが分かりましたね。

マーくん:そうですね。IHもいろいろな使い方のコツがありますから、そういったのをご理解いただくと、
ガスや電気も選択できると思うんですね。

BETTYさん:そうですね。「IHだからこそできること」もありますもんね。

マーくん:はい。もちろんオール電化として、ガス給湯器に代わるエコキュートも出ていますが、そういったIHにせよ、
エコキュートにせよ、知識を得ておけば、補助金も含めまして電気料金の節約にもつながります。
もちろん相談会というのはすぐにリフォームをしたい方が来られるんですが、そのような方ばかりではなく、
何らかの形で将来的にリフォームをするときに、このような機会に知識を得ておけば大変役に立つと思います。
ぜひ、多くの皆様にご来場いただければと思っております。

 

東北電力様との協賛で、IHの料理教室が開催されます。

東北電力様との協賛で、
IHの料理教室が開催されます。

 

BETTYさん:そうですね。しかも、おいしいものも試食できそうな予感がしますね。

マーくん:今回はチョコレートフォンデュも作りますし、日によってメニューが違っていまして、
そういった軽いおやつの作り方もやっています。

BETTYさん:IHもそうですけれども、電気とガスを両方使いたいというおうちもあるでしょうしね。

マーくん:そうですね。ですから、今、いろんなキャンペーンを東北電力さんの方もやっていますので、それをきっかけ
として切り替えをするとか、勉強をしてみてもいいですよね。電気料金というのは毎月かかってくるものですから・・・。

BETTYさん:そうです、力を込めて言いますけど、そうです! そうなんです(笑)。

マーくん:そういう意味においては、こういうところで知識を得ていくことは大事ですね。

BETTYさん:そうですね。この1月7日・8日・9日の3日間行われる相談会ですが、場所はどちらでの開催になりますか。

マーくん:場所はクリナップいわきショールームで行います。

BETTYさん:鹿島街道を平方面から小名浜方面に走らせると鹿島町右側になります。すごくすてきな建物ですよね。

マーくん:駐車場もすごく広いので安心して止められますので。

BETTYさん:ぜひ、奥の方まで止めていただきたいと思います(笑)。1月7日・8日・9日、もちろんどなたでも無料で
見ていただけるんですもんね。

マーくん:はい、どなたでも無料ですし、朝10時から夕方5時までショールームはオープンしております。

BETTYさん:そのときは志賀塗装さんのスタッフも結構たくさんいらっしゃるんですよね。
何でも相談に乗っていただけますので、顔を見てお話しするのも安心感がありますからね。

マーくん:そうですね、それが相談会のメリットの一つだと思っております。

BETTYさん:ぜひ、お出掛けになってください。

 

定期的に開催している相談会をご利用ください!

マーくんの塗り替え講座: 2016年12月20日放送分

BETTYさん:今年もあとわずかになってきましたが、年内は何日まで営業ですか。

マーくん:12月27日(火)まで相談やお見積もり受付をしております。

BETTYさん:27日までばっちりやるわけですね(笑)。相談やお見積もりは、まだ受付可能ということですよね。

マーくん:もちろんです。リフォームはやっぱりタイミングが一番大事ですし、思い立った時に
情報を集めたり、合い見積もり先を探したり、あとは家族で話し合ったり、いろんなステップがありますので、
すぐにできるというものではなかなかないですよね。なので、どんな小さなことでも結構です。
「来年、考えているんだよね」なんていう方でも結構ですので、ぜひご相談していただけるとうれしいです。

BETTYさん:素朴な疑問ってあると思うんですよ。「ちょっと台所、直したいんだけど・・・」とか、
「水まわりのリフォームって高いのかしら? 安いのかしら?」みたいなね(笑)。

マーくん:そうですよね、気になるところですよね。

 

リフォームはタイミングが大切です。素朴な疑問やご不明点など、お気軽にご相談ください。

リフォームはタイミングが大切です。素朴な疑問や
ご不明点など、お気軽にご相談ください。

 

