最新設備を見て触って体験できる、ショールームイベント! | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日

塗替え講座

最新設備を見て触って体験できる、ショールームイベント!

2021年11月9日

BETTYさん:本日はクリナップいわきショールームで行われるイベントのご案内ですね。
「待っていました!」という方も多いのではないでしょうか。

マーくん:そうですね。コロナ禍ですので不定期開催にはなってしまいますが、ショールーム相談会では、
水まわりの設備を見て触って体験できますし、最新のリフォーム情報のご案内などを提供
させていただいています。

BETTYさん:私も、クリナップショールームさんには何度も足を運んでおりますが、いいものがいっぱい置いてありますからね!
そして、「最新の」というところがポイントですよね。

マーくん:クリナップさんにはお風呂、キッチン、洗面化粧台が展示してありますが、随時最新のものと入れ替えています。
そういう情報は大変貴重なものになるのではないかと思っています。

BETTYさん:いつもこのコーナーで、「リフォームはタイミングが大事」とおっしゃっていますが、
そのときのために情報を入れ続けておくこともとっても大事なことですよね。

マーくん:そうですよね。まさにリフォームがうまくいくかどうか大事なことは、「事前準備」なんですよね。
つまり、よい情報を集め続けることがスタートになると思います。ぜひ、ご遠慮せずにご来場いただければと思います。

BETTYさん:このクリナップいわきショールームさんと志賀塗装さんは、いつも一緒にイベントを開催していますよね。
イベントの回数も、ものすごい数になっているんですよね。

マーくん:そうですね。いろいろなショールームをお借りしていますが、今回、96回目になります。

BETTYさん:もうすぐ100回なんだ! すごい!

マーくん:そうなんです、間もなく100回になります。
その中でもクリナップさんのショールームをお借りすることが圧倒的に多いですね。

BETTYさん:駐車場ももちろんありますし、場所も鹿島街道沿いですから、とてもわかりやすいですよね。

マーくん:そうです。赤い看板が目印になっています。

BETTYさん:リフォームをするときは、いろいろなことを考えて情報を入れて、やっとリフォームにたどり着くと思うのですが、
中にはパッと思いつきで「リフォームしたい!」という方もいらっしゃるんじゃないかと思うのですが(笑)。

マーくん:先ほども言ったように、タイミングなんですよね。「あ、こんなチラシが入っていたな」というタイミングで
お客さまは動くものですから、ぜひ、こういう機会も利用していただければ
と思います。

 

よいリフォームをするためには、よい情報を集め続けることが大切です。
ぜひ、ショールーム相談会へお越しください。

 

BETTYさん:リフォームって、そんなに安い金額でできることじゃないから、後悔したくないですもんね。
あとになって、「やっぱりあっちのキッチンがよかったな」って思いたくないですよね(笑)。

マーくん:そうですね。ですから、きちんと下調べをして情報収集をすることは、とても大切ではないかなと思います。

BETTYさん:イベントに行くと、何かいいことはありますか?

マーくん:いつものとおり、いろいろな特典がございます。開催日は、10月1日(金)、2日(土)、3日(日)になります。

BETTYさん:お土産がいただけちゃったりするんですよね(笑)。
来場するだけでも特典がありますので、ぜひ、お近くの方は足を運んでいただけたらと思います。

塗り替え相談会を本社で行う理由とは?

2021年11月9日

BETTYさん:本日は志賀塗装さんの本社で、外壁の塗り替え相談会をやっているというお話ですね。

マーくん:なぜ、小名浜の本社に来ていただいて相談会をしているのかという、そのあたりの理由もお話したいと思います。

BETTYさん:そうですよね。なぜ、本社に行って相談をしなくてはいけないのか、ということですよね?
でも、理由がちゃんとあるということで、そちらを教えていただけますか?

マーくん:まず、1つ目の理由は、弊社の社屋の壁に15年前から実際に塗料を塗って、塗装工事の結果をご覧いただいています。
お客さまの質問に対して担当者がその場でお答えできますし、カタログにはない劣化の状況や、つやの状況をご覧いただけます。

塗料のもちがいいといっても、どんなふうに劣化していくのか、塗料によってどんなふうにもつのかがひと目でわかるので、
金額の面だけではなく、納得して塗料を選択できる
ようになります。
弊社でお勧めしている塗料に『浜風(はまかぜ)』があるのですが、そちらが全シリーズ塗ってありますのでご覧いただけます。

BETTYさん:もう15年も前から塗っていますのでね。では、2つ目は?

