第三者機関のテストに合格しているコーティングを無料提供 | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日

塗替え講座

第三者機関のテストに合格しているコーティングを無料提供

2021年05月10日

BETTYさん:前回の抗菌・抗ウイルス対策できるスマホへのコーティングのお話は、
「そんなことができるの?」とびっくりしました。

マーくん:スマートフォンの表面に抗菌・抗ウイルス対策用のガラスコーティングを、
いわき市民の方々に無料提供しています。
このガラスコーティングは、すぐに乾いてしまうコーティング剤なんです。
スマホの表面に液体を落として、こすってキュッキュッと拭いていくと、きれいになると同時に10秒から15秒で固まります。

BETTYさん:そんなに早いんですね。
しかも、体に安全で、操作にも影響がなくて、そして無色透明なんですよね。

マーくん:そうなんです。
ある幼稚園でガラスコーティングを行ったことがありまして、職員の方々も、皆さん喜んでくださいました。

先生たちは、勤務時間中は子どもたちから離れられないので、カゴにスマホをまとめて入れて持ってこられました。
初めて見る光景でしたが、「ああ、なるほど」と思って。

BETTYさん:そのほうが一遍に済みますものね。「あとはよろしく!」という感じですね(笑)。
このコーティング剤は第三者機関のテストにも合格していて、ヨーロッパにも輸出が始まっているそうですね。

マーくん:コーティングの材料は、このようなコロナの影響で、いろんな材料が出てきています。
それが本当に効くのか、信用できるものなのか、皆さん、最初に気にされると思います。

私どもが使用しているコーティングは、そういった第三者機関の認証、実証実験をしてきている結果があります。
この製造元の液体はヨーロッパにも輸出され、使用が始まっています。

BETTYさん:ちゃんと第三者機関のテストにも合格しているものですから、それも安心ですよね。

マーくん:例えば、「口に含んでも大丈夫か、大丈夫ではないか」というテストも行っていまして、
もちろん「大丈夫」という結果が出ています。

コーティング剤は、第三者機関の認証、実証実験を行っておりますのでご安心ください。

 

BETTYさん:このガラスコーティングを、いわき市民の方々のために無料で提供してくださるということですが、
簡単な条件があるんですよね?

マーくん:ガラスコーティングはきちんとした施工条件で行わないといけないので、
小名浜の本店への予約が必要
になります。

弊社は日曜日や祝日がお休みになっていますので、日曜祝日以外で平日にお越しいただける、
いわき市にお住まいの方が対象
とはなりますが、対応させていただいています。

BETTYさん:皆さんもご存じかと思いますが、スマートフォンって本当に汚いって言われてますものね。

マーくん:そうですね。コーティング前に、検査器で検査をしてからコーティングをするのですが、
そうすると、すごい状況がわかるときがあったりします。

BETTYさん:すごい状況! 怖い、怖い、怖い(笑)。

マーくん:もちろん、スマートフォンが悪いわけではなく、菌やウイルスの問題ですが、
それをそのまま使ってしまうのは・・・という感じもしますので。

BETTYさん:そうですね。皆さん、いろんなところで気を付けていらっしゃると思いますし、
手指消毒したり、マスクをしたり、大変ですけど、スマホは本当に身近なものの1つですものね。

マーくん:そうですね。あとは、お子さんがスマートフォンを触る場合も多いので、
やっぱりそこも気になるところの1つかなと思います。

BETTYさん:皆さんもぜひご検討いただければと思います。
いわき市にお住まいの方に無料で提供しているということですので、
ご希望の方は志賀塗装さんの本店へお問い合わせください。

(お問い合わせ、ご予約は、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

いわき市にお住まいの方。スマホの画面に感染対策コーティングを無料提供します!

