リフォームの計画の前に、まずはインスペクション(診断)を!

マーくんの塗り替え講座: 2018年12月25日放送分

BETTYさん:今年もあとわずかとなりましたが、志賀塗装さんで「今年一番のニュース」と聞かれたら、何でしょうか?

マーくん:何といっても「住宅の劣化診断」です。
「インスペクション」ともいいますが、住宅の劣化診断がとても大事だということが、だんだん注目され始めたことです。

BETTYさん:今年一番のニュースは「インスペクション」。
リフォームをしたい、塗り替えをしたいと思ったら、今まではまずは「見積もり」だったんですが、
今年は見積もりの前に、まずは「家の人間ドック」、「家のインスペクション」という流れをつくってきたということですよね。

マーくん:そういうことですね。私たちも人間ドックを受け、その診断によって
治療の優先順位やどんな治療をしないといけないのかを考えますよね。
それと同じように家のリフォームも、まず診断をし、屋根の小屋裏を見たり、床下の劣化や、
シロアリの有無などを確認して、その上でどのような順序でリフォームをするといいのかを考えるべき
なんですね。

BETTYさん:これまでの考え方は、まずは「見積もり」でしたが、工事費用を確認することも大切ですが、
今はこの「住宅の劣化診断」、「インスペクション」を先にやっていきましょうという流れになってきたんですね。

マーくん:来年はますますその流れが広がっていくと思います。

 

リフォームをする前に、お住まいの状態を確認しましょう。

 

BETTYさん:インスペクションは、どのくらいの年数がたった住宅からお勧めしているんですか?

マーくん:築10年を越える建物になりますと、いろいろな不具合が出てくる可能性があります。
まあ、何もなければ一番いいんですが、今のお住まいの状況をきちんと調べて、
その上で「こういうリフォームが必要ですよ」と提案してもらうのが一番いいと思います。

BETTYさん:年末はご家族が集まりますし、お家のことを話し合う時間も取れそうですよね。
「来年はリフォームしようか」となった場合は、志賀塗装さんに相談すればいいですか?

マーくん:そうですね。その場合は費用も大切なんですが、まずは屋根の上から床下の基礎まできちんと見て、
状況を判断することが必要になってくると思うんです。
私どもの会社は、既存住宅の調査技術者がおりますので、安心してお任せください。

BETTYさん:屋根から床下まで、お家の全てを見るということですよね? 例えば1カ所だけ、
「お風呂のリフォームしたいんです」という感じで、お風呂だけを見てもらうということではないんですよね。

マーくん:1カ所だけを見るということではないです。もちろんご予算等もあるかと思いますので、
全体的に見させていただいた上で、「どの部分を優先してリフォームするか」という、
リフォーム計画のご提案をさせていただきます。

BETTYさん:もちろん、壊れていなければそれでいいんですけど、まずは全体的に見てもらいましょうということですね。
リフォームなどをお考えの方は、志賀塗装さんへ相談してみてください。

(ご相談、お問合せは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

「住宅用火災警報器」10年過ぎていませんか?

マーくんの塗り替え講座: 2018年12月18日放送分

BETTYさん:今回は大事なお話があるそうですね。

マーくん:今回は「住宅用火災警報器」についてお話させていただきます。
住宅用警報器は、平成18年6月1日から新築住宅の場合は必ず設置をするよう義務化されているのですが、
もう平成30年も終わりますので、設置から10年以上過ぎている
んですね。

BETTYさん:「新築のお家には必ず付けないといけませんよ」というニュースを見たのが
つい昨日のようですけれども、もう10年もたつんですね! 
すると、そのころに設置した火災警報器がそろそろ交換時期に入ってきているということですか?