マーくん:2つ目は、今のお話とかぶるのですが、お客さまは、そんなに何度も塗装工事をやっていないんですね。

BETTYさん:確かに! 多くの方はそうでしょうね。

マーくん:塗装工事はお客さまにとって慣れないことですので、見積もり項目をご覧になっても、
どのように塗装工事が進んでいくのか、どのようなところに注意すべきなのか、わからないことも多い
と思います。

塗装工事の大筋は皆さん一緒なのですが、ご自宅の状況によっては、予算をかけるべきところと、かけないところが異なります。
そのような違いを本社の壁を見ながらお話をし、理解を深めることができますので、見積もり項目の違いがわかるようになります。

 

本社の壁には、実際にお客さまの住宅で使用する塗料が塗ってあります。
塗料ごとの経年劣化の様子を、ひと目で確認できます。

 

BETTYさん:実際に塗ってある壁の前でお話ができるということですね?

マーくん:そうですね。志賀塗装本社には広い駐車場がありますので、車を止めて外でお話をすることもできます。
あとは、いろいろな資料もありますので、会社の中でそちらをご覧いただき、検討していただくことも可能です。

BETTYさん:塗装会社の壁に塗ってある塗料が、何年たつと実際にどうなるのかが、ひと目でわかるというのがとてもいいですよね。

マーくん:そうですね。塗料ごとに色見本もありますし、パソコン上で劣化状況のシミュレーションもできるのですが、
実際の壁に塗ってあって、しかも14~15年たっている状態を見ることは、ほかの会社さんではなかなか難しいと思います。

BETTYさん:そうですね。それを会社の壁に塗るという志賀塗装さんもすごいですけどね(笑)。

マーくん:やがて大事になってくる試験だと思いましたので。

BETTYさん:塗っておこうと思った、その発想がすごいなって、びっくりしちゃうんですけどね。
お客さまにとって、とてもありがたいことだと思いますよ。15年も前から塗ってありますし、
見積もり中の必要なところや、いらないところは、自分のお家の壁の状態にもかかわってきますものね。

マーくん:そうですね。お客さまの家と同じように、壁にカビが生えたり、ひびが入ったりしますので、
そういうところをご覧いただきながら見積もりの金額や内容を吟味できる
ということです。

BETTYさん:皆さん、ぜひ、志賀塗装さんへ伺っていただきたいと思います。これは予約をして行ったほうがいいですか?

マーくん:そうですね。担当者がいるときのほうがいいと思いますので、お客さまのご都合と合わせて予約してみてください。

BETTYさん:ちなみにですが、壁は予約しなくても見ることはできるんですよね?

マーくん:そうです。塗料の種類や施工時期は表示してありますので、いつでも見られます(笑)。

BETTYさん:遠巻きに見ることはできますので(笑)。ぜひ、そちらをご覧になってください。

(ご予約は、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

シロアリについて学べる小冊子をプレゼント!

2021年11月9日

BETTYさん:本日は小冊子のプレゼント企画ですね。今回はどんな内容でしょうか。

マーくん:本日は『シロアリがホウ酸を苦手なわけ、こっそり教えます』という題名の小冊子の話題です。

BETTYさん:シロアリって、ホウ酸が苦手なんですね(笑)。

マーくん:そうなんです。ホウ酸はもともと鉱物なのですが、シロアリはホウ酸が非常に苦手で、
体についてしまうと間違いなく死んでしまうんです。

BETTYさん:この小冊子を見ると、シロアリについていろいろわかるということですか?

マーくん:そうです。例えば、シロアリは飛んでくると思われがちですが、意外と地下からやってくるという話もあります。
また、ホウ酸を体につけるとなぜ死んでしまうのかというと、シロアリはお互いに体をなめて除菌しますので、
そういう性質を利用して、お互い体をなめ合っている中でホウ酸が体内に入って死んでしまう
ので、シロアリ駆除に使えます。

なぜ、ホウ酸が苦手なのかなど、非常にマンガちっくに書いてありますし、20ページもない小冊子ですので読みやすいと思います。

BETTYさん:「シロアリは怖い」というのは知っていますけど、その性質は知っているようで知らないですよね。
知らないことのほうがもしかしたら多いのかもしれないと思いました。

マーくん:もちろん、性質を知らなくても問題はないのですが、ただ、シロアリの被害は身近なことです。
弊社は年間百数十棟の塗装工事をしているのですが、その中でもシロアリの被害がある住宅は多いので、
いわき市は意外とシロアリが多いと感じています。