2021年05月10日

BETTYさん:本日はビッグなお得情報のお知らせですね。

マーくん:現在、コロナ感染防止対策として、私立幼稚園で抗菌・抗ウイルス効果のあるコーティングをしているのですが、
今回はいわき市民の皆さまのスマートフォンに、抗菌・抗ウイルス機能があるガラスコーティングを無料提供いたします。

BETTYさん:何にコーティングをするかというと、なんと、スマートフォン!
毎日使っているスマホにコーティングをしてもらえるというのは、本当にありがたいですね。

マーくん:はい。手や喉は帰ってきてから消毒やうがいができても、スマホは洗えないですよね。
よく考えてみると、毎日いろいろなところを歩いてきて、手と喉は消毒してもスマホはそのままということが
結構あるんじゃないかなと思っています。

BETTYさん:確かにそうですね。もしスマホにウイルスがついていたら、
手を洗っていてもまた皮膚についてしまって、それがもとで感染、という可能性も考えられますものね。

マーくん:そうですね。菌やウイルスは表面がすべすべなほど生き延びますし、
水や脂分があれば余計そうなると思います。

BETTYさん:そうすると、スマホは表面がすべすべだし、脂分もある。
生き延びる条件がそろってますね。

マーくん:スマホの機種によって異なるかもしれませんが、その可能性はありますよね。
このコーティングは液体を3回塗ります。

普通にこすって汚れを落とすのと同じようにスマホのガラス面を数十秒拭いていくと、すぐに乾いて、
塗ったか塗らないか全然わからない状態になります。操作にも全く支障はなく、体にも無害です。

コロナ感染防止対策の一環として、スマートフォンの表面に、
抗菌・抗ウイルス機能のあるガラスコーティングを無料で行っております。

 

BETTYさん:3回も塗るというと、何となくボコッとなっているのかなとか、
盛り上がりがあるのかなと思ったのですが、そんなことはないんですね。
しかも、無料でコーティングしてくださるんですよね。

マーくん:そうです。スマホは何台でも結構ですが、コーティングできるスタッフが限られてますので、
お手数をお掛けしてしまいますが、必ず予約をしてから小名浜の本店へお越しください。

BETTYさん:もちろんお休みもありますよね?

マーくん:そうですね。スタッフの休みと会社の休みがあります。
原則、日曜、祝日がお休みで、時間帯も17時くらいまでですので、タイミングを合わせていただけるとありがたいと思います。

BETTYさん:これを無料で提供しようと思われたのは、どうしてですか?

マーくん:コロナが長期化してきて、こういう盲点があったことに気づいたんです。
今回のコロナウイルスに限らず、細菌やウイルスは意外なところにたくさんあるものなので、
私どもの会社の技術を活用できるのであれば
と思い立ったのがきっかけです。

BETTYさん:幼稚園バスにも抗菌・抗ウイルス機能があるコーティングを無料でされていて、すごいなと思います。
今度はいわき市の皆さん一人、一人に目を向けられたということですね。

マーくん:そうですね。いわき市でもウイルス感染から守ろうと動いている方も多いので、
弊社でできる範囲ということにはなりますが、こういったこともお役に立てればと考えています。

BETTYさん:しかも数十秒で乾く優れものですからね。

マーくん:そうですね。
スマホ1台のコーティングは、いろいろお話をしながらでも5分から10分くらいあれば終わると思います。

BETTYさん:そしてすぐに使えるんですもんね。

マーくん:もちろん、すぐに使えます。

BETTYさん:これは、小名浜の本店のみ、予約ができる方のみ、いわき市にお住まいの方のみの対応となります。
ご希望の方は事前に予約をお願いします。

マーくん:ご予約は電話のほかにLINEでも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください。

BETTYさん:ご予約はLINEでもオーケーということですので、志賀塗装さんの公式LINEをまずは登録していただきたいと思います。

LINE公式アカウント「志賀塗装・わが家」の友だち追加はこちらから

(ご相談、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

春はシロアリの活動が活発になる季節です

2021年05月10日

マーくん:ついにこの季節がやって来てしまいました。

BETTYさん:何の季節がやって来たんでしょうか?

マーくん:「この季節」とは、シロアリの季節です。住宅の木材を食べてしまいます。

BETTYさん:さらっと言いましたけれども、嫌ですね、怖いですね。

マーくん:これからが非常に厳しい季節になります。決して驚かすわけではないのですが、最近、地震が結構多いですよね。
そのような地震によって、「外壁や基礎に隙間やひび割れができた」というお問い合わせが増加しているんです。

BETTYさん:私の友人も「お家にちょっとひびが入っちゃったんだよね」と言っていました。
外壁にひびが入って隙間ができると、そこから水が染み込んでいくということですよね?