マーくん:そうなんです。火災警報器の中に電池が入っているんですが、
その電池の寿命が10年くらい
なんです。

10年たったからって急にピタッと止まってしまうわけではないんですが、
10年という区切りの大事な時期になってきているんです。
既存住宅、中古住宅でも既に義務化になっていますので、ぜひ、取り付けをお勧めしたいと考えています。

BETTYさん:そうですね。平成18年以降に建てられた住宅も、それ以前からある住宅も、
火災報知器の設置が既に義務化になっていますから、取り付けていない住宅はないとは思うんですけど、
もし、「あ、忘れていた!」という方はお早めに取り付けていただければと思います。
今日も乾燥注意報が出ていますけれど、冬の時期は特に注意しなければいけませんよね。

マーくん:そうですね。最近は「連動型」の火災警報器がお勧めです。
火災の犠牲者の6割が逃げ遅れで、死因のトップは煙を吸った一酸化窒息が多いんですね。
この連動型というのは、どこかの部屋で火災が起きると、連動して全部屋に警告音が鳴るので、
逃げ遅れはだいぶ防げる
のではと思います。

ですから例えば、寝室でお休みの際に台所から火災が起きたときには、
当然、寝室の警報器も鳴るようにできているんですね。

BETTYさん:今は連動型の火災警報器が一番はやっているということですね。
火が出た部屋でしか鳴らなくて、だんだん煙が漏れてから他の部屋でも鳴ったということでは、
取り返しのつかないことになりますよね。

マーくん:そうですね。それでは避難するにも逃げ遅れてしまいますので。

 

住宅用火災警報器の寿命は10年です。
家と家族を守るため、器具の交換をしましょう。

 

BETTYさん:住宅用火災警報器、10年以上たっている方は電池の交換なんですか?

マーくん:その場合、器具の交換となりますね。

BETTYさん:器具の交換になるということですので、志賀塗装さんでもその相談にも乗っていただけるということですね。

マーくん:はい、私どもでも取り扱っていますのでご相談ください。
気付かぬうちに電池が切れていて、いざというときに鳴らないのでは意味がありませんので。

BETTYさん:本当は電池が切れるときにもピーピー鳴ってくれるといいんですけどね。
設置から何年たったかを判断基準にしていただいて、お取り換えいただければと思います。
10年はたっていないけれど連動型に取り換えたいという方も、ぜひ、志賀塗装さんにご相談ください。

(ご相談、お問合せは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

最新トイレが実物比較できるトイレ館。

マーくんの塗り替え講座: 2018年12月11日放送分

 

BETTYさん:今回は平店のショールームについてのお話ですね。

マーくん:はい。平店が外壁塗装・トイレ館として、10月にリニューアルオープンしました。

BETTYさん:外壁塗装・トイレ館。確かトイレが16台でしたっけ? 実物が展示してあるんですよね。

マーくん:「トイレを買いに来る」という感じで、皆さんに来ていただきたいと思いますので、
16台並べております。

 

トイレを16台展示しているので、それぞれの特徴や
違いを比べて選ぶことができます。

 

BETTYさん:16台ってすごい台数ですよね(笑)。

マーくん:そうですね。16台のトイレそれぞれに特徴がありますので、
ご自身の生活スタイルに合わせたり機能で選んだりできるので、わかりやすいと思います。

BETTYさん:実物が目の前にあるんですもんね。「これがいい!」って選びやすいですよね。

マーくん:そうですね。普及タイプのものから最新のトイレまで置いてあるので、
それぞれの違いを比べて選べるというのは、一番大きいメリット
だと思います。

BETTYさん:しかも、日曜日もオープンしているそうですね。

マーくん:はい。平店の休業日は水曜日と祝日のみですので、週末は開いております。

BETTYさん:しかも、ちゃんとご相談できる相手もいらっしゃるわけですよね。

マーくん:特に週末は「1級建築士とリフォーム相談会」ということで、簡単に相談できるよう、
1級建築士が常駐しています。

BETTYさん:入りやすいですし、個別でゆっくり対応していただけるということですよね。

マーくん:どうしても通常の相談会ですと時間の制限がありますし、次の相談を待っている方もいらっしゃるので、
アポイントだけ取って「じゃあ、次の方どうぞ」という話になるんですが、
この週末の「1級建築士とリフォーム相談会」の場合は、特にチラシをうっているわけではないので、
前もってご予約いただければより時間を取ってご対応できると思います。

BETTYさん:しかも1級建築士さんやベテランのスタッフさんがそろっていらっしゃるわけですよね。

マーくん:この業界で長くお仕事されている方ですので、安心してご相談できると思います。

BETTYさん:しかもいつもショールームにいらっしゃるということですものね。

マーくん:夕方5時までやっておりますので、気になることがありましたら、お気軽にお越しください。

塗り替えセミナーへ参加するメリットとは?