BETTYさん:いわき市はシロアリの被害が多いと感じているからこそ、ぜひ、この小冊子を皆さんに読んでほしいということですね。

マーくん:そうですね。今年は梅雨の時期以降、特に長雨が多いですよね。
もちろん雨漏れは塗装工事で防ぐのですが、すでに水が入ってしまった場合はシロアリの対策も必要になってきます。
ぜひ、この機会に小冊子をご覧いただければと思っています。

 

シロアリの性質や、ホウ酸を使ったシロアリ予防や駆除について紹介しています。

 

BETTYさん:身近な問題だということがよくわかりました。
シロアリの被害が出る前に予防したいですし、すでに被害がある場合は駆除したいと思いますよね。

マーくん:そうですね。こちらのホウ酸は自然の鉱物で、薬品を使っていないものですから、半永久的に効果が持続します。
シロアリの駆除はもちろん、予防においても十分効果があると思います。

BETTYさん:そうなんですね、それも全然知りませんでした。

マーくん:シロアリの駆除にこのホウ酸が認められたのは、日本では最近なんです。
アメリカやニュージーランドでは随分前から使っていたのですが、いろいろと大人の事情があって、
日本では使われていなかったというのが正直なところです。

BETTYさん:ホウ酸がシロアリの予防や駆除で使われるようになって、だいぶん変わったと感じますか?

マーくん:そうですね。薬品とは違いますので、まず安心ですよね。

BETTYさん:自然のものと言われると、やっぱりほっとしますよね。

マーくん:そうですね。もちろん度が過ぎるのは駄目ですが、普通にまく場合は、薬品の危険性とは比べものにならないと思います。

BETTYさん:この小冊子には、そういう内容が書かれているということですね。
ぜひ、読んでみたい内容です。知っているようで知らないことはいっぱいあるんですね。

マーくん:シロアリは身近に存在していますので。
あとは、この小冊子を参考に、シロアリについてインターネットで検索をすると、いろいろ情報が出てくると思います。

BETTYさん:その小冊子をプレゼントしていただけるということですが、どうやって手に入れたらいいですか?

マーくん:志賀塗装へお電話をいただければ、間違いなく郵送させていただきますので、お気軽にお電話ください。

(小冊子をご希望の方は、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

中古住宅をリノベーション! 実際のお住まいを見学できます

2021年11月9日

BETTYさん:本日はイベントについてのご案内ですね。

マーくん:9月11日(土)、12日(日)の2日間、中古住宅専門店「わが家」の主催で、現場見学会を開催いたします。

BETTYさん:現場見学会ということは、中古住宅を住みやすくリフォームしたところを見学できるということですね。

マーくん:そうです。中古住宅の購入と同時にリノベーションした住宅なんです。
水まわりを中心にリノベーションをしており、キッチン、お風呂、トイレ、洗面化粧台を新しく入れ替えています。
あとは、内装や外装なども手を加えております。

BETTYさん:中古住宅購入と同時にリノベーションをしたとのことですが、
例えば、今、住んでいるお家のキッチンを新しくしたい方や、古いお風呂をユニットバスにしたい方、外壁塗装をお考えの方など、
いろんな方が見学できる会場ですよね。

マーくん:そうですよね。リフォームしたい箇所はお客さまによっていろいろですから。
キッチンやお風呂、外壁塗装など、そういうリフォームを考えている方にとっては、いろいろ幅広く見学ができる会場だと思います。

 

中古住宅をリノベーションした現場見学会は、
水まわりのリフォームや外壁塗装をお考えの方にも参考にしていただけます。

 

BETTYさん:一遍にいろいろリノベーションしたわけですから、「そっか、こっちをこうすれば、こうなるんだ」みたいなものが、
全部見られるということですね。中古住宅を買ったと同時にリノベーションをする方が、最近は多いんですか?

マーくん:そうですね。もともとは中古住宅を買ってから、住みながら直す方が多かったのですが、
私どもが中古住宅専門店「わが家」でやっているものですから、最近は「購入と同時にリノベーション」という形が増えてきました。

BETTYさん:最初に少し住んでみて「やっぱり使い勝手が悪いな」ということで直される方が多いと聞いていたのですが、
そうするとリフォーム中は、別のところに住まないといけないですものね。

マーくん:そうですね。住んでからリフォームするとなると、荷物の片づけなど手間がかかりますので。
あとは、ローンを組む際も、「中古住宅を購入するローン」と「後からリフォームするローン」と、
それぞれ別のローンを組むことになる
ので、結構、大変なんですね。

BETTYさん:中古住宅を買ったと同時にリノベーションを考えるというのは、メリットが大きいですね。

マーくん:そうですね。総合的にローンも組めますので、そういう分がプラスにはなりますよね。

BETTYさん:今回は現場見学会なので、住宅の場所がありますよね?