マーくん:はい。今日もこれから雨の予報ですが、雨が降ってくると、どうしてもそういうところに染み込んでいってしまいます。
その水が染み込んだ住宅の隙間というのは、シロアリにとっては好都合なんです。

BETTYさん:そうなんですね。嫌だ・・・。

マーくん:シロアリは土の中にいますので、住宅の隙間に水が入ってくると移動してきます。
特に先ほども言いましたように、最近は地震が多かったので、この機会にひび割れなども含めて、
住宅診断だけでもしておくことが大切
だと思います。

 

地震の影響で、外壁や基礎にひび割れが生じている住宅が増えています。
シロアリが侵入する可能性がありますので、住宅診断を依頼しましょう。

 

BETTYさん:例えばそのひび割れが、浅いものなのか、すごく深いひび割れなのかも気になりますよね。

マーくん:そうですよね。そういう部分も含めて診断をすることが必要になってきます。

BETTYさん:これは家の診断はもちろんですが、シロアリの検査もしてもらえるんですか?

マーくん:当然、私どもでやらせていただいています。

BETTYさん:では、「住宅の診断とシロアリの診断を一緒にやってください」とお願いすれば大丈夫ですね。
この診断はどのくらい時間がかかって、費用はおいくらですか?

マーくん:お時間は2時間くらいかかると思います。料金は無料で診断しております。

BETTYさん:無料なんですね、それは助かりますね。家のことって、わかっているようでわかっていないですよね。
住んでいるけれども、家の奥までは見えなかったりしますからね。

マーくん:そうですね。普段見えないところも詳しく見させていただいて、
そのお手入れをどうしたらいいかという部分までご提案させていただきます。

BETTYさん:人間の体と同じですね。

マーくん:そうです。健康診断や人間ドックと一緒ですよね、住宅も。

BETTYさん:そうですね。シロアリがいると言われたらドキッとしますが、
見つけられたということは、それはラッキーですよね。

マーくん:そうです。
シロアリ被害は知らぬ間に進んでしまいますので、そういうのものを早期に見つけることが非常に大切だと思います。

BETTYさん:本当、人間の体と一緒ですね。
お家がどうなっているのかの診断や、シロアリの検査もやってほしいという方はどうしたらいいですか?

マーくん:私どものフリーダイヤルにお電話ください。すぐに対応させていただきます。

BETTYさん:では、お電話一本でお問い合わせができるということですね。
お家に隙間やひび割れがあって心配な方は、志賀塗装さんへお電話してみてください。

(ご相談、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

小名浜の本店にお越しいただく大切な理由

2021年05月10日

BETTYさん:志賀塗装さんでは塗装工事の打ち合わせや契約などを、
小名浜の本店で行っているそうですが、それはなぜですか?

マーくん:塗装工事の前に、まずはご自宅の外壁や屋根の状況を確認し「診断書」を作成しますので、
初回だけは訪問させていただきますが、2回目以降の打ち合わせは小名浜の本店で行います。

診断書をご覧いただきながら打ち合わせを行い、その際、本店の北側の壁も見ていただきます。
平成18年(2006年)から塗装の傷み具合の実験として、本店の壁に塗料を塗っているんです。

BETTYさん:塗料の傷み具合の実験を会社の壁でやっているというのが、何回聞いてもすごいなと思います。
実際にお見積もりに出す塗料が塗ってあるわけですから、お客さまもわかりやすいですよね。
さらに、どんなふうに汚れていくか、古くなっていくかも見られるということですよね?

マーくん:そうですね。私どもが開発した『浜風(はまかぜ)』という塗料は3種類あるのですが、
本店の壁にその3種類を塗り分けています。
種類ごとにもちも若干変わりますし、劣化具合もある程度わかるようになっています。

1番もつものは塗った時期が古くても、壁の具合はまだまだもっている状態なんです。
本店では、そのような塗装の違いをご覧いただけるようになっています。

塗装にはいろいろな種類がありますので、本店の壁の状況をご覧いただきながら、もちろんご予算についての
お客さまのご意向も大切にしながら、私どもと一緒に工事のイメージをつくってもらえれば
と考えています。

 

志賀塗装本店の外壁は、年代や種類ごとに塗料を塗り分けていますので、
経年劣化の状態を一目で確認できます。

 

BETTYさん:塗装した壁を実際に見ていただいて、予算の件も考えながら、
志賀塗装さんと一緒にイメージをつくっていくということで、本店での打ち合わせを行っているんですね。
今の時代はネットで検索すれば、塗装の写真やイメージをいくらでも見ることができますけれど、
それとはちょっと違うんでしょうね。