マーくんの塗り替え講座: 2018年12月04日放送分

BETTYさん:「塗り替えセミナー」はどんな目的で開催しているんですか?

マーくん:塗装工事というのは、お客さまにとって不安な事が多いものですから、
少しでも不安を解消できればと思い開催しております。
さまざまな公的機関のデータでも、不具合の約半分は、塗装工事後、外装工事後が占めています。
そのくらい外壁・屋根工事の後の不具合が多い
のが現状です。

BETTYさん:塗装工事後のトラブルが多いと言われても、大きな費用がかかりますので、
どうせ工事をするんだったらやっぱりトラブルのないようにしていただきたいですよね。

マーくん:そうですね。お風呂やキッチンのリフォームなどは、組み立て作業が中心なのですが、
塗装の場合は塗料を職人さんが現場で判断して使っていきます。
ほかのリフォーム工事よりも人的作業がどうしても多いので、トラブルや不具合が多いという結果になっています。

BETTYさん:塗装をしてきれいになるのはいいことですけどね。

マーくん:そうですね。お住まいが新築のようによみがえるのは塗装する喜びの一つなので、
上手に塗り替えをしていただければお客さまにとっても良いことだと思います。
ただ、塗装後のクレームが、リフォーム全体の半分以上を占めているので、現実は厳しいのだろうと考えています。

BETTYさん:塗り替えセミナーは、志賀塗装さんでは毎月開催しているんですか?

マーくん:2年ほどこのセミナーはお休みしていたんですが、やはり質の良い情報をお客さまに
きちんと提供するということも地元の会社の役割
だと思いますので、今後も続けてまいります。

今の時代、インターネットで検索すると、いろいろな情報を見ることができますが、どういうふうに
業者さんを選べばいいのかということや、塗り替えのいろはなど、そのような情報を
この塗り替えセミナーで得ていただければ
、開催する意味があるのではと思っております。

BETTYさん:もちろん、インターネットで情報は幾らでも入手できますが、目の前に実際に人がいて、
人対人で話ができるのは安心にもつながりますよね。

マーくん:そうですね。塗り替えセミナーでお客さまからいただく質問も、本当にいい質問が多いので、
そういう質問を皆さんで共有できるのも開催する目的
ですね。

 

セミナーに参加することで、塗装工事に対する
不安や疑問点を解消することができます。

 

BETTYさん:これから雪が降ったり寒い冬になりますが、いわきはまだ塗装ができるんですか?

マーくん:そうですね。いわきはほぼ年間を通して塗装ができます。
この冬の時期は、ある塗装会社さんがいわきに営業所をつくっているくらいなんで。
やはり寒くなると、福島県内、東北を含めて、塗装工事ができるエリアが非常に限られてくるので、
冬の時期はいわき市に塗装業者さんが増えるんです。

BETTYさん:そうか。冬は塗装工事ができる地域が限られるから、
塗装工事ができない地域の業者さんがいわきに来るわけですね。
そういうことも正しく見る目を持つことも大事ですよね。

マーくん:そうですね、大事だと思います。万が一不具合があったときに、
いち早く対応できるのは地元の会社さんだと思います
ので。

BETTYさん:志賀塗装さんでは今後もこの塗り替えセミナーは続けていくということですね。

マーくん:はい。相談会も開催しつつですが、なるべく日にちを分けたりして
多くの機会をつくっていければと考えています。

BETTYさん:ためになるお話がたくさん聞けると思います。皆さんお気軽にご参加ください。

塗り替えセミナーでわかること。

マーくんの塗り替え講座: 2018年11月27日放送分

BETTYさん:今日はイベントの案内があるそうですね。

マーくん:はい、本日11月27日14時から、「塗り替えセミナー」を開催させていただきます。

BETTYさん:「塗り替えセミナー」を今日このあと開催するんですね。会場はどちらでやるんですか?

マーくん:いわき駅前にLATOV(ラトブ)がございますが、LATOVの6階、いわき商工会議所の第1会議室で行います。

BETTYさん:LATOVの6階、商工会議所の会議室での開催ですね。
いつもわかりやすいセミナーを心掛けて開催されているということすが、代表の志賀さんが本日も講師ですか?