BETTYさん:だから、それがもし安かったら今すぐやりたいとかね、高い場合はもうちょっと貯金してからやりたい
とか(笑)、あるかもしれないですもんね。それぞれのご事情もあるでしょうからタイミングが大事なんですね。
志賀塗装さんは、その気持ちを大事にして、いつも定期的に「相談会」というイベントを開催していますよね。

マーくん:そうなんです。来年の年始めも、新春初売りということで、第65回になります
「リフォーム相談会」をクリナップいわきショールームで開催します。

BETTYさん:もう65回目ですか! 本当に定期的にやっていただいているので、「じゃあ、次行こうかな」
「今回行こうかな」と考えられるのがいいですね。

マーくん:ありがとうございます。そう言っていただけるとうれしいです。

BETTYさん:今回は3日間ですか? 3日間というのはいつですか。

マーくん:1月7日(土)、8日(日)、9日(月・祝)の3日間となります。

BETTYさん:すごいですね! 3日間も! いつもは2日間ですよね。3日間ということでめでたい感じがしますね。
お正月って感じが(笑)。

マーくん:そうですね。たくさんの特典もご用意していますんで、ぜひ。

BETTYさん:クリナップいわきショールームですよね。鹿島街道沿いですもんね。こちらは参加は無料ですよね?

マーくん:はい、もちろん無料です。中も無料でご覧になれますので、ぜひ、遊びに来てください。

BETTYさん:初売りですし、いいものと出会えそうな気がしますね。

 

塗装工事やリフォームは、近くて安心な地元の業者へ依頼を!

マーくんの塗り替え講座: 2016年12月12日放送分

BETTYさん:今年も年末のイベントチラシがいろいろと入っていますけれど、志賀塗装さんでは今月は何かありますか?

マーくん:今月は契約した工事の年内完成を第一に進めています。塗装工事というのは1軒の塗り替えに
2週間ほどかかりますので、丁寧に進めている段階です。

BETTYさん:「お願いだから年内に完成させてください」という方がね(笑)。

マーくん:そうですね、そちらを優先させていただいています。

BETTYさん:本当に多くいらっしゃるのが想像できますね。

マーくん:そうですね、案件はもう年明けからの話になっていますんで。

BETTYさん:いいお正月が迎えられるようにということで、今、工事を頑張っているということですね。最近、いろんな
地域の会社から塗り替えのチラシが入ってきているとも聞きますが、これはどういうことなのか教えていただけますか。

マーくん:ご承知のとおり、東北地方の中でもいわきは大変気候に恵まれている地域になりますよね。
いわきは雪がほとんど降らない地域で、気温も氷点下というのは一部の地域でしかないものですから、
冬に工事ができるというのは、ほかの地域の会社にとっては魅力的ですし、特に郡山やお隣の茨城県からも含めて、
さまざまな業者さんが増える時期なんですね、相談会も開催していますし。

BETTYさん:本当に天気いいですもんね。

マーくん:今、塗装工事も塗料も進化していまして、季節を問わずほぼ問題なく施工できるのですが、やっぱり一部、
氷点下とか、急激に夕方に冷え込む時期は避ける地域もあるんですね。それでもいわきは全く問題なくできますんで。

BETTYさん:本当にいい地域に住んでいるんですね、我々はね。

マーくん:そうですね、日本中でもすごくいい地域だと思いますね。

BETTYさん:いろんな地域の業者さんが増えるということは、我々消費者にとってはいいことなんですか?

