春の時期、羽アリを見つけたらすぐ診断を!

マーくんの塗り替え講座: 2018年04月10日放送分

BETTYさん:この時期に行ってほしい点検についてお話があるということですね。

マーくん:そうです。先週の相談会からご提案させていただいているんですが、
この4月、5月はシロアリを発見しやすい時期なんです。

BETTYさん:4月と5月はシロアリが見つかりやすいんですか?

マーくん:そうなんです。4月、5月となると桜の季節かなと思われるんですが、
桜が咲くと「あ、シロアリの時期だな」というふうに私たちは感じるんですけど(笑)。

BETTYさん:職業病ですね(笑)。

マーくん:そうですね(笑)。非常に活発に動き回る時期ですので、
探そうと思うと意外と簡単に探せるんです。

シロアリは幼虫のときに木材の中に入って食い荒らして
被害を大きくするんですけど、それが4月、5月に成虫になって、
羽を持って、羽アリの姿で出てくる
んですね。

そうしますと、今の時期から7月ぐらいにかけて、集団で高いところに
一斉に上っていきまして、そこから羽アリが飛びだっていくんですね。

サッシ周りに羽アリがいたり、大量の羽が下に落ちていたりすると、
「あ、うちにはシロアリがいるな」ってなるんですね。

BETTYさん:鳥肌が立ちましたけれども(笑)・・・。

マーくん:その辺を注意して、今の時期でしたらご覧になっていただければと思います。

BETTYさん:シロアリって柱や土台を食べてしまいますから、家にとっては大敵ですよね。

マーくん:大変ですよね。シロアリって、昔からいるみたいなんです。
腐った木を分解して、森のリサイクルに役立っていた、すごく立派なものだったんですね。
ただ、住む家についちゃうと、いろいろと面倒なことになりますので。

BETTYさん:今住んでいる家を破壊されると困りますよね。

マーくん:そうですね。ですから、シロアリや羽アリを見たときには、
それを防止すべく、インスペクション(住宅の劣化診断)をさせていただければ
ありがたいなと思っています。

 

サッシ周りに羽アリがいたり、大量の羽が
落ちている場合、シロアリがいる可能性も・・・。

 

BETTYさん:インスペクション、住宅劣化診断で、シロアリを発見することはあるんですか?

マーくん:はい、ございます。普通は土台や床、畳の裏、床に面する部分を
食われるケースが多いのですが、中には、1階の柱をずっと上がって、
真ん中の梁ですとか、2階の柱まで食うようなことがあります。

BETTYさん:ずいぶん食欲旺盛ですね。

マーくん:そのときは、2階が雨漏りしていたので、柱等に湿気があったものですから、
シロアリが2階まで上がってしまったんです。
そうなると、どうしても多額な工事費がかかってきますし、それだけ柱や梁が
食われる形になると、住宅の耐久性にも影響が出てきます。

BETTYさん:弱い家になっちゃいますもんね。

マーくん:そうですね。なかなか見る機会はないと思うんですが、
指がズボッと柱に入るくらいボロボロになってしまいますので、
本当に耐久性どころではないんですよね。

BETTYさん:そうでしょうね・・・、指でズボッって、障子に穴を空けるみたいな。

マーくん:そんな感じなんです。腐ってしまうとそうなりますので、
その辺は十分に気を付けていただければと思います。

BETTYさん:この4月、5月、春先の時期はシロアリが活発に動き出す時期
ということで、発見しやすい時期でもあると。
住宅の劣化診断をされる方は、こちらも注意していただけたらなということですね。

マーくん:そうですね。また、来週半ばぐらいにはなると思うんですが、
シロアリ診断のチラシを入れる予定ですので、そのチラシを見掛けた場合は、
ぜひ、ご連絡いただければと思います。

BETTYさん:気になる方、「あれ? うち、羽アリいたけど・・・」なんて方は・・・。

マーくん:そういうときは、即! ご連絡をいただきたいですね。

BETTYさん:羽アリって、シロアリなんですよね。

マーくん:シロアリの幼虫が木材の中で育って、それらが程度大きくなって
成虫になると、羽を持って羽アリになるんですね。

BETTYさん:虫のこと、詳しく知らない方は、羽アリとシロアリは
違うものだと思っているかもしれないですもんね。

マーくん:そうですね。姿を変えてくるものですから。

BETTYさん:姿を変えて(笑)・・・、厄介ですね。

マーくん:そうですね。そういうことで、私どもは床下のシロアリの検査や
診断を無料でやらせていただいています。
検査をして何もなければお客さまは安心でしょうし、シロアリなどの問題があった場合は、
無料でお見積もりまでさせていただきます。

BETTYさん:分かりました。「もしかして・・・」と思ったら、
志賀塗装さんまでご一報いただければと思います。

(お問合せは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

補助金を活用したい方。まずは施工業者へ相談を!