マーくん:今回は、フリーアナウンサーの立原めぐみさんにお手伝いしていただきます。
「消費者にわかりやすく」をモットーにしていますので、
志賀と立原さんによるセミナーとなっております。

BETTYさん:よりわかりやすく、身近に感じそうですね。何となく「塗り替えセミナー」と言われると、
難しい内容なのかなと思いますけれども。

マーくん:どうしても講師が志賀だけですと専門的な感じになってしまって、お客さまも何となく
堅苦しく感じる部分が出ると思うんですけど、フリーアナウンサーの方に入っていただくことによって、
消費者目線で会話ができる
のではないかと思うんですね。

BETTYさん:面白い形式になりそうですね。

マーくん:そうですね。今回のセミナーに参加するメリットが6つございます。
まず、1つ目は、塗り替えの適正価格がまずわかります。

BETTYさん:お金の話ですね。料金は大事ですよね。

マーくん:2つ目は、適切な家の塗り替え時期がわかります。
3つ目は、良い塗料を塗っても、どうしても失敗する方がいるんですが、
その失敗する理由をお伝えさせていただきます。

BETTYさん:なるほど! もう今すぐ聞きたいですね(笑)。

マーくん:4つ目は、業者選びの判断基準がわかります。
5つ目は、塗り替え工程の重要ポイントがわかります。

BETTYさん:塗装工事で塗っていく工程ですね。

マーくん:そうです。工程の中でも、「ここは大切!」という部分を重点的にご説明させていただきます。

BETTYさん:すごい! どれも知っておきたい情報はかりですね。

マーくん:ぜひ、皆さんに聞いていただきたいです。そして6つ目は、
アトピーやアレルギーの方も多いので、健康生活のリフォームについてお話させていただきます。

 

塗装工事で大切なことを、
消費者目線でわかりやすくお伝えしています。

 

 

BETTYさん:お金のこと、塗り替え時期、失敗する理由とか、お客さまにとって必要な情報ですよね。
あと、健康リフォームも気になります。

マーくん:そうですね。お住まいにカビが生えたりすると、体にはよくないですから、
そのへんもお話をさせていただきます。ぜひ、たくさんの方にお越しいただければと思います。

 

塗装現場見学会の見どころは?

マーくんの塗り替え講座: 2018年11月20日放送分

BETTYさん:塗装現場見学会を開催するんですね。

マーくん:はい。今週末、11月24日(土)、25日(日)に開催させていただきます。

BETTYさん:2日間の開催ですね。この現場見学会でお伝えしたいことはどのようなことですか?

マーくん:1つ目は、見学会の会場は塗装が完成した現場となりますので、
実際に塗装された建物を見ていただけます。

BETTYさん:もう塗りたて、ということですもんね。

マーくん:そうですね。
塗装というと、外壁や屋根の大きい部分はもちろんなのですが、そのほか細かいところも塗っていくわけです。

打ち合わせの時点で、外壁や屋根が塗られている状態をイメージすることはできると思うんですが、
そこに付属した雨どいは、どんな色で塗るとどんなふうに仕上がるのかは、
実際に現場で見ていただかないとイメージしにくい
と思うんですよね。

BETTYさん:そうですね。できたものをそのまま見せていただけるということですから、
イメージしやすいですよね。会場として提供してくださるお家の方にも感謝ですね。

マーくん:そうですね。本当にありがたいです。
2つ目は、これから見積もりを取る方や、すでにほかの会社さんで見積もりを取っている方など、
皆さんいろいろだと思うんですが、見積もりの項目の中には、
「これはどこの部分の塗装のことを言っているのかな?」と不思議に思う部分やわからない部分もあると思うんです。

ですから、そういう見積もりの項目で不明な点があったとき、現場見学会に持ってきていただければ、
詳しくご説明させていただきます。

BETTYさん:細かく項目が書いてあっても、実際にどの部分のことなのかわかりにくい。
たしかに専門用語で書かれていると、お客さまにとってはわかりにくいのかもしれませんね。

マーくん:そうなんですよ。例えば、足場を立てて塗装をする段階で初めて、
「この部分は傷んでいるので、塗装ではなくて張り替えないと駄目ですよ」とわかる場合もあるんですね。
このような細かい注意点も、その場でいろいろご説明できますので、
ぜひ、プロのアドバイザーからお話を聞いていただければと思います。
気軽に声を掛けてください。