マーくん:ところが悩ましい部分もあります。選択肢が増えるとか、もしかしたら変わった塗料を塗り替えに使えるとかは
あるかもしれませんが、塗装や水まわりなどのリフォームに関しては、定期的なメンテンナスが前提として
大事
なんですね。塗装ももちろん雨漏れを止めるためにやるのですが、万一、揺れとか、隙間ができたときとか、
あるいは水まわりですと詰まりや、何らかの状況でガスコンロがつかないとか、そういう不具合が起きたときに
やっぱりすぐ行けることが大事
ですので。

そうなってきますと、冬だけいわきで頑張って営業しようというのはあり得る話なんですが、
そのメンテナンスのリスクというのはほかに持っていくことになりますので、なかなか悩ましいと思います。

BETTYさん:冬だけいわきに来てお仕事をされることが悪いわけではないけれども、やはり塗装や水まわりとなると、
その性質上、メンテナンスが必要となることが多々ありますからね。

マーくん:そうですね、当然メンテナンスはどの会社さんでも定期的に行うということは、
今常識になっているんですけど、やはりお住まいから近いことはイコール安心ということになると思います。

リフォームにおいてはまだまだそこが大事なポイントですので、まあ、地元の会社より一生懸命やっていますよ
という会社さんは当然あるんでしょうが、特別な事情がなければぜひ地元の業者さんやリフォーム会社さんに、
もちろん弊社も含めてですが、依頼していただければありがたいなと思います。

BETTYさん:何かあったらすぐに飛んできてくれますからね、その安心を取るか、それとも、ということですよね。

 

塗装やリフォームのご依頼は、近くの地元の業者さんが安心です。

塗装やリフォームのご依頼は、
近くの地元の業者さんが安心です。

 

マーくん:そうですね。特に年内となってしまうと、すぐできそうな勢いで契約したら年明けだったとか。弊社ですと、
年明けも含めてイベントを定期的にやっていますが、毎月の開催ではありませんので。そうなると12月がないと次が
1月となるんですが、定期的にやっているときに合わせていただければ幸いかなと思います。

BETTYさん:そこで面と向かってご相談できますからね。顔を見てお話ができることもとてもいいことですよね。

マーくん:近いことが一番安心であるというのはキーポイントかなと思っております。

BETTYさん:ということで、いろいろなチラシは入ってきていますが、特別な事情がなければ地元の業者さんを
ぜひ応援していただけたらということですね。

志賀塗装 平店では、クリア塗装のサンプルを目で見て確認できます!

マーくんの塗り替え講座: 2016年12月06日放送分

BETTYさん:今年もあと1カ月を切りましたね。

マーくん:そうですね、もう年内工事がいろいろあります。

BETTYさん:やっぱり年内に完成を目指しているところはたくさんあるわけですよね。

マーくん:そうですね、やっぱり年をまたぐよりは年内に終わらせたいなという方がたくさんいらっしゃるでしょうし、
我々もそのようにしていきたいと思っています。

BETTYさん:先週も伺いましたけれども、引き続き、リニューアルオープンしている平店の話題ですが、
今日はどのようなお話しでしょうか。

マーくん:先週は塗装の平米数の出し方や単価の問題のことも、平店へ来るとすぐ分かりますというお話をさせて
いただきました。今週は、平店の店内に無色透明なクリアフッ素塗装の展示があるというお話しをしたいと思います。
現在サイディングの建材を外壁材に使っている人はぜひ聞いてほしい内容ですね。

BETTYさん:「サイディング」というのは、普通の塗り壁ではないんですよね。

マーくん:そうです。工場で色を着けてきたり、パターンを付けてきたり、まるでレンガのように
デコボコになっていたり、カラフルなグラデーションになっていたりなど、そのようなきれいな外装材を
一般的に「サイディング」と言っております。

BETTYさん:そのサイディングの住宅が今はどのくらいあるんですか。

マーくん:住宅の7割以上がサイディングの建材に変わってきております。

BETTYさん:じゃあ、もう本当によく聞いておいていただきたいですね。

マーくん:そうですね。1990年に建てられた住宅(今から25~26年前)と、それから2000年に建てられた住宅
(今から16年前)、これらがちょうど塗り替え時期にかかってきます。ですから、1990年から2000年には
非常に多くの軒数が建ったんですが、そのうちの7割がサイディングの建材
なんですね。

それが今、2016年以降、塗り替えや張り替えのピークになってくるので、今後サイディングに
関しての塗り替えの情報が非常に大事になってきます。やはりトラブルも非常に多いものですから、そのあたりの情報も
今後は提供していきたいなと思っているところです。