マーくん:会場は、いわき市中央台飯野2丁目地内になります。
当日は看板等が出ていますので、それを見ていただければ、迷わず来られると思います。

BETTYさん:この現場見学会の時間は、何時から何時までですか?

マーくん:土日2日間とも、10時から16時30分までになります。

BETTYさん:これは予約が必要ですか?

マーくん:予約をしていただいても結構ですし、直接来ていただいても結構です。
いつものようにいろいろなプレゼントも用意しておりますので、ぜひ、お越しください。

BETTYさん:リノベーションした住宅って、リノベーションをすぐに考えていなくても興味ある方は結構いらっしゃいますよね?

マーくん:そうですね。会場には施工前の写真も展示してありますので、
「え? こんなところがこんなふうになるんだ」という驚きが皆さんあるみたいです。

BETTYさん:「ちょっと寄ってみようかな?」って感じに、お気軽にお出掛けになってみてください。

塗装の専門家団体が、塗装の知識を詳しく解説!

2021年10月22日

BETTYさん:本日は『お住まいの塗替えガイドブック』プレゼント企画ですね。

マーくん:前回は『住宅リフォームガイドブック(令和3年度版)』をご案内したのですが、
これから塗り替えシーズンに入ってきますので、こちらの『お住まいの塗替えガイドブック』も役立てていただければと思います。

BETTYさん:これから塗り替えシーズンに入ってくるということで、雨もあんまり降らない時期になってきますか?

マーくん:そうですね、不安定ですけど。

BETTYさん:今、「塗り替えしようかな?」と考えている人にとっては、これは本当に内容が充実している感じなんでしょうね。

マーくん:こちらの冊子は一般社団法人日本塗料工業会という団体が、もう、随分長いこと発行しています。
もちろん見積もりの金額や金額の根拠も大事なのですが、そもそも建物にはどうして塗り替えが必要なのかというような、
塗装工事をする上で大事なポイントが書かれています。

業者さんに見積もりを依頼するタイミング、確認すべきポイント、塗り替えしたいときにはどこにどうすればいいのかという話から、
塗り替え工事の期間、工事中の近隣対策、塗装工事が始まってから気を付けることなどが書いてあります。

もちろん業者である我々も、お客様にそういったことはお伝えすべきなのですが、
コミュニケーションが足りなくて逆にご迷惑を掛けてしまったこともありますので。
塗装工事をするとしたらどういうことが大事なのか、そういうところもガイドブックではまとまっています。

 

『お住まいの塗替えガイドブック』には、塗装工事をする上で知っておきたい内容がまとまっています。

 

BETTYさん:『お住まいの塗り替えガイドブック』ですので、気になるところが全部まとまっていて、
発行しているのが日本塗料工業会というところなんですね。これも毎年出ているものなんですか?

マーくん:こちらは毎年ではなく、数年に1回改定されます。例えば、建物そのものの名称に、
「笠木(かさぎ)」「水切り(みずきり)」「破風(はふ)」「軒天(のきてん)」という言葉が出てきます。
これらが住宅のどの部分を指しているのかを、「ここですよ」と図解で見てわかるようになっています。
それを覚えていれば、業者さんの見積もりを見たときに、よりわかりやすかったり、質問をしたりできます。

ほかには、塗料の原材料の話です。塗料にはどういうものが入っているのか、そういうものが図解になっています。
あとは、塗装工事で使われる用語がまとまっています。

BETTYさん:塗装業界で使われている、業界用語ですね。

マーくん:そうです。そのような業界用語は、一般の方にはわかりにくいですよね。
聞いたことがない言葉も多いと思いますので、このガイドブックを参考にしていただければいいかなと。
例えば、「シーラー」「微弾性フィラー」という言葉があるのですが、これは「下塗り剤」という意味なんです。
それをお客さまが知っていれば、「微弾性フィラーはどういうものなのか」などとお話ができますよね。

BETTYさん:それぞれがまた工事金額に直結することでもありますからね。
知っているのと、知らないのとでは、その先に進む方法が変わってくる可能性もありますのでね。

マーくん:はい。情報を取り続けることはとても大事なことだと思います。

BETTYさん:本当ですね。この冊子は、すぐには工事しない方でも、一度読んでおいたほうがいいですか?