マーくんの塗り替え講座: 2018年04月03日放送分

BETTYさん:いよいよ4月5日木曜日、6日金曜日の2日間、
TOTOいわきサテライトショールームでのイベントが開催ということですが、
準備の方はいかがですか?

マーくん:日曜日開催と違って、曜日が新鮮なだけにならないように、
充実した内容になるよう準備をしているところです。

BETTYさん:「土日になかなかお休みが取れなくて行けない」
というご意見があったそうですもんね。

マーくん:そうですね。日曜日が休みの方だけではないので。

BETTYさん:今回は平日の開催ということで、5日、6日の2日間に行われます。
チラシを拝見しますと、いろんな補助金のご案内もされているようですね。

マーくん:はい。4月になりましたので、
例えば、最大300万円もらえる補助金があるとか、金額だけだと50万円、100万円と
あるんですが、いろんな補助金が出ています。
まあ、補助金、補助金というのもなんですが・・・。

BETTYさん:でも、知らないよりは知っていた方がいいですよね(笑)。

マーくん:そうですね。きちんとその趣旨に合っていれば、
十分に活用いただいた方がいいと思います。

このような補助金には予算がありますので、どうしても後になってしまうと、
予算がなくなり間に合わなかったという事例があるんです。

例えば、国の補助金になると全国規模で受け付けていますので、
金曜日の時点でオーケーだったとしても、月曜日にホームページを見ると、
もう終了ということも過去にありましたので。

BETTYさん:抽選のものもありますけど、早い者勝ちのものも多いですもんね。

マーくん:ええ、「採択」という言葉を使って、趣旨に合っているかどうかを
吟味し、補助金の額を決めていく方法もあるんですが、補助金の種類によっては、
条件を満たしているかどうかは施工業者で判断をする場合もあります。
受付順の場合もありますので、お早めに確認していただければと思います。

 

補助金の種類によっては、受付順の場合も
あります。まずは早めに業者さんに確認を!

 

BETTYさん:なんか、もったいないですよね、知らないまま過ぎていっちゃうのはね。

マーくん:そうですね。弊社も定期開催のイベントで情報提供をしているんですが、
やはりそのはざまで来られる方や、補助金終了直後に問い合わせをいただいたりなど、
もうどうしょうもないということが多々あります。

BETTYさん:でも、かわいそうと思っちゃいますよね、もうちょっと早かったら(笑)。

マーくん:そうですね。その補助金が来年もあるとは私どもも言い切れませんので。

BETTYさん:そうですね、確かにそれは言い切れないですよね。
でも、4月から新年度がスタートしたということで、
また新たに予算を確保した補助金があるということですね。

マーくん:そうですね。いろいろとスタートしています。

BETTYさん:そのご案内も、今回、イベントにお越しいただいた皆さんに
お伝えできるということですね。
これは、本当に今だったらお得になるという場合もあるということですもんね。

マーくん:そうですね。特に4月から既存住宅の売買に限りなんですが、
インスペクション(住宅の劣化診断)が義務化されたこともあり、
そういった背景でいろんな補助金が細かく動くようになってきています。

そういったインスペクションについても、我々も社内でマニュアルを整えたり、
環境も整備しておりますので、リフォームにも使っていけると思います。

BETTYさん:その住宅の劣化診断が、既存住宅の売買のときに義務化された
ということも、知っていると知らないのでは、それも補助金が出ていたり、
出てなかったりあるでしょうからね。

マーくん:そうですね。多くの補助金はそこがポイントだったりします。
あと、既存住宅のインスペクションが、リフォームの方の最初の見積もり依頼のときに
使えるインスペクションにもなります。
弊社ですと、塗装工事や防水工事、シロアリ検査に使っています。

BETTYさん:そういう話も実際に会場に足を運ぶと、詳しくお聞きすることもできますよね。

マーくん:そうですね。やっぱり定期的なイベント開催の目的というのは、
一番身近なリフォーム相談窓口であるということなんです。

リフォーム相談窓口が足りない、相談したいときにどこに相談すればいいのか
分からないというお声をお客さまからいただいていますので、
我々がこういう相談会を定期的に開催することで、もしかしたら今月、
来月ということでタイミングが合った方にお越しいただければと思っています。

BETTYさん:志賀塗装さんでは、小さい話でも、大きな話でも、
どっちでも相談に乗っていただけますからね。
疑問に思っていることはぶつけてほしいですよね。

マーくん:そうですね。弊社には便利屋スタッフもいますので、
そういうリフォームじゃないんだけど、修繕、まあ、草むしりから電球の交換まで
専任のスタッフがおりますので、ご予約いただいてご利用いただける仕組みになっています。

BETTYさん:社名に「塗装」と入っているから、塗装だけをやっている会社さんなのかな
と思うかもしれないですけど、そんなことないんですよね(笑)。

マーくん:そうですね。塗装をされるお客さまの家というのは、
同時にいろんなものが気になってくるんで、こういう相談会に来ていただいて、
もちろん塗装工事からやる方もいらっしゃれば、そういった修繕からやる方もいるかと思います。

BETTYさん:一番身近なリフォーム相談窓口です。ぜひ、お出掛けになっていただければと思います。

 

「週末では予定が合わない」という方のために・・・

マーくんの塗り替え講座: 2018年03月27日放送分

BETTYさん:早速ですが、4月開催の相談会は、いろいろと工夫があるそうですね。

マーくん:まず、今回のリフォーム相談会は平日に開催いたします。

 

4月5日(木)・6日(金)の2日間、
リフォーム相談会を開催いたしました。

 

BETTYさん:いつも土曜・日曜の開催だったと思いますが、お日にちはいつになりますか?

