水まわりの情報は、「リフォーム志賀」YouTubeで! | 外壁塗装のことなら福島県いわき市の志賀塗装株式会社

トップ
0120-4116-99 【受付時間】午前9:00~午後6:00【定休日】日曜・祝日

塗替え講座

水まわりの情報は、「リフォーム志賀」YouTubeで!

2021年03月2日

BETTYさん:「リフォーム志賀」YouTubeチャンネルでは、どんな話題を載せているんでしょうか?

マーくん:私どもでは、「志賀塗装株式会社」というYouTubeチャンネルを持っていまして、
主に塗装工事について話しているのですが、「リフォーム志賀」では主に水まわりを中心に、
リフォームに関連する情報をお届けしています。

リフォームを検討されている方に聞いてほしい内容や情報を発信していこうと思っています。

BETTYさん:これは全く違うチャンネルだと思っていいんですよね?

マーくん:そうですね。この「リフォーム志賀」のメインプレゼンターはリフォーム事業部の店長さんなんです。
今はメーカーさんや完成見学会などオンラインで行っているものが多いのですが、
「リフォーム志賀」のYouTubeチャンネルでは、店長さんが実際に現場でお受けしたお客さまからの質問をもとに、
「こういった質問があった」「こういった事例があった」というものを紹介しているので、
とても具体的にリフォーム工事のツボがわかる
と思います。

BETTYさん:なるほど! リフォーム事業部の店長さんが紹介してくださっているから、より詳しくわかるのですね。

マーくん:そうですね。特にカタログだけではわかりにくい部分も、
そのカタログの見方や工事中の写真を入れながら流れを解説しています。

BETTYさん:リフォームをするときってやっぱり不安な部分はいろいろありますよね。
その不安な部分をわかりやすく解説してくれて、クイズ形式で紹介している部分もあるんですよね?

マーくん:はい。なかなかトイレを10回リフォームする方もいませんし、外壁にせよ、水まわりにせよ、
「リフォームをする経験」というのは皆さん少ないですよね。
「リフォーム志賀」では、実際にどんなふうに工事が進むのかを知ることができますし、
知識として事前に知っておくことで、見積書を取るときに役に立つ
と思います。

見積もりの際は業者さんも一生懸命説明をされるでしょうけれど、説明が漏れてしまったり、
内容が浅いこともあるかもしれないですよね。
そのときにリフォームについての知識があれば、より理解も深まりますので、
そういったものも動画で解説したいと思っています。

BETTYさん:なので、特に水まわりの情報を取りたい方は、まずはトイレリフォームについては、
「リフォーム志賀」の動画をご覧いただくといいですよね。

マーくん:そうですね。今回はトイレのリフォーム工事からスタートしています。
トイレは最初にリフォームをされる方が多いので、店長さんの視点でわかりやすく伝えています。

 

「リフォーム志賀」YouTubeチャンネルでは、リフォーム事業部の店長さんの視点で、
トイレのリフォームについて詳しく紹介しています。

 

BETTYさん:「うちのトイレでも、リフォームができるのかな・・・」と悩んでいる方もいらっしゃるでしょうしね。

マーくん:そうですね。ですから、「トイレのリフォームはこんなふう進んでいきます」という工事の流れや、
「今のトイレにはこういった機能があります」という部分を紹介しています。
特に水まわりの機能は種類によってものすごく違うので・・・。

BETTYさん:トイレは年々変わりますよね。

マーくん:お掃除のしやすさや、ちょっとした機能で便利に過ごせるのですが、
機能と値段の関係がなかなかつながらない場合も多いので、情報として知っておくだけでも随分違うと思います。

BETTYさん:それにトイレって、種類がいっぱいあるんですよね。志賀塗装さんには実際のトイレを手で触って、
目で見られる場所もありますよね?

マーくん:はい。
弊社には「トイレ館」がありますので、ぜひお気軽にお立ち寄りいただき、ご覧いただければと思います。

BETTYさん:皆さん、YouTubeで「リフォーム志賀」と検索していただき、ぜひご覧になってください。
今は「おうち時間」が増えていますから、「家でどう快適に過ごすのか」「どう暮らしていくのか」ということに
目を向ける方も多いと思います。リフォームを検討している方は、まずは志賀塗装さんへご相談ください。

「リフォーム志賀 YouTube」はこちらから

(ご相談、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

リフォーム情報もYouTubeチャンネルで発信します!