 

塗装現場見学会では、塗装の細かい注意点なども
ご確認いただけます。

 

BETTYさん:現場見学会にもアドバイザーの方がいらっしゃるんですね。
じゃあ、ぜひ、声を掛けていただきたいですよね。

マーくん:そうですね。塗装の現場見学会なので、塗装に関する資料もいろいろ用意してお待ちしています。
ためになる情報ばかりですので、ぜひ、お越しください。

BETTYさん:勉強になると思いますし、ご来場特典もありますもんね。

マーくん:はい、いつものようにご用意しております。

BETTYさん:しかもお約束として、志賀塗装さんはしつこい営業はしませんしね。
安心して見に行っていただければと思います。

 

リフォーム、外壁塗装のご相談の際は、ぜひ図面や写真を!

マーくんの塗り替え講座: 2018年11月13日放送分

BETTYさん:11月10日と11日に、第80回目の相談会を開催されたんですね。

マーくん:そうです。「80回」という数字にもびっくりするんですけども、
今回は常磐のTOTOいわきサテライトショールームをお借りしてリフォーム祭(相談会)を開催させていただきました。
おかげさまで今回も多くのお客さまにご来場いただきました。また、具体的な工事のご依頼もたくさんいただきました。

BETTYさん:よかったですね。10日、11日はお天気も良くて行楽日和でしたよね。
「お出掛けのついでに寄った!」という方もいらっしゃるでしょうし、この相談会をきっかけに、
リフォームの最初の一歩を踏み出されるお客さまもいらっしゃったんですね。

マーくん:そうですね、大変ありがたいですね。相談会にお越しいただいて、
リフォーム工事情報や補助金の情報など、いろいろな新しい情報に触れていただいて、
「あ、そうか、こんなものがあるなら、今すぐリフォームしようかな」とか、「こんなことがあるなら、
これからリフォームの計画をしてみようかな」と、リフォームを考えるきっかけになれば
と考えております。

BETTYさん:今回はTOTOさんで開催させていただいたということで、実際に商品を見て触ることによって、
よりイメージできますよね。

マーくん:そうですね。TOTOさんは水まわりの商品が充実していますし、
私どものメインの塗装の商品もご紹介をさせていただいています。

BETTYさん:相談会会場へ、志賀塗装さんからいろんな写真を持っていくんですもんね。
だから、「ああ、これがこうなったんだ」というのが一目見てわかりやすくご紹介されているんですよね。

マーくん:あと、ご来場いただいた方は、リフォームを真剣に考えていらっしゃる方が多いので、
自分の家の図面や写真を撮って持ってきてくださる
んです。それだけ真剣さが伝わってきますよね。

BETTYさん:そういうものを持って行った方がいいんですか?

マーくん:図面や写真をお持ちいただくと、お客さまのお住まいの状況がある程度わかりますし、
私どもも真剣にお客さまのお気持ちにお応えしようと身が引き締まります。
ありとあらゆる情報を提供させていただいて、お客さまにより良いリフォームをしていただきたい
と思っております。

 

図面や写真をお持ちいただくと、
具体的なご提案ができるのでお勧めです。

 

BETTYさん:「お家の外壁の塗装をしたいんです」なんていう方は、
お家をパシャリと写真を撮って持ってきてくださるということですよね。

マーくん:そうです。今はスマホの時代ですので、スマホで撮って、
スマホで見せていただいたりという方が非常に多くなってきています。

BETTYさん:そうか、わざわざ現像しなくてもいいんですよね(笑)。簡単ですね!

マーくん:もちろん、デジカメで撮って持ってこられる方もいますけど、
今はスマホをお持ちの方が多いので、スマホで撮って持ってこられますね。

BETTYさん:例えば、水まわり、キッチンをリフォームしたいという方も、
「うちのキッチン、こんな感じなんですけど」って写真を撮ってきていただけるとわかりやすいですよね。

マーくん:そうですね。
やっぱり打ち合わせをする際にも、図面や写真があるとより具体的なご提案やアドバイスができますので。
お客さまもより良いリフォームの情報が得られると思います。

 

リフォーム業界の最新トレンド「断熱リフォーム」とは?