マーくん:4月5日(木)・6日(金)の朝10時からの2日間の開催となります。
場所は、常磐にございます、TOTOいわきサテライトショールームで行います。

BETTYさん:平日の開催はかなり珍しいですよね。

マーくん:そうですね。お客さまから、「週末では予定が合わない」というご意見があったんですね。
いろいろ相談したいことがあるけれど、週末は休めないというお客さまがいましたので、

そういう方の相談窓口になれればという形で、今回は平日になりました。

BETTYさん:実際に私自身も土日はなかなか休めないですし、平日の方が行きやすい人も多いんじゃないですかね。

マーくん:多いと思いますね。サービス業の方は土日がかき入れ時だったりしますよね。

BETTYさん:そういうご意見もあったということで、「今回は平日でいくぞ!」となったわけですね。
では、この4月5日(木)・6日(金)に開催される相談会ですが、見どころはどういったところですか?

マーくん:学校が春休み時期なので、お子さま向けにドローンの体験会をさせていただこうと思っています。

BETTYさん:へー! それは絶対人気が出ますよ(笑)。

マーくん:こちらの番組でも話をさせていただいていますが、
屋根の勾配がきつかったり、上がると危ないようなところにドローンを使い、
屋根の状況を撮影して診断書としてお客さまに渡すという取り組みを始めます
ので。

BETTYさん:皆さん、ドローンの研修に行かれていますもんね。
その流れで今回、ドローンの体験会もできるようになったということですね。

マーくん:そうですね。ですから、ご自由にドローンを体験していただきたいと思っています。
あとは、カレーパンやソフトクリームも販売させていただきます。

BETTYさん:おなかも満足。ドローンが飛んでいるのを見ているだけでも満足ですからね。
カレーパンやソフトクリームの販売も行うということで、面白い2日間になりそうですね。

マーくん:なにせ、初めての平日開催ですから、ちょっと不安な部分もあるんですけども(笑)。
ぜひ、皆さん、お越しいただければと思います。

BETTYさん:どういった方に来ていただきたいですか? リフォームを考えていなくても大丈夫ですか?

マーくん:結構です。今リフォームの予定がなくても、情報収集にもなると思いますし、お気軽にお越しください。

BETTYさん:しかも、TOTOいわきサテライトショールームの開催ですから、TOTOの商品も見られるわけですもんね。
ぜひ、お出掛けになってください。

高所の診断・検査に、ドローンを導入します!

マーくんの塗り替え講座: 2018年03月20日放送分

BETTYさん:早速ですが、志賀塗装さんで新しい取り組みを4月からすると伺いましたが、どんな取り組みですか?

マーくん:現在、「インスペクション(住宅診断)をしましょう」とお声掛けをしているところですが、
その一環としてドローンを使った住宅の塗り替え診断検査を4月から行っていく予定です。

BETTYさん:そういえば、ドローンの研修会に行かれていましたね。
ドローンで高い屋根や壁の調査ができる体制が整ったということですか?

マーくん:そうです。やはり操縦の仕方にコツがあるので、
今年になってからドローンの訓練校へスタッフを派遣していました。
あとは、どういった用途があるのか、いろいろな機能があるのでメーカーの研修にも行っていましたが、
何とかできる体制が整ってきました。

BETTYさん:訓練が終わって、許可申請をしている段階なんですね。

マーくん:ドローンを使用することによって、かなりの精度で診断ができるようになりますので、
「住宅診断で雨漏れ撲滅」を合言葉に、このいわき市から雨漏れ被害をなくすことを
弊社の取り組みとしていきたい
と考えています。

 

ドローンを使用することにより、
屋根などの高所においてより精度の高い診断ができます。

 

BETTYさん:ドローンも扱えるようになって、まさに「雨漏れ撲滅」。地域の皆さまへの大きな貢献になりますよね。

マーくん:はい。今、新築では保険加入が義務付けされているのですが、
そのデータを見ると85%が雨漏れに関する事故なんです。
リフォームに関しても、消費者センターへの相談事項の半分が屋根・壁の雨漏れ事故なんです。
ですから、住宅業界において、この雨漏れを直視していくことは大きな貢献になるのではないかと考えています。