BETTYさん:では、最も重要なことは、どんなことなんでしょうか。

マーくん:サイディングには、「直張り工法」と「通気工法」という2つの工法が主にありまして、
現在、ここ数十年は通気工法のみで施工されているんですね。
その前までは通気工法も直張り工法も
法律的には両方オーケーだったんですが、その工法によって、塗装の仕方や材料が変わってきます。

それを考慮せずに何となく塗ってしまうと、塗って2~3年で剥がれたり、膨れたりしてしまうんです。
そうなるとやっぱりガッカリしますよね、お金もかかっていますから。

BETTYさん:そうですね、「それはちょっと勘弁して」って思いますよね。

マーくん:そういったことが、まだいろいろと取り上げられていませんが、弊社の施工していく中においては、
お客さまから事例が出てきていますので。

BETTYさん:ないわけではないんですね。

マーくん:ないわけではないですね。増えてくると思います。

BETTYさん:そういう場合は、どうしていったらいいんでしょうね。

マーくん:まずはインスペクション(住宅の劣化診断)をして、自分の家の工法がどちらの工法かを
確認します。
まあ、図面でも確認はできますが、現時点でその建物にカビや、何か腐っている
状況があるかどうかなど、目視でそういうものを確認し、業者さんと打ち合わせをしていく。
それで材料や工法を選択していく
ということです。

BETTYさん:塗り替えや張り替えの時期にちょうど来ている方というのは、特に今、見ていただきたいですよね。

マーくん:そうですね。全部が全部張り替えでなくてもいいんですね。例えば、西日が強いエリアだったり、
東の方だったり。あるいは、北面だけを張り替えて、残りの3面を塗装工事でいくとか、そういうことも予算や
緊急度に応じて対応できます。なにぶんにおいても劣化診断をした上での話だと思います。

BETTYさん:無色透明なもの、フッ素のクリアというのはどういう物なんですか。

マーくん:塗装の含量が入っていない樹脂だけでつくってある塗料です。こちらは築年数が
10年未満の方々にお伝えしたいことなんですが、それを塗ると、もともとサイディングには色が着いていますので、
そこに車のコーディングのように無色透明な物をかけるとグーンと長持ちするんですね。

ですから、サイディングを選んでいる方々というのは、このデザインを気に入って新築のときに買われていますので、
一般的には15年、20年で改修や張り替えの時期にはなるんですが、少し早めの築8年から7年で無色透明な
クリアフッ素塗装をやると、その色が20年以上持つということですね。
だから、塗装工事の仕方が全く変わってくると思いますね。

無色透明なクリアフッ素塗装は、もともとのサイディングの色やデザインを活かすことができます。

無色透明なクリアフッ素塗装は、もともとの
サイディングの色やデザインを活かすことができます。

BETTYさん:それは建てたときに一緒にやる方もいらっしゃるんですか?

マーくん:一番いいのはそこがベストです。足場もありますしね。

BETTYさん:あ、そうですよね(笑)

マーくん:ええ。もうかなりそれはいいんですが、新築のときはいろいろ打ち合わせ事項が多いでしょうから、
外壁のクリア塗装までの話に行かれる場合は少ないかと思うんですよね。

BETTYさん:でも、本当はそれがおすすめなんですね。なるほど、いいこと聞きました(笑)そういう相談なども平店の方で
行っているということですね。

マーくん:そうですね。実際15年、20年でやった場合の塗装と、8年以内にやった場合の塗装サンプルも
置いてありますので、目で見て感じることもできます。

BETTYさん:ぜひ、情報源としてご覧になっていただければと思います。また、これから新築を考えている方にも
参考にしていただきたいですね。ぜひ、まずは情報を取りにきていただければと思います。

志賀塗装へのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら
  • 資料請求
  • 無料診断お申込
  • 無料見積り依頼
お電話でのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-4116-99(受付時間:午前8:30〜午後8:00)

お問い合わせ後に、無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。