マーくんの塗り替え講座: 2018年11月06日放送分

BETTYさん:先週はリフォーム研修会へ参加するために、志賀塗装の皆さんで東京に行かれていたんですよね。

マーくん:そうですね。アドバイザー全員で行ってまいりました。新築業界と私どものリフォーム業界では、
見積もりの書き方やつくり方も違うんだなと改めて確認をしましたね。

BETTYさん:そんなに違うものなんですか?

マーくん:はい。例を挙げますと、新築の場合は更地の上に基礎からつくっていくわけですが、
リフォームの場合は、キッチンでもお風呂でも新しくするときは必ず「解体撤去工事」をします。
これは新築にはない項目だと思います。

あとは、リフォームならではだと思うんですが、「家具の移動」があります。
住みながら工事をするので、生活の家具はみんな置いてあるわけです。

それをお客さま自身が移動するのか、私どもが移動するのかによっても変わってきます。
そのへんがリフォーム工事ならではの見積もりの項目かなと感じました。
工事の進め方を見直すきっかけになった研修会でした。

BETTYさん:リフォームを依頼されるお客さまにとって大事なことは、
「安心できる業者かどうか」というところですよね。安心できる、イコール見積書は大事ですよね。

マーくん:非常に大切ですよね。そして今回の研修会で、これからのリフォーム業界のトレンドも見えてきました。
つまり、お客さまが「何に」困っているのか、そういう部分も見えてきた気がしましたね。

BETTYさん:今後のリフォーム業界のトレンド、注目すべきリフォームとは、ズバリなんでしょう?

マーくん:トレンドはズバリ、「断熱リフォーム」ですね。
今のお住まいを夏は涼しく、冬は暖かくすることに注目が集まっています。
例えば、真夏に冷房を入れていても、窓や玄関ドア、専門用語で「開口部」というのですが、
そこから外の熱が7割も入ってくる
んです。

BETTYさん:せっかく部屋を涼しくしているのに、外の暑い熱が入り込んできちゃうんですか。

マーくん:そうなんです。
そして冬も、家の中の暖かい熱が外へ逃げる割合が一番多いのは、窓や玄関まわりなんです。
5割以上外へ逃げてしまう
んですね。ですので、このあたりに注目してリフォームをするべきだと考えております。

BETTYさん:暑さとか寒さとか、皆さんお困りだとは思うんですが、
これが本当にリフォームで何とかなるものなのか、やはり1度ご相談された方がいいですよね。

マーくん:そうですね。
これだけ開口部から熱の出入りがあるということは、当然光熱費も余計にかかりますので。
断熱リフォームをすることで、どのくらい光熱費を減らせるのかということも大切なポイント
だと思います。

 

断熱リフォームをすることで、
夏は涼しく冬は暖かく過ごすことができます。

 

BETTYさん:またいろいろな補助金も出るかもしれないですしね。

マーくん:そうですね。
今後もいろいろな補助金が出てくると思いますので、そのときはまたこのコーナーでお知らせいたします。

BETTYさん:「断熱リフォーム」がトレンドということで、ぜひこの機会に志賀塗装さんへ相談してみてください。
「冬が来るたびに、家の中が寒くて嫌なんだよね」という方もね。

マーくん:そうですね。急に寒くなりましたもんね。ご相談をお待ちしております。

(ご相談、お問合せは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

お客さまにメリットのある最新の情報を提供します。

マーくんの塗り替え講座: 2018年10月30日放送分

BETTYさん:今日は志賀塗装の皆さんは、お勉強に行かれているんですよね。

マーくん:はい。戸建て住宅リフォーム工事見積書の講習会に参加しております。
最近はインスペクションといいまして、住宅劣化診断の実施やリフォーム瑕疵保険など、
消費者支援対策がたくさん行われる時代になってきました。

BETTYさん:そこで一番大切な見積書ということで、皆さんで研修に出掛けて、書き方を覚えたり、
その確認などを行っているわけですね。どんどんレベルアップしていきますね。
リフォームは、補助金や技術的な視点からの見積もり作成力がとても大事だと常々おっしゃっていますもんね。