BETTYさん:そうやって、ドローンもはじめ、いろいろなものを活用していくことも、これから大事になっていきそうですね。

マーくん:そうですね。もちろんドローンが飛ばせないところもありますので、
そちらに関しても、ズームが利くカメラを使うなど、新しい方法で診断検査をしていくようにしています。
雨水の浸入をシャットアウトしていくことを、私たちもお客さまも目指して塗装工事をしていければいいかなと思います。

ただきれいに塗るだけなら、技術力があればできますが、
雨漏れをストップさせるのは、意識して作業しないとできない場合もあります。
雨漏れに関しては、諦めないで、診断、そして施工していくことが大事だと思いますし、
私どもに依頼していただければお役に立てるのではないかと思います。

BETTYさん:新しいものもどんどんできてきますが、技術力も含めて、いろんな研修をされていますので、
志賀塗装さんに、ぜひ、お声を掛けていただければと思います。

マーくん:ぜひ、お役に立ちたいと思っています。

BETTYさん:志賀社長もドローンを飛ばせるんですか?

マーくん:私もやったんですが・・・、私以外の人間はできます。大丈夫です。

BETTYさん:いろいろ向き不向きがあるんですかね(笑)。

マーくん:難しいですね。意外と飛んでいってしまいますので。

BETTYさん:でも、しっかり社員さんが研修を受けて許可申請もしていらっしゃるということですので、
安心してお任せいただけたらと思います。お家まわりを見渡していただいて、
「あれ? ここがちょっと傷んでるんじゃないかな?」と思う部分がありましたらご相談いただければと思います。

(ご相談は、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

2018年4月、中古住宅の売買時の建物診断が義務化!

マーくんの塗り替え講座: 2018年03月13日放送分

BETTYさん:いよいよ4月から、中古住宅の売買時にインスペクションが義務化されるということですよね。

マーくん:はい。まず、インスペクションについてご説明させていただきたいと思います。
住宅の改修を前提としつつ、住宅の劣化状況や現況を確認することを「インスペクション」といいます。
正確には「宅建業法(宅地建物取引業法)」で、中古住宅、既存住宅の売買時にインスペクションを促す、
あるいは契約時において、売主と買主がインスペクションの状況を共有することが義務化されます。

住宅を診断していくという視点は、大きな時代の変化だと思っております。

 

中古住宅の売買時に義務化されるインスペクション。
リフォーム工事の際も大切です。

 

BETTYさん:中古住宅の売買時にインスペクションがなされていれば、買う側もいろいろなことを判断できますよね。
志賀塗装さんではリフォーム工事の際に、
独自のインスペクションメニューをつくっていると伺いましたが、そちらをご説明いただけますか?

マーくん:まず1つ目は、長期優良住宅化リフォームといいまして、これは弊社独自というよりは国の補助金となります。
一言で申し上げますと、劣化対策や耐震対策、プラス、シロアリや塗装、断熱工事をすると、
それに応じて補助金が100万円から数百万円の単位で出ます。
補助を受けるためにはいろいろな条件がありますが、そのためにインスペクションがあります。
2つ目は、屋根、外壁、ベランダ、床下のシロアリ、結露が多い屋根裏のインスペクションです。
1つは弊社のオリジナル、もう1つは国の基準となりますが、
この2つのインスペクションを合わせ、弊社のインスペクションメニューとして実施しています。

BETTYさん:そのインスペクションのお値段はおいくらですか?

マーくん:国で行うものについては3万円から行っています。
弊社独自のものについては1万円から行っております。値段に差があるのは、国で行うものに関しては、
インスペクションの作成を建築士が行うことになっておりますので、そちらの手数料になります。

BETTYさん:志賀塗装さんでリフォームをすると、このインスペクションもしていただけると考えていいんですか?

マーくん:まだ行き着いていない部分もあるんですが、リフォームの費用や価格は大事なんですが、
インスペクションをして建物の現状を見て、リフォームの優先順位を考えることが重要です。
インスペクションをすることによって、現状に合った見積書になっているのかという判断もできます。

あるいは、自分たちの中ではお風呂のリフォームに気が向いていたけれども、
建物を見たら、屋根塗装やシロアリ駆除を優先してやらないといけないケースもあります。
そうなると、お金の使い方も再度検討しないといけなくなります。

弊社としてはリフォームのお見積もりをすぐに出すこともできるのですが、
それよりも大事なこととして、お客さまにご納得いただいた上で、工事をご依頼いただきたいと思っております。

まず、どんな小さなことでも結構ですので、診断してほしいとお申しつけいただければ対応させていただきます。
もちろんその後、弊社にリフォーム工事をご依頼いただいた場合は、
インスペクションの諸費用は相殺していくようにしていますので、
まずはインスペクションをしてから担当者とご相談していただければ、いいリフォームにつながると思います。

BETTYさん:建物を診断していただくことが、この4月からは義務化されるということですので、
売り買いをするときは大事になってきますよね。
リフォームをお考えの皆さんも、それを基準に考えていただけるといいですね。

マーくん:そうですね。インスペクションはリフォームでは義務化されていませんが、
売買においては義務化となりますので、それを基準に考えると、
リフォームの方にも使える内容ですから、活用していただければと思います。

BETTYさん:このインスペクションについても、ぜひ、志賀塗装さんへお問い合わせしていただければと思います。

(ご相談、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

補助金の情報も相談会で!