マーくん:そうですね。ガイドブックを受け取ったからといって、絶対に志賀塗装でやってくださいということではないので(笑)。
情報を皆さまにお伝えしたいということで毎回お知らせしていますので、じっくり読みたい方はご遠慮なさらず、ご連絡ください。

BETTYさん:皆さん、まずは情報を手に入れてください。こちらはどうしたらプレゼントしていただけますか?

マーくん:郵送いたしますので、志賀塗装のフリーダイヤルにお電話していただいて、住所などをお知らせください。
ぜひ、お気軽にお申込みください。

(小冊子をご希望の方は、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

テレワーク部屋、感染防止対策、減税など、リフォーム情報が一冊でわかる!

2021年10月22日

BETTYさん:本日は『住宅リフォームガイドブック(令和3年度版)』のプレゼントというお知らせですね。
これにはものすごくいろいろな情報が載っているということですよね?

マーくん:そうですね。この『住宅リフォームガイドブック』は、より良い情報を取り続ける方にとってはとてもいい冊子です。
何年も配布していますが毎回すごく内容がいいので、私自身も勉強になっています。

BETTYさん:志賀さんご自身も勉強になるくらい、すごいリフォームガイドブックなんですね。どんなところがいいなと思いますか?

マーくん:例えば、いろいろなリフォームのポイントが、最初から最後までマンガで書いてあります。
準備して、見積依頼して、依頼先を決めて、工事内容を決めて、契約して、工事して、引き渡しというリフォーム工事の流れから、
その後のメンテナンス、もしもトラブルになったらということまで、全部マンガになっているんです。

BETTYさん:めちゃめちゃわかりやすいですね。

マーくん:どこに相談したらいいのか、どういうトラブルが起きやすいのかについても書いてあるので、すごく役に立つと思います。

BETTYさん:そう思うと、これはいろいろな人に読んでもらいですね。

マーくん:そうですね。内容も時代に合わせて書かれています。今回の令和3年度版ですと、
テレワークの話や室内各所の空きスペースをどういうふうにしていったらいいのか
が、事例として写真付きで載っています。
こういうふうにするとテレワークの場所がつくれるのではないかとわかりやすいです。

あるいは、今はこういう感染の問題がありますので、自宅を清潔で安心できる場所にしたいといった場合、
汚れを持ち込まないためにはどうしたらいいのか
など、今の時代に合うように改訂されていっています。

 

最新の『住宅リフォームガイドブック』では、テレワークスペースの作り方や、室内に汚れを持ち込まない事例を掲載しています。

 

BETTYさん:この『住宅リフォームガイドブック』は、時代に合わせてつくられているんですね。
そのほかには、どんなものが載っているんですか?

マーくん:ほかには、国で毎年行っている補助金や融資についても書かれています。
年齢制限があるから融資は受けられないかというと、そうでもなくて、別の融資の方法があったりします。
あとは、減税に対してのアドバイス。もちろん総枠にはなるのですが、どこに聞いたらいいのか、問い合わせ先も書いてあるので、
これを見ることでリフォームに関してのお金の面や、減税の面がわかるようになると思います。

BETTYさん:皆さん、それぞれで違いますからね。

マーくん:そうですね。バリアフリーや省エネにご興味がある方もいらっしゃいますし。

BETTYさん:問い合わせ先が載っているということは、その先も知れるということですもんね。

マーくん:そうですね。この冊子は情報が毎年更新されていますので、何となく「いいリフォームしましょう」という内容ではなく、
具体的にどこの場所を見ましょう、どこに連絡しましょうということが書いてあります。

BETTYさん:リフォームをするときって、わくわく感のほうが先に大きくなってしまう方もいらっしゃると思うんですが、
そう思うと、大事なことってほかにもたくさんありますね。

マーくん:そうですね。やっぱりいい情報を取り続けることによって見方が変わりますし、
それがきちんとしたところが発行しているガイドブックであれば、なおさらお役に立てると思います。

BETTYさん:志賀さんご自身が「毎回勉強になる」と言っているくらいですので(笑)。皆さんも、ぜひご覧になってください。
「ちょっとあそこ直したいんだ」「リフォームしたいな」という方にこのガイドブックを差し上げるということですが、
どうやってプレゼントするんでしょうか?