マーくん:日々、補助金も変わってきますので、勉強を重ねて
「地元で一番身近なリフォーム店」を目指し、お客さまに還元できればと考えております。

BETTYさん:志賀塗装の皆さんって、頻繁にお勉強会や講習会に出掛けていらっしゃいますよね。
補助金もいろいろありますものね。常に新しい情報を学んでらっしゃるんですね

マーくん:そうですね。補助金は期限が決まっていますので、乗り遅れないように勉強しております。

BETTYさん:なるほど!その決まっている期限の間にお客さまに提案できないと、
使うことができないということですもんね。

マーくん:要件を満たしていればお使いいただけますので、お客さまに正しくご提案できるよう心掛けています。

お客さまにメリットのある最新情報を
提供できるよう心掛けています。

 

BETTYさん:それから、住宅劣化診断、インスペクションといいますが、
最近、されるお客さまも増えてきていますよね。

マーくん:そうですね。今お住まいのお家で気になるところがある場合や、
中古住宅のご購入される場合など、住宅劣化診断、インスペクションをされると安心ですので、
ぜひご利用ください。

BETTYさん:皆さんもお家のことでお困りでしたら、志賀塗装さんまでご相談ください。

(ご相談、お問合せは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

ご来場の方にわかりやすい情報を提供しています。

マーくんの塗り替え講座: 2018年10月23日放送分

BETTYさん:イベントを2週連続で開催ということで、すごくにぎやかだったようですね。
おつかれさまでした。

マーくん:ありがとうございます。おかげさまで400名近いお客さまのご来場がありました。
非常にうれしい、ありがたい2日間になりました。

BETTYさん:たくさんの方に足を運んでいただけて、本当によかったですね。

マーくん:そうですね。今回は外壁塗装とトイレの2つに絞ったご案内だったのですが、
今まさに塗装を考えているお客さまや、トイレを16種類展示させていただいたので、
トイレをリフォームしたい方が多く来られましたね。

BETTYさん:実際のトイレが16台、ずらっと並んでいるんですもんね。

マーくん:そうですね。実際のトイレを見て触ってもらえたので、お客さまも決断が早いですよね。

BETTYさん:トイレって本当に種類が多いですから、カタログを見ているだけだと迷ってしまうのもわかりますよね。

マーくん:今回、展示場の方で情報を整理させていただいて、
少しでもお役に立てるよう工夫しました
ので、それもよかったんだと思います。

BETTYさん:リフォームというのは情報の質がとにかく大事だと、いつもおっしゃっていますものね。

マーくん:そうです。今はネット社会なので、いつでも情報を取ることは可能ですが、
私ども専門家がどのような情報を提供するかということが大切になると思うんです。

どのようにすればお客さまの目線に立った情報を提供できるのかを常に考えております。
専門用語ばかりだと、お客さまにとってはわかりにくいかと思いますので。

BETTYさん:たしかに一般のお客さまからすると、専門用語はわかりにくいですよね。

マーくん:ですので、私どもで展示している商品案内等は、専門知識のない事務員が聞いても、
塗装の職人さんが聞いても「あ、これだな」とイメージできるよう、わかりやすくつくられています。
ですから「情報の質」に関しては、お役に立てる自信があります。

 

専門用語や情報を、お客さま目線でわかりやすく
ご説明させていただきます。

 

BETTYさん:その情報をお客さまに活用してもらって、リフォームや塗装ができればとてもいいことですよね。

マーくん:どうしてもネットだけですと、商品の専門的な用語が入ってくるので、
なかなかイメージがつかないと思います。
その部分をかみ砕いてお客さまにご説明をさせていただくことが、私たちの役目だと思っています。

BETTYさん:イベント当日は、トイレに座ったり、触ったり、忙しかったのではないですか?

マーくん:もう、すごかったです(笑)。展示場が少し手狭なもんですから、
そこに400名ほどのお客さまが次から次へと入ってくると、ギュウギュウ詰めになってしまって。

BETTYさん:でも、本当に多くの皆さんにお越しいただいて、楽しい、うれしい、
ありがたい2日間だったということですね。

マーくん:そうなんです。これを機会に、ぜひ、これからも多くの方々に活用していただければと思っております。

 

志賀塗装へのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら
  • 資料請求
  • 無料診断お申込
  • 無料見積り依頼
お電話でのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-4116-99(受付時間:午前8:30〜午後8:00)

お問い合わせ後に、無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。