マーくんの塗り替え講座: 2018年03月06日放送分

BETTYさん:先週のタカラスタンダードさんでのイベントはどうでしたか?

マーくん:大変多くのお客さまにご来場いただきまして、本当に感謝しているところです。

BETTYさん:そのときの様子はいかがでしたか? 皆さん、相談が多かったですか?

マーくん:そうですね。リフォーム工事、塗り替えの相談窓口ということで定期開催していますので、
やはり相談をしたい方が多いですね。
図面がある方は会場にお持ちいただいて、相談されていたのがとても印象的でした。

BETTYさん:常磐地区で開催のときは[TOTOのショールーム]、
小名浜地区で開催のときは[クリナップのショールーム]、
平地区で開催のときは[タカラスタンダードのショールーム]と伺いましたが、
順繰りにまわっているということですか?

マーくん:そうです。今までは特定のショールームで行っていたんですが、いわき市は広いので、
「もう少し近くでやってほしい」「うちの方ではやらないの?」というご要望を数多くいただいていたんです。
なので、2018年からはエリアを移動して開催する予定にしています。
もちろん、各ショールームのいろいろな商品を見ていただきたいということもありますが、
まずは身近な相談の窓口としてまわっていきたいと思っています。

BETTYさん:そうなると、次は4月になりますよね。

マーくん:はい。4月はTOTOさん、5月はクリナップさん、6月はタカラスタンダードさんで開催します。
今年の前半は、相談会の予定を多く入れております。

BETTYさん:多めに市内をくるくるまわっていきますということですね。

マーくん:そうです。リフォームはタイミングだといわれています。
今リフォームをしたい方、補助金を使いたい方、将来息子さんたちと同居するタイミングでリフォームしたい方、
病気が進行してしまい急ぎでリフォームしたい方など、いろいろな方がいらっしゃいます。
皆さまのタイミングに合ったときに来ていただけるよう、毎回の相談会を大事にしていきたいと思っています。

 

お客さまのタイミングでご相談いただけるよう、
定期的に相談会を開催しています。

 

BETTYさん:「リフォームをしたい」と思ったときに、志賀塗装さんの相談会を思い出していただけるといいですね。

マーくん:そうですね。4月になると中古住宅、既存住宅に対しての補助金もあります。
これは融資とは違いますので、補助金を受けるための条件やタイミングはありますが、クリアすれば使えるものです。
国の政策として、リフォームする際にはインスペクション(住宅劣化診断)に対して補助がついています。

今、リフォームをされる方にとって、大変なお得な補助金がたくさん出てきています。
チラシだと載せられる情報量が限られており、どうしても我々が売りたいものやPRしたい情報が優先となってします。
補助金については、相談会へ来ていただいてスタッフとお話をしていただくと、
より詳しいご説明ができると思います。会場ではいろいろな資料を配っていますので、
それを取りに来ていただくだけでも結構です
ので、ぜひ、足を運んでいただければと思います。

BETTYさん:特に補助金はタイミングが重要ですもんね。今しか出ていないものもありますもんね。

マーくん:そうですね。例えば、去年だったら補助金が出ていなかったものもありますので、タイミングはすごく大事です。
我々は補助金をつくる方ではなく、活用させていただく立場ですので、そこが悩ましいなと毎年思うんですが・・・。
でも、リフォームはタイミングがありますから、雨が漏っていれば塗り替えや防水工事が必要ですし、
体が不自由になったときには、快適に暮らせるようリフォーム工事が必要でしょうし。

BETTYさん:そのような相談ができる相談会を、志賀塗装さんでは定期的に開催しているということですものね。
皆さんにとって、一番身近なリフォーム相談窓口になっていくのではないかなと思います。
これからも、ぜひ、そんな存在でいていただければと思います。

マーくん:はい。いろいろな専門的な知識も必要ですが、
弊社としては今後も、「一番身近なリフォーム相談窓口」を目指していきたいと思います。
そのための第一歩として、相談会を定期的に開催していきたいと考えております。

BETTYさん:前回のタカラスタンダードさんでの相談会も大盛況だったということですので、
次回も楽しみにしていただければと思います。

ショールーム相談会は16年目を迎えました。

マーくんの塗り替え講座: 2018年02月27日放送分

BETTYさん:早速ですが、今週末は定例のリフォーム祭があるそうですね。

マーくん:はい。3月3日(土)、4日(日)に、「第74回住まいのリフォーム祭」を開催いたします。

BETTYさん:確か2002年から開催していますので、今年で16年目ですね。もちろん、これからも続けていくんですよね。

マーくん:はい。リフォーム会社としてできることは何かと考えたときに、お客さまからお伺いするのは、
もちろん「値段が知りたい」とか「良い商品を知りたい」とかもあるんですが、
まず一番初めにいただくのは、「相談したい」という言葉です。
今はインターネットやさまざまな情報誌がありますので、そこから情報を得ることもできるんですが、
その見方や考え方も一緒に相談したいということもありますので、弊社がお客さまのお役に立つためには、
相談会の窓口というのを定期的につくっていくことが、最初のスタートだと思っています。