マーくん:そうですね。ビフォーアフターみたいな形で写真が載っているものはあると思うのですが、
じかにその状況が見られるというのは、お客さまにとって非常に参考になると思います。

BETTYさん:壁一面にいろんな塗料が塗ってあって、塗装が今後どうなるのか、
その場で一目見てわかるということですものね。

マーくん:それが平成18年から始まっていますので、その経年劣化の状態はなかなか見られないと思うんですよね。

BETTYさん:よく平成18年に塗ろうと思いましたね。

マーくん:当時、たまたま外壁が汚れてきていたので「塗装がしたいな」と考えていたんです。
そのときに「何年か後に劣化状況が見られるようになればいいな」と考えて、塗ってみました。

BETTYさん:さすが、塗装屋さん(笑)。
会社の見栄えを取るわけではなく、お客さまのために壁もちゃんと有効活用しているんですね。

マーくん:このような劣化状況はなかなか見られませんので、今では大変助かっています。

BETTYさん:本当ですね。「これを見ていただければわかりますよ」というものが本店にあるんですものね。
ぜひ、見ていただきたいですね。

マーくん:はい。ぜひ、お越しいただきたいと思います。

BETTYさん:お勧めです。皆さんご自身の目で確認してみてください。

塗装工事の現場には、現場でしか感じ取れないことがあります

2021年04月19日

BETTYさん:前回、「塗り替え業者の選び方」についてお話を伺いましたが、もう少し業者さん選びのポイントがあるそうですね。
とても大事なことなので教えてください。

マーくん:とても悩ましくて大変なことですが、業者選びは「しっかり考えること」が大切です。
まずは実際に、塗装工事の現場を見せてもらいましょう。
現場まで行くということは時間も手間も掛かりますが、とても大事なことがわかります。

BETTYさん:塗装工事の現場に行くと、感じるものがあるんですね。
興味深いお話ですが、具体的にわかることを教えてください。

マーくん:まず、現場に行きましたら、「工事用の看板がしっかり掲げられているか」を確認してください。
現場のお宅だけではなく、近隣の方々にもどのような会社がこの工事を行っているのかを周知することが大切なんです。
私どもは工事が始まる前に、ご近所さんへ「工事をさせていただきます」とごあいさつをさせていただきます。
もちろんご近所さんに迷惑を掛けないよう工事を進めるのですが、万が一ということもありますので、
弊社への連絡先がわかるよう、近隣から非常に目立つ場所に看板を掲げます。
もし何かありましたら、お電話をいただければすぐに対応できる体制を整えています。

BETTYさん:工事でご近所の方に迷惑が掛からないよう気を配る。大事なことですね。

マーくん:そうですね。お客さまがその地域でずっと住んでいくわけですし、近隣さんとの付き合いも長くあるわけですから、
当然、ご近所さんにご迷惑を掛けるわけにはいきません。
何かあったときにはすぐにご連絡いただけるよう、目立つ看板を掲げています。

 

塗り替え工事の現場へ足を運ぶことで、
近隣の方への気配りや、職人さんの仕事への姿勢を感じ取ることができます。

 

BETTYさん:塗装工事やリフォーム工事というのは、現場の職人さんの腕も大事ですけれども、
そういう近隣への気遣いという部分も重要ですね。

マーくん:そうですね。もちろん現場では、職人さんが仕事をしている様子も見ることができます。
塗装工事の現場というのは、職人さんの腕やその場の判断が非常に大切になってきますので、
どんな気持ちで工事をしているのかは、実際に現場を見ることで感じられる
と思います。

BETTYさん:職人さんの仕事ぶりや、現場の雰囲気を見ることができると安心ですものね。

マーくん:そうですね。塗り替え工事の業者さんを選ぶときには、営業マンやアドバイザーからいろいろな説明があると思いますが、
実際に現場を見て、雰囲気を感じていただくことが業者選びの一番のポイントなんです。

BETTYさん:塗り替え業者選びで大事なのは、「現場を実際に見に行くこと」なんですね。
皆さん、業者さん選びの参考にしてください。

塗り替え業者選びに大切な2つのこと

2021年04月19日

BETTYさん:前回は、「塗り替え時期」について教えていただきました。
とてもわかりやすいお話をありがとうございました。今回は、何のお話ですか?