マーくん:こういったご時世でもありますので、郵送がメインになります。お名前やご住所などを、志賀塗装までお知らせください。

BETTYさん:それでは、ガイドブックが欲しいかたは、志賀塗装さんにお電話、またはLINEでお問い合わせをしてください。

(小冊子をご希望の方は、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

築10年以上の住宅は、定期的に「住まいの健康診断」を

2021年10月22日

BETTYさん:雨が降り続いていますが、本日は災害についてのお話ですね。

マーくん:何回かご紹介いたしましたが、こういう雨模様だからこそ必要な、「住まいの無料健康診断」についてご案内いたします。

BETTYさん:住まいの無料健康診断。人の体と一緒ですね。
私もつい最近、人間ドックを受けましたけれども、お住まいもそういった健康診断が必要ということですね。
お家も、悪いところを早期に発見することで、重症化を防ぐことができるという、そういった考えのもと行われているんですよね?

マーくん:はい。やっぱり住まいも同じことなんですよね。
重症化してしまうと、補修する工事費も当然高くなってきますし、お客さまの心配ごとが増えて、心にストレスを感じてしまいます。
そのようなことをなくすためにも、住まいの健康診断をお勧めしたいなと考えています。

BETTYさん:何でも早め、早めに確認できるといいですよね。この住まいの健康診断ですが、目安として「何年」ってありますか?

マーくん:やはり目安は「10年」です。人間が健康診断を年に1回やっているように、
お住まいも建ててから10年を過ぎたら、年に1回、2年に1回の間隔で、常時やっていく
ことが必要だと思います。

BETTYさん:自分で目に付かないところもありますしね。逆に、そういうところが一番心配ですもんね。

マーくん:そうやって毎年、毎年見ていくことで、お住まいがどのように劣化していくのかを感じられると思います。

 

築10年を過ぎているお住まいの場合、定期的に「住まいの健康診断」を受けましょう。

 

BETTYさん:それから、自然災害で屋根や雨どいが破損してしまった場合、火災保険で直すこともできるんですよね?

マーくん:そうです。そのために先ほど申し上げたように、
きちんと今の建物の診断をして、そういう自然災害によって壊れた部分があれば、火災保険が使える場合があります。
もちろん、保険会社に確認が必要ですし、どのような保険に入っているのかによっても変わってくるのですが、
そういった被害があれば、保険会社への提案も重ねて私どもが行いますので、ぜひ、気軽にご相談いただければと思います。

BETTYさん:「火災保険」という名前をいつか見直すことになるくらい、補償内容は多岐にわたるんですもんね。

マーくん:火災保険という名前の印象ですと、災害に適用するとは皆さん思いませんので。

BETTYさん:ご自身がお入りになっている保険が、どういうものに対応しているのかを確認する必要はありますけれどもね。

マーくん:そうですね。皆さん補償内容の確認は、なかなかしていないものですから。

BETTYさん:意外とそうですよね(笑)。保険でもし修理ができるとなると、お金はそんなにかからない感じですよね?

マーくん:そうですね。ある程度、補償されますので、少しでも足しにすることができると思います。

BETTYさん:この住まいの健康診断は無料なんですよね?

マーくん:はい。無料で行っております。

BETTYさん:無料ですので、皆さん、お問い合わせしてみてください。
建ててから10年以上たっているお家は、定期的に「住まいの健康診断」を続けていただきたいと思います。

(ご相談、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

志賀塗装では新しい仲間を募集しています!

2021年10月22日

BETTYさん:本日は志賀塗装さんから、一つ、お願いがあるということですね。

マーくん:今回は、塗装工事の職人さんを募集していますというお話です。

BETTYさん:塗装工事の職人さんって、塗り替えをする方ですよね? 塗る職人さんのスタッフを募集するということですね。
志賀塗装さんは、今、結構、忙しいということですか?

マーくん:そうですね、おかげさまで、塗装工事のお問い合わせを結構いただいており、ご契約となる方が多くいらっしゃいます。
これが今年はずっと続いておりまして、ぜひ、いろんな方々に応募していただければありがたいというのが正直なところです。

BETTYさん:塗装工事の塗装の職人さんと聞くと、一般の人では難しいのかなとイメージしますが、そんなことはないですか?