 

「住まいのリフォーム祭」を定期的に開催しております。

 

BETTYさん:確かにそうですよね。人と人ですもんね、結局はね。

マーくん:そうですね。いろんな情報があっても、見方や考え方はさまざまなので、相談することは大事だと思います。

BETTYさん:補助金の情報も知らないうちに終わっていたりしますからね(笑)。

マーくん:そうですね。最新の補助金の情報などをタイムリーにお知らせしていくのも、
この相談会を定期的にやっていく目的
の1つではあります。
今は2月ですが、3月、4月になってくると、また新しい補助金が出てきます。
そういった情報を踏まえて、今から工事のご計画をされれば、ちょうど申請に間に合う
と思います。

BETTYさん:毎回いろんな情報があって、楽しみにしている方も多くいらっしゃると思いますが、
今回のリフォーム祭はどうですか?

マーくん:今回は、住宅の図面をお持ちいただいた方には、今が旬のいわきのいちごをプレゼントします。
あとは毎回、東北電力さんのいわき営業所の方にご協力いただいて、
新しいIHクッキングヒーターの使い方をご紹介しています。

実際に東北電力のスタッフがご説明するので、すでにIHクッキングヒーターを使用されていて、
年数がたったので買い換えたいという方には、より選択の方法としてはいいのではないかなと思います。

BETTYさん:実際にお湯を沸かしたり、お料理をしたり、そういうこともやっているんですか。

マーくん:もちろん私も全部試食していますが、お餅からデザートまでいろんなものがあります。

BETTYさん:つくってみて、目の前で見せていただくとより分かりやすいですよね。

マーくん:そうですね。あとは、住宅のインスペクション、劣化診断です。
実は、今日も弊社の営業スタッフは劣化診断の研修をやっているんですが、
やはり実際に見てみると、屋根裏にひび割れがあったり、基礎の部分に鉄筋が入ってなかったり、
意外とそういうことを発見できる
ので、やっぱり大事だと思います。
今回のリフォーム祭りでは、診断無料券をご来場の方に差し上げます。

BETTYさん:劣化診断や耐震診断とか、いろいろと診断していただてからリフォームした方がより安心ですもんね。

マーくん:そうですね。安心ですし、予算のかけ方を考えられると思うんですね。
現金で支払う分、ローンを組む分、現金とローンを併用して考えたり、
あるいは、今年はこの部分を、来年はこの部分をやろうとか。

BETTYさん:そうですね、「いっぺんには難しいけど」という話かもしれないですもんね。

マーくん:リフォームの優先順位を決めるには、住宅のインスペクション、劣化診断は非常にお役に立つと思います。

BETTYさん:相談会では、その診断無料券をいただけるということですね。
今回は、タカラスタンダードのいわきショールームが会場ですので、ショールーム内の商品を見ることができますね。

マーくん:そうですね。ショールームに展示してあるたくさんの最新の商品をご覧いただけます。

BETTYさん:ぜひ、お出掛けいただければと思います。

安心できる塗装工事のための見積もりチェック法!

マーくんの塗り替え講座: 2018年02月20日放送分

BETTYさん:さて春に向けて、塗装のことも考える時期に入ってきましたよね。
そうなると、どうしても見積もりの金額の方に注意が向いてしまうのは仕方がないことなんですかね。

マーくん:もちろんお金のことは第一に考えるべきですし、
当然しっかり話し合いする時間を取るべきだと思うんですが、金額の高さ安さではなく、
「ちょっと待った!」的に注意しなくてはいけないポイントが3つほどございます。

BETTYさん:金額のことは大事ですけど、でも注意しないといけないポイントがあるんですね。

マーくん:いずれも塗装品質のためにとても大事な部分なので、ぜひ、確認していただきたいと思います。

BETTYさん:ぜひ、そちらを教えていただけますか?

マーくん:まず、1つ目は、足場の写真、施工写真を見せてもらってください。
塗装のする建物の大きさによって足場を組むわけですが、足場は最終的には撤去しますのでなくなってしまいます。
お客さまにとっては、なくなってしまうものですから、できるだけ安めに、
費用的にあまりかからないようにしたいと考えるのは当然だとは思います。

BETTYさん:でもね、足場を大理石でつくることはないと思いますからね(笑)。
そういうものも、やっぱりピンキリなんでしょうかね。

マーくん:この足場というものは、作業性に非常に還元されるんですね。
足場がしっかりしていないと、職人さんの安全性だけでなく、作業性にも非常に影響してくるんですね。