マーくん:本日はズバリ、「業者さん選び」についてです。
もちろん、弊社、「志賀塗装」と言いたいところですが、より公平な業者さん選びの方法をお伝えします。

BETTYさん:より公平な業者さん選びの方法を、志賀塗装さんが教えてくれると(笑)。
もちろん志賀塗装さんも、とっても素晴らしい会社ですし、会社の皆さんもよく勉強していらっしゃいますし、
日々の情報発信もしていますが、どうやって業者さんを選んだらいいんでしょうか?

マーくん:2つあります。まず1つ目は、その塗装業者さんの専門分野が「戸建て」や「一般住宅」かどうかです。
「何棟やっています」という実績なら問題ないのですが、
中にはマンションやアパートなどの大型物件の塗装を実績に挙げている方もいらっしゃいます。
戸建て住宅には戸建て住宅の「塗装の流れ」があり、そういう大型物件とは異なります。
ですから、戸建て住宅に特化していることが必要になってきます。
ついでにリフォームの瑕疵保険や保証書がちゃんと付けられているかが、1つの目安になります。

BETTYさん:業者選びの1つ目は、専門分野が「戸建て」かどうか。これは大事ですね。
「お家の塗り替えはやっていないけど、大きいビルはやっています」という業者さんもいるんですね。
ビルはビルのやり方があるでしょうしね。あとは、リフォーム瑕疵保険が付けられているかどうか、ですね。

マーくん:2つ目は、「本社が地元」かどうかです。
塗装工事はリフォーム工事の一部ですので、何かあったときにすぐ駆け付けてくれる体制がとても大事です。
そのあたり地元の業者さんであれば、安心感があるのではないかと思います。

 

塗り替え業者選びの2つのポイントは、
「戸建てを専門に工事をしているか」と「本社が地元にあるか」です。

 

BETTYさん:「逃げも隠れもせず、そこにずっといますよ」ということですね。志賀塗装さんは、創業何年になるんですか?

マーくん:もう70年近くやらせていただいていています。

BETTYさん:70年! 歴史がありますね!
歴史のあるなしではないかもしれませんが、「地元に本社があってすぐに駆け付けてくれる」というのは大切なことですよね。
リフォームも塗装も、安い金額でできるものではないですから、どこの業者さんにお願いするかはよく考えたほうがいいですよね。

マーくん:そうですよね。弊社の職人さんもみんなしっかりと工事させていただいてますが、
最近は急な大雨なども多いので、保証の部分は非常に大切になってくると思います。
当然、私どもの会社は地元ですので、何かありましたらご連絡をいただければ、すぐに駆け付けて対処させていただきます。

BETTYさん:地元だと話も早いですものね。「あそこの角を曲がった、ここだよ」って言うと、もう、すぐにわかりますから。
そういう安心感もあるんじゃないかなと思います。
春は塗り替えシーズンということで、「業者さん選び」についての考え方を教えていただきました。

そろそろ塗り替え時期? 10年たったら外壁を触ってみましょう

2021年04月19日

BETTYさん:お家の塗り替えって、最初は何から考えていくものでしょうか?

マーくん:まず、お客さまのお宅が「塗り替えの時期かどうか」が一番大切ですね。

BETTYさん:時期かどうか。それはどういうことですか?

マーくん:私どもの塗装業界では、塗り替えの時期を「青信号」「黄信号」「赤信号」と例えることがあります。
まず、青信号は、少々汚れはついていますが、塗膜には影響が出ていない非常に健全な状態です。
青信号が安全なのは、交通ルールでも一緒ですね。

BETTYさん:青信号だと安心ですね。

マーくん:次が黄信号です。ここの判断が一番難しいところなのですが、
外壁を手で触っていただくと、汚れのほかに、塗料の粉が白く付くことがあります。
そのように粉が手に付くようになると、一般的には塗り替えの時期、黄信号だといえます。

BETTYさん:その手に付くものは、塗膜の一部なんですか?

マーくん:そうなんです。私どもの専門用語では「チョーキング現象」といいます。

 

外壁を手で触ると粉が付く「チョーキング現象」は、塗装が劣化しているサインです。

 

BETTYさん:触ってみてわかるなら、素人の私たちにもわかりやすいですね。塗り替えは黄信号で行ったほうがいいですよね?