マーくん:やはりレベルの差は当然出てくるのですが、診断業務などの最初の部分はベテランのスタッフの方々が行っています。
それに若い方々も何人かおりますので、一緒に勉強していけば、短期的に技術が身についてくるのではないかと考えています。

BETTYさん:では、ちゃんと教えていただけるような環境はそろっているということですよね。

マーくん:そうですね。「塗装って塗るだけじゃないの?」という話もあるのですが、意外とそれだけではなくて。
外装は全国的に見ても、トラブルや相談などが多いのですが、その原因を1つだけ申し上げるとすれば、
塗装工事は「現場で判断する力」が非常に求められるんです。

どの塗料を塗るというのは仕様書で決まっていますが、どういうタイミングでそれらを塗っていくのかは、現場での判断になります。
そこについては、やはり年数や経験が必要ですが、塗る作業については短期的に技術向上できる環境がそろっていますので、
興味がある方はどんどん応募していただければと思います。

先輩の後ろ姿を見て習えということも、昔はあったのですが、今はもう若い人たちも増えてきて、
なかなかそういう教育は受けてきていませんので、「みんなで一緒に勉強していく」という体制で育てているところです。

BETTYさん:応募は「職人さんをやっていました」という方も大歓迎ですか?

マーくん:そうですね。塗装工事って、戸建ての塗装工事もあれば、商業施設を塗る塗装工事もありますし、
厳密にはいろいろな塗装工事の種類があるんです。それを変えて弊社に入社される方も時々いらっしゃいます。

BETTYさん:ぜひ、興味のある方はお問い合わせしてほしいですね。

マーくん:そうですね。即戦力という方も求めますけれども、未経験だけれど将来的にやっていきたい方も同時に求めています。

 

志賀塗装では、塗装の職人さんを募集中です。YouTubeで職人さんのお仕事を確認できます。

 

BETTYさん:お家がみるみるきれになっていくのを見られるのは、やりがいや達成感がありそうですね。

マーくん:やっぱりお客さまに喜んでいただけるというのは、仕事をしていてとてもうれしいことなんです。
そういうことが感じられる仕事だと思います。

BETTYさん:ぜひ、お問い合わせをしてください。お電話で大丈夫ですか?

マーくん:応募は電話でも結構です。あとは職業安定所に詳細がありますので、ご覧になってからお電話をいただいても結構です。

BETTYさん:職人さんって、寡黙なイメージがありますけれども、今、志賀塗装さんはYouTubeもやっていますので(笑)。

マーくん:そうですね。職人さんたちはYouTubeの撮影も頑張っています。

BETTYさん:どういう方が働いていらっしゃるのかを見るのにも、YouTubeはいいかもしれないですね。

マーくん:そうですね、そういった雰囲気も伝えられればということで、職人さん、頑張っています。

(お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

ご家庭もオフィスも安心! ウイルス対策コーティング

2021年10月22日

BETTYさん:本日は新型コロナ対策のご案内ですね。

マーくん:私ども志賀塗装では、昨年夏くらいから消毒作業と抗菌・抗ウイルスのガラスコーティング作業を行っております。

BETTYさん:幼稚園の園バスやスマホに塗っている様子を、FMいわきでも取材をさせていただきました。
新聞にも載っていましたし、いろいろなところで報道されていますので、話は聞いておりますが、
志賀塗装さんではそういうことをやっているんですよね。

マーくん:そうなんです。このコーティング剤は、各試験結果や第三者機関から認証をいただいているものを使用しています。
最近ではお家でもしっかり消毒、抗ウイルスガラスコーティングができるように、あちこちでお知らせしているところです。

BETTYさん:ぜひ、たくさんの方に活用してもらいたいですよね。

マーくん:そうですね。特にご家庭の中でタッチするところ、皆さんが触れる機会の多い
スイッチやリモコン、ドアノブなど、数百円、1,000円、2,000円で、コーティングすることができます。
使っている薬品に関しては、いろいろなところで実証が出されているものなので安心ですし、
特に最近は新型コロナウイルスに特化した薬品も出てきています。

施工することで感染への不安を消し去ることができるのであれば、皆さんのお役に立てるのではないかと思っています。
ぜひ、ご活用いただきたいと考えております。

BETTYさん:家の中でもコロナ対策ですよね。
しかも、塗っていただくものに関しては、乾くまで時間がかかるものでもないと伺っていますので。

マーくん:そうですね。本当に数十秒で、もう1分あれば、確実に乾いています。

BETTYさん:「3日間放置してくださいね」とか言われると、乾くまでドキドキしちゃいますけど。
このコーティング剤はそんなに時間がかからず、すぐに乾くものだと聞いてますので安心していただきたいと思います。
今回は事業所さんにお伝えしたいことがあるということですね。

マーくん:「オフィスでウイルス感染対策」ということで、ご案内させていただきます。
オフィスでも、プロジェクターやコピー機、椅子、電話など、手で触れるところがいろいろとあると思いますので、
そういったものでも個別で数百円から、もしくは坪幾らで消毒ができます。

今、クラスターが出てきますが、そういうことを防ぐためには、確実にいい薬品を使っていくことがとても大事なことだと思います。
一般的にはアルコール消毒や次亜塩素酸水があるのですが、抗菌・抗ウイルス塗料をコーティングすることによって、
皆さんのお役に立てればと考えております。

 

オフィスでのクラスターを防ぐため、抗菌・抗ウイルス塗料のコーティングをおすすめしています。

 

BETTYさん:塗った場所は、菌やウイルスが住めない状態になるということですよね?