BETTYさん:作業効率が落ちるような足場では駄目だということですね。

マーくん:そういうことです。塗りやすい足場であれば、職人さんも精いっぱい塗っていきますが、
やりにくい足場だとどうしても手が届かないところが出てしまう
ことがあります。まずは足場が大切です。

BETTYさん:分かりました。足場が重要なんですね。

マーくん:2つ目は、養生です。塗装工事のときに塗料がつかないよう、窓をビニールでふさぎますよね。
この養生の費用を、お見積もりの際にちゃんと見ているかどうかも大切になってきます。

BETTYさん:それを見ていないと見積もり金額とは別に、費用がかかってしまうことになりかねないですよね。

マーくん:そうです。窓や、塗料がついていないところは、きっちり養生してから塗っていくわけです。
養生というと、ただ簡単にビニールを貼っているように見えるんですが、これも非常に技術が必要なんですね。
この養生がしっかりしていないと、養生の間から塗料が染み込んでいってしまうし、
後から窓ガラスに塗料がついてしまったりするんですね。この養生の費用をきちんと見ているかも大事ですね。

BETTYさん:とても大事なんですね。

マーくん:そして、3つ目はシーリング工事です。
これはひび割れを補修したり、外壁の目地の間のシーリングを打ち替えることです。
古いシーリングを全て撤去して、新たにきちんと打ち替えているかという部分になります。
塗装工事のあと15年、20年また持たせるわけなので、
シーリングの部分も新たに交換しているかどうかで、大きな費用の差になってくるんです。

 

見積もり金額に含まれる工事内容を、必ず確認しましょう。

 

BETTYさん:値引きが大幅にあるようなものや、極端に安いものもありますけれども、
そういうものは工事内容の説明を求めた方がいいですね。

マーくん:そうですね。ですから、金額が安いことは確かにお客さまにとってはうれしいことだと思うんですが、
やはり品質の面で、どのようなところが見積書の中に計上されているのか、
きちんと説明をいただいてから判断していただければと思います。

BETTYさん:確かにそうですね。例えば、シーリングの交換がなくて、
上から塗ったら終わり! みたいな感じだと、長持ちしないですものね。

マーくん:足場も養生も最終的には外しますし、シーリングの部分も上から塗っちゃうと分からなくなりますよね。
いずれも最終的にはお客さまの目に映らない部分なので、なお一層、
そういうところがきちんとされているかどうかが大事になってくるんですね。

BETTYさん:3つに絞って今日はご案内いただきました。ありがとうございます。

ドローンを使った屋根の診断がスタートします!

マーくんの塗り替え講座: 2018年02月13日放送分

BETTYさん:志賀塗装の皆さんは、ドローンの研修会に参加しているそうですね。
どんどん新しい取り組みをされていくんですね。

マーくん:4月から、見えにくい屋根の上の診断にドローンを使う予定なんです。
それに向けてただ今、訓練準備をしています。
「雨漏り撲滅」を合言葉に、きちんとした診断を実施する予定になっていますので、よろしくお願いいたします。

BETTYさん:屋根の診断にドローンを使うなんてすごいですね! 
しっかりと屋根の細部に渡って全て見逃さないようにしたいという思いがそこにあるんでしょうね。

 

4月から、屋根の上からの診断にドローンを導入します。

 

マーくん:そうですね。最近はドローンも進化していますので、
普通に下からは見えないところまで見えるようになっていますので。

BETTYさん:カメラも付いていますし、録画もできますもんね。
きちんと研修会に参加してから使われるということですので、これも安心ですね。
これまでも志賀塗装さんでは、住宅の劣化診断、雨漏れ診断など、いろいろな診断をされていますが、
今回はチケットをいただけるといううわさを聞いたんですが(笑)。

マーくん:はい。たくさんの人に住宅の劣化診断や雨漏れ診断をしていただきたいということで、
今回は無料検査のチケットをお配りしております。

BETTYさん:この住宅の劣化診断、雨漏れ診断の検査というのは、そんなに安いものではないですよね。

マーくん:はい。3万円以上は診断にかかると思います。

BETTYさん:それを今回は無料で配布してくださるということですが、そこにはどんな思いが込められているんですか?

マーくん:実際にやってみないとなかなか分からないと思いますので、
本当に多くの方に診断を受けていただいて、それが広がっていってほしい
という思いでさせていただいております。

BETTYさん:最近、屋根に不安があって、どうなっているのか見てみたいという方でも大丈夫ですか?

マーくん:はい。ちょっと心配されている方に、ぜひ、ご利用いただきたいなと思っております。

BETTYさん:本当に診断は大事ですよね。この無料検査のチケットは、どうやったら手に入りますか?

マーくん:弊社のフリーダイヤルにお電話いただいて申し込みいただければと思います。

BETTYさん:お電話一本で大丈夫ということですね。
普段は住宅リフォームアドバイザーということですので、お客さまからそういう相談を受けることも多いと思いますが、
本当に多くの人に、せっかくの機会ですから、無料検査のチケットを使ってもらいたいですね。
ぜひ、お気軽にお申し込みください。

(お申し込みは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

プロが教える塗装業者を選ぶ3つのポイントとは?