マーくん:そうです。赤信号になった後ですと、塗装のほかにもいろいろな部分を直す工事が必要になってきますので、
黄信号のときに塗り替え工事をされたほうがいいと思います。

BETTYさん:塗り替えの間隔は、どのくらいが目安なんですか。

マーくん:私どもは10年と考えています。

BETTYさん:では、10年たったら、外壁を手で触ってみるということですね?

マーくん:そうですね。ご自身で触って確認して、その状況に応じて専門業者に問い合わせをするといいんじゃないかなと思います。

BETTYさん:「チョーキング現象」というのは手で触ると、例えば、赤い塗料だったら手が赤くなるんですか?

マーくん:チョーキング現象は塗膜が粉状になりますので、少し赤みはつきますが、真っ赤ではないです。

BETTYさん:粉状なもの。ザラザラするということですか?

マーくん:ザラザラというか、本当の粉ですね。例えると小麦粉のような感じです。

BETTYさん:赤信号になるとどうなってしまうんですか?

マーくん:赤信号は、ご自身の目で見て、家の傷みがわかるような形です。
例えば、外壁が割れたり、塗膜が剥がれたり、鉄部がサビたり、そのような目で見える状況が出てくると赤信号です。

BETTYさん:そうなると塗るだけではなくて、違う工事も入ってくる、ということですよね。

マーくん:そうですね。
ひび割れがあると、塗装の前に、そのひび割れを埋める工事が必要になりますので、余計なお金がかかってしまいます。

BETTYさん:とりあえず触ってみることが、まず1つの目安ですね。
でも壁全体、上から下まで触るわけにもいかないので、やっぱり自分ではわからないこともあるんじゃないですか?

マーくん:ですから、気になる状況があったら、ぜひ、私どもにお声掛けください。
今の黄信号が赤信号に近い黄信号なのか、青信号に近い黄信号なのか、そのようなことも診断できます。

BETTYさん:上から下まで壁を触るのは難しいですよね。

マーくん:そうですね。玄関先など、手が届く範囲を少し触っていただければわかると思いますから、
わざわざハシゴに登ることは危険ですからやらないでください。

BETTYさん:危ないのでやめてくださいね、皆さん。そこは志賀塗装さんにお任せしましょう。
劣化診断もしていただけますので、ぜひ、お問い合わせをしてください。
塗り替えの目安は10年ということですので、「ああ、うちも10年だ」という方は、お電話をしてみてください。

マーくん:よろしくお願いいたします。

(ご相談、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

大切なお住まいをシロアリ被害から守る方法とは?

2021年04月19日

BETTYさん:本日はシロアリの話題ですね。

マーくん:お家のリフォームも大切なのですが、雨漏れ防止やシロアリから家を守ることは、それ以上にとても大切なことなんです。
このたび、シロアリについての小冊子を1000冊大量に発注しましたので、シロアリの時期に情報を発信しようと考えております。

BETTYさん:シロアリの小冊子を1000冊! 本当に大量発注ですね(笑)。
やはりシロアリの話は、大事なポイントがいろいろあるということですよね?

マーくん:2月に少し大きな余震がありましたよね。
あのくらいの揺れになりますと、「外壁が割れた」「屋根瓦が割れた」という電話を結構いただきます。
そういったひび割れが目に見えるところであれば、お客さまからご依頼いただければ補修ができます。
ただ、目に見えないところが割れている場合もあります。
そのような気が付かないひび割れから、雨水が浸入しますと、シロアリが発生して非常に困った状況になってしまう
のです。

BETTYさん:実際に余震でひびが入ってしまったというお宅もありますしね。

マーくん:あのときは、結構、電話のお問い合わせがありました。余震としては大きい揺れだったんでしょうね。

BETTYさん:急に「あれ?」と異変に気付く場合もあるかもしれないですね。前からあったけれども、今まで気付かなかったとかね。

マーくん:そうですね。
そのようなひび割れから入った水分によって木が湿ると、シロアリが木をどんどん食べてしまい、腐ってしまうのです。

 

シロアリは水分を含んだ木材が大好物です。
お住まいを守るため、屋根や外壁にひび割れを見つけたら早めに対処しましょう。

 

BETTYさん:木をどんどん食べていく。シロアリが柱を食べていくわけですよね。そうすると・・・。

マーくん:どんどん木が腐っていきますので、お住まいにとって非常に悪い状態になっていくことが予想されます。

BETTYさん:シロアリが木を食べる、どんどん腐る。その後はどうなるんですか?