マーくん:そうです。それが長い間、維持されます。薬品によっては塗ったときだけで終わってしまうものもありますが、
この抗菌・抗ウイルス塗料は非常に長く持ちますので、そういったところも気を使われるといいと思っております。

BETTYさん:事業所さん、オフィスでもそういう対策をしていく時期に入ってきているように思いますね。

マーくん:そうですね。あとは、補助金が出る場合もあります。
万が一、感染者が出たときに、不安になるだけではなくて、きちんと活用するところは活用していくべきだと思います。
そういったこともご連絡いただければ、関係者の方や保健所さんと連携して対応することもできます。

BETTYさん:お家の中だけではなくて、会社の中のこともしっかり考えて、感染対策していきたいですよね。
会社なんて特に不特定多数の方がいらっしゃったり、同じ電話を10人も20人も使ったりするところもあるでしょうから、
そういったこともお考えになって、まずは志賀塗装さんへご相談をしてみてください。

(ご相談、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

台風のときにやっておくこと、やってはいけないこととは?

2021年09月15日

BETTYさん:台風が近づいていますが、現場のほうはどうですか? 台風前ということで忙しそうですか?

マーくん:そうですね。かなりの強風が吹きますので、まずは足場の点検を行います。
足場にはシートが巻いてありますので、そのシートをきちんと畳んで、
強い風が吹いてきても足場に負担が掛からないように対応している
状況です。

BETTYさん:足場にシートが掛かったままだと、風にあおられて大変なことになってしまいますので、
前もってきちんと対応しているということですね。
いろいろな台風対策があると思いますが、工事現場でなくても、これはやっておいたほうがいいですよとか、
これはやってはだめですよということを教えてください。

マーくん:3つお伝えしますが、決して新しいことではなく当たり前のことだとは思いますが、
毎回被害が出ていますので、ぜひ、自分ごとだと思ってお考えください。
まず1つ目は、家の周りに風で飛ぶような物は置かないようにすることが大事です。

BETTYさん:飛ぶというのは、どれくらいの風で飛ぶのかということも考えないといけませんよね。

マーくん:そうですね。台風による強風は、普通の風とは全然違いますので、
ある程度の物は片付けて家の中に入れたり、物置に入れるようにしたほうがいいと思います。

BETTYさん:お花の鉢植えも結構転がってしまいますから、気を付けたほうがいいですね。

マーくん:2つ目は、台風が来て大雨になると、どうしても雨漏れしてしまう場合があるのですが、
雨漏れがしたからといって台風のなか外に出て、屋根に上がったり、
応急措置でビニールシートを掛けるなどは絶対にしないでください。

BETTYさん:特に雨が降っている最中は危ないですものね。

マーくん:雨が降っている最中は、当然、強風も吹いていますので、
屋根の上なんて本当につるつると雨で滑りますので、落下してしまう危険性が非常に大きいです。

BETTYさん:プロの職人さんでも、そういうときは危ないですものね。

マーくん:そうです。雨で屋根がぬれているときはプロでも上がりませんので、そのへんは十分に気を付けてください。
3つ目は、もし雨漏れがあったときは、どのあたりで雨音が聞こえるのか、
どのあたりに雨染みができたのかをしっかり覚えておいて
いただいて、後ほど修理業者さんに見てもらう際に
「ここですよ」ときちんとわかるようにしておいてください。

 

大雨の日に屋根に上がるのは大変危険ですので、絶対にやめてください。

 

BETTYさん:雨が降ってくると、逆に雨漏れの点検になるかもしれないですね。
家中の天井や壁を内側から見ておくのも大事だと思います。
ご紹介いただいた3つのこと、どれも当たり前なことですけれども、大事なことですよね。

マーくん:そうです。もし雨漏れがあった際には、後からにはなりますが、診断、ご相談はできますので、
ぜひ、ご用命いただければと思います。

BETTYさん:志賀塗装さんでは、ご相談などは無料でやっていただけますものね。

マーくん:そうですね。診断、点検は無料でやらせていただいておりますので、ぜひ、気軽に声を掛けてください。

(ご相談、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)