マーくんの塗り替え講座: 2018年02月06日放送分

BETTYさん:最近、埼玉のご友人から相談を受けたそうですね。

マーくん:そうなんです。お子さまたちが大きくなり、それぞれ家を出て巣立っていったので、
「さーて、そろそろ塗装工事を・・・」と考えたみたいだったんです。
埼玉はいわき市よりも塗装業者がいっぱいあるので、どこの業者にすればいいのか困っていると話していました。

BETTYさん:いわきだったら、すぐ、「志賀塗装さんでお願いします!」という感じでしょうけれども(笑)。
埼玉県だとどうしたらいいんでしょう? アドバイスが精いっぱいですか?

マーくん:そうですね。いくら私どもでも埼玉の方まで職人さんを出すわけにはいかないもんですから。

BETTYさん:そうでなくても忙しいですもんね(笑)。

マーくん:ありがとうございます。とにかく本当に困っているみたいでした。
私たちはいわき市でこういう商売をやっているので、そういう部分はあまり分からないんですが、
やはり業者選びには、皆さん相当悩まれるんだなと。

BETTYさん:だって、100円、200円の世界じゃないですからね。金額的にも大きい話ですので、
ちゃんとしたところに頼みたいし、ちょっとでも安い方がいいし、いろいろ考えちゃいますよね。

マーくん:そうですよね。そこで、シンプルなんですが、3つに絞ってアドバイスをさせていただきました。

BETTYさん:3つのアドバイス、興味深いです。教えていただけますか?

マーくん:1つ目は、いろいろと支店展開をされている会社もあると思うんですが、
まずは本店が地元にあるということ。
これが非常に大切だと思います。

BETTYさん:その工事のときももちろんですが、工事が終わってからもメリットはいっぱいありそうですね。

マーくん:そうですね。本店が地元にあれば、万が一、不具合が起こった場合、すぐに駆け付けてもらえますし。
やはりお客さまはアフターメンテナンスが一番気になると思いますので、
いち早く駆け付けてくれる距離に本店があるというのは安心
しますよね。
どうしても支店展開している会社は、支店の業績が悪いとその支店を閉めて、
また次の支店を・・・となる場合が多いものですから。

BETTYさん:本店が地元にある業者を選んだ方がいいということですね。

マーくん:そうです。それが1つ目です。2つ目は、建設業の許可証を持っているかどうかです。
私どもは塗装業と防水業ということで、県知事から建設業の許可を得ています。
残念ながら塗装業やリフォーム業は、今のところ許可がなくても、
請負代金が税込500万円未満であれば自由にできる商売
なんです。
ですので、県知事からお墨付きを受けている業者であれば、より安心かと。

BETTYさん:そうですね。許可を取るのも、いろんな情報や技術力が必要になってきますからね。

マーくん:そうです。きちんと申請してはじめて許可が下りるものですから。
建設業の許可を得ている業者には許可証が発行されていますから、
その許可証の写しを見せてもらうといいと思います。
全国チェーンになりますと、大臣が発行している許可証もあります。

BETTYさん:「建設業の許可って取られていますか?」と聞いてみることですね。

マーくん:次に3つ目は、ご近所さんで塗装工事をやっているところがあれば、
そのご近所さんにお聞きするとか、インターネットでそういう口コミを探してみる
のもいい方法かと思います。

BETTYさん:ちょうど塗装工事をやっている現場の前を車で通りかかったら、降りて、見てほしいぐらいですね(笑)。

マーくん:そうですよね。その家の方に聞いてもいいと思うんですけれど。

BETTYさん:それが一番信頼できる情報のような気がしますね。

マーくん:そうですね。それが本当のお客さまの声だと思います。
そういうものを大切にされたらいいのでは
ないかなと思いますね。

 

「本店が地元にある」「建設業の許可がある」
「お客さまからの評判が良い」
塗装業者選びのポイントです。

 

BETTYさん:「頼んじゃったけど、ここはちょっと・・・」なんて言われたら、それはそれでびっくりしちゃいますけどね。
なるほど、分かりました。ご友人からのご相談ということですから、
本当は志賀塗装さん自身が行きたいところですけどね。

マーくん:そうですね、埼玉まで行ければ、行きたいんですが。

BETTYさん:出張費いただいてね(笑)。

マーくん:どうしても、こちらから行くと高上がりになってしますので(笑)。

BETTYさん:でも、そういうご相談でも志賀塗装さんはお受けしているということですね。

マーくん:そうですね。今回も郡山の方からもご相談に来ていただいています。
そういうことはいつもでお答えさせていただきます。

BETTYさん:何でも相談に乗っていただけますので、ぜひ、お気軽にご来店ください。

志賀塗装へのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら
  • 資料請求
  • 無料診断お申込
  • 無料見積り依頼
お電話でのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-4116-99(受付時間:午前8:30〜午後8:00)

お問い合わせ後に、無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。