マーくん:木が腐って劣化していきますと、家は柱が土台ですから、それが弱くなっていくわけです。
そうなると、建物が変形したり、壁が崩れてしまいます。

BETTYさん:そのシロアリの小冊子には、「こういうところを見つけたら気を付けてね」ということも書かれているんですか?

マーくん:はい。漫画風の小冊子で文字も少ないので、非常に読みやすいと思います。
字が細かく書いてあると、最初のうちはいいですけど、結構、読むのが疲れますよね。
この小冊子は文字も大きめに書いてありますし、絵が入っていますので、非常にわかりやすいと思います。

BETTYさん:「シロアリのこんなことに気を付けてね」ということや、もしシロアリがいた場合の対処法も含まれているわけですね。
この小冊子はどうやったらいただけますか?

マーくん:弊社のフリーダイヤルにご連絡いただければ、無料でお渡ししています。

BETTYさん:皆さん、ぜひ、読んで勉強なさってください。まあ、勉強というほどじゃないですかね。

マーくん:気軽に、あまり堅苦しくなく気軽に読んでいただければと思います。

BETTYさん:文字数も少ないというくらいですから、わかりやすいと思います。ぜひ、志賀塗装さんへお電話してみてください。

(小冊子をご希望の方は、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

塗り替えやリフォームの相談は、「LINE」でお気軽に!

2021年04月19日

BETTYさん:本日は新しい発表があるということですね。

マーくん:LINE公式アカウント「志賀塗装・わが家」を開設しました。LINEでお問い合わせができるようになりました。

BETTYさん:すごいですね! LINEの公式アカウントまで取ったんですね。
ということは、塗装やリフォームの相談もLINEでやりとりができる、そんなことができる時代になったということですね。

マーくん:そうなんです。このコロナ禍でなかなかイベントができない状況ですから、
こういうこともやっていかないといけないかなという形で始まったわけです。

BETTYさん:YouTubeもやってますしね。もう、志賀塗装さんのみんなはユーチューバーですものね(笑)。
YouTubeもぜひ見ていただきたいのですが、今回はLINEの公式アカウントの話題ですね。

マーくん:皆さま、気軽に登録してくださって、トイレやキッチン、外壁のご相談、お問い合わせをいただいております。
弊社のスタッフとLINEでやりとりしています。

BETTYさん:例えばLINEなら、簡単に写真を送ることができますし、より具体的にお話ができますよね。
LINEの公式アカウントでは、塗装やリフォームの情報を発信しているんですか?

マーくん:そうですね。塗装やリフォームがメインなのですが、それ以外に日常生活のちょっとしたお得な情報も発信しております。

BETTYさん:個別の相談だけではなく、情報提供もしているんですね。LINEでつながると、相談しやすいかもしれないですね。

マーくん:そうですね。リフォームの相談をしたくても、
「どんな営業の人が来るのかな?」とか「どんな会社なのかな?」という不安もあると思いますが、
LINEで気軽に相談していただくことによって、お客さまの安心につながればと思っています。

 

LINEでの相談では、キッチンや外壁など、気になっている部分を
写真に撮って簡単に送ることができるので、詳しいアドバイスやご提案が可能です。

 

BETTYさん:LINEのほうが相談しやすいという人も増えてきていますからね。
でも私なんかは、「直接、お店に行っちゃったほうが早いや!」と思うんですけど、そうじゃなくてね(笑)。
LINEだと、キッチンとかトイレとか「今、こんな感じなんだけど」って、写真を撮って送れますものね。

マーくん:そうですね。それをもとに弊社のアドバイザーが返信しますので、より詳しいアドバイスやご提案ができると思います。

BETTYさん:今はコロナが心配だから、そういう相談の仕方があると大変助かりますよね。

マーくん:そうですよね。お出掛けも皆さん控えていらっしゃいますので。
それを踏まえて、弊社もLINEを導入したという経緯があります。

BETTYさん:すごく相談しやすいと思います。LINEをやっていらっしゃる方は多いですからね。
その志賀塗装さんのLINE公式アカウントのIDを教えていただけますか?

マーくん:「@411699s」です。

BETTYさん:「@411699s」をLINEの「友だち検索」からIDに入れていただいて検索していただければと思います。

マーくん:よろしくお願いいたします。

BETTYさん:これは志賀塗装さんのフリーダイヤルの番号ですよね? 「これぞ、志賀塗装さん!」という感じがしますね。
これは誰が登録してもいいんですよね?

マーくん:大丈夫です。皆さんのご登録をお待ちしております。

BETTYさん:リフォームや塗装の情報だけではなくて、いろいろな情報が流れてくるということです。ぜひ、活用してみてください。

LINE公式アカウント「志賀塗装・わが家」の友だち追加はこちらから

火災保険は、自然災害による損害にも適用されます

2021年04月19日

BETTYさん:今回のお話は「住まいの無料健康診断」についてですが、
先日の地震の後、この無料診断のお申し込みやお問い合わせが、結構来ているようですね。

マーくん:「自宅を眺めていたら細かいひびが気になってきた」
「台風というよりは、今回の地震で瓦がずれたのかな?」というようなお問い合わせが増えてきています。
今回のような地震による損害も、火災保険で補償されることを知らない方がまだまだ多いようです。

BETTYさん:きちんと保険をかけているのですから、活用しないともったいないですよね。

マーくん:そうですね。データ上でも、補償内容に興味がなかったり、関心はあっても知らなかったという方を踏まえると、
90%くらいの方がご存じないという結果が出ています。
そもそも「火災保険を申請したことがない」という方が95%いますので、知らない方が多いみたいですね。

BETTYさん:家を建てるときに火災保険に入ったけれど、
その後の見直しは1回もやっていません、内容も全く確認していません、という方が多いということですよね。

マーくん:そうですね。火災保険は任意の自動車保険と違い、何度使っても保険料が上がらないことや、
3年前までさかのぼって申請できることなども、ご存じない方が多いようです。

BETTYさん:自分で入っている保険ですが、約款を全部読んだことがある人はなかなかいないかもしれないですけれども。

マーくん:そうですね。私は仕事柄読みますけれども、字が小さいですね。

BETTYさん:地震だけでなく台風や大雪など、自然災害はいろいろなところで起きていますからね。
いざというときの避難の仕方や、万が一、災害に遭ったときにどんな保険を利用できるのか、
加入している保険の見直しが必要なのかなど、いろいろ考えておかないといけませんね。

マーくん:そうですね。毎年、これだけ災害が続いていることを踏まえますと、
保険は被害に遭ったら考えるということではなく、今一度保険の内容をご覧いただいた方がいい
と思います。
本当に保険の種類によって、保険金が出る出ないもありますので。
被害に遭い、お問い合わせをいただいて私たちがお伺いすると、
そもそも火災保険に入っていなかったり、保険金が出なかったということもあります。
そういう場面に立ち会っているからこそ、保険を見直すことは大事だと実感しています。

 

「火災保険」は火災だけではなく、地震や大雨など、
自然災害によって受けた損害についても適用されます。

 

BETTYさん:ご自分で入られている火災保険がどういう内容のものなのか、これは保険屋さんに聞けばすぐわかることですものね。

マーくん:そうですね。それに保険証書や加入している保険会社がわかれば、インターネットでも確認できると思います。

BETTYさん:現在、志賀塗装さんでお問い合わせを受付している「住まいの無料健康診断」ですが、
お申し込みはお電話1本で大丈夫なんですか?

マーくん:「住まいの無料健康診断」のお申し込みはお電話でも結構ですが、インターネットでも受付しております。
火災保険を利用する場合、保険会社への申請や補償内容の確認は、お客さまご自身で行う必要があります。
申請するときは、「工事の見積書」や「被害状況がわかる写真」などが必要です。
一番大事なのは写真なのですが、被害箇所が高所だったり、撮り方にコツもありますので、私たちがお手伝いいたします。

BETTYさん:ちょうど昨日、私の友人も、「まさか、こんなところにひび割れが?」と家のひび割れに気付いたみたいです。
気になっている場合は、「家にひび割れがあって、火災保険に入っているけれど・・・」と問い合わせいただけるといいですね。

マーくん:そうですね。火災保険はいろいろご活用いただければ、必ずお役に立てるサービスです。ぜひ、お問い合わせください。

(ご相談、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)