2021年03月2日

BETTYさん:志賀塗装さんのYouTubeで、新しく「リフォーム」のチャンネルができたんですね。

マーくん:はい。この度、「リフォーム志賀」というチャンネルを開設しました。
これまで「志賀塗装株式会社」のチャンネルでは、主に塗装工事の情報、例えば、今日の工事は水洗いをしていますよ、
職人さんが下塗りしています、足場を建てましたなど、工事の様子を中心に発信をしており、
そのチャンネルにリフォームの様子も載せていました。

BETTYさん:それが今後は、「リフォーム志賀」のチャンネルで見られるということですね?

マーくん:はい。今までは「志賀塗装株式会社」の中で塗装工事とリフォーム工事の両方を載せていたのですが、
このコロナ禍で昨年の1月からメーカーのショールームイベントを休止していますので、その代替としてリフォームの情報を
YouTubeで発信するために、「リフォーム志賀」チャンネルと「志賀塗装株式会社」チャンネルの2つに分けました。

BETTYさん:これまでのリフォーム工事は、「ショールームでイベントを開催して、お客さまはそこで情報を得る」
というのが普通の状態でしたものね。

マーくん:はい。
やはり水まわりは、実際の設備を目で見て触れていただくということは、お客さまにとって非常によいことなのですが、
現在は来場人数を制限していますので、なかなかイベントがしづらい状況が続いています。
今回はリフォーム専用のチャンネルをつくり、水まわりを中心にご説明を開始しているところです。

BETTYさん:さらに情報の量を増やすということで、この「リフォーム志賀」というチャンネルをつくったということですね。
皆さん、ユーチューバーを目指すということですね(笑)。

マーくん:そうですね。
スタッフの方にはそういった方も出てきたので、「ユーチューバーを目指す」ということで取り組んでおります。
弊社のリフォームスタッフはたくさんの現場を見ていますので、さまざまなお客さまのご質問や、
一軒、一軒お住まいの写真も撮っています。
公開できるものもあると思いますので、
水まわりについての情報や、「こんな感じでお客さまが悩んでいた部分がこんなふうになりました」
「このくらいの工事でもこんなに変わります」など、YouTubeチャンネルの中で表現できたらいいなと思います。

 

YouTubeチャンネル「リフォーム志賀」では、
水まわりのリフォームを中心に情報発信をしていきます。

 

BETTYさん:たくさんの情報から選ぶことができますし、動画で知ることができますから、私たちも一歩先に進めますよね。

マーくん:そうですね。
現実に起こっている生の情報をスタッフが解説するというところを大事にして、動画をつくっていきたいと思っています。
カタログなどのイメージ写真だと、「うちの家の場合はどうなんだ?」というのがわかりにくいのですが、
YouTubeならもう少し踏み込んだ情報発信ができると思います。

BETTYさん:ユーチューバーを目指すということで、「リフォーム志賀」も期待しています。
これはどうやって検索すればいいですか。

マーくん:YouTubeを開いていただいて、「リフォーム志賀」とそのまま検索してもらえれば出てきます。

BETTYさん:簡単ですね! ぜひ、皆さんご覧になっていただきたいと思います。
これからどんどん「リフォーム志賀」のチャンネルもコンテンツを増やしていくことになりますか?

マーくん:そうですね、スタッフが毎日頑張っていますので、日常の中で増やしていければと思っています。

BETTYさん:楽しみにしております。

「リフォーム志賀 YouTube」はこちらから

お住まいの防災維持は、屋根と壁の健康診断から

2021年03月2日

BETTYさん:今回は「住まいの無料健康診断」についてのご案内ですね。

マーくん:おととしの秋くらいから、「お住まいの防災維持は、屋根と壁の健康診断から」という
ご案内をさせていただいております。

BETTYさん:なぜリフォームの前に、住宅の健康診断をお勧めしているんですか?

マーくん:2つ理由があります。
1つは、各地で大雪による自然災害が起きておりますが、ああいった雪や雨によって、瓦のずれ、
雨どいのゆがみ、波板が破損するなどの被害が発生
しています。
このような住宅の破損を火災保険で直せることを知らずに、多くの方々が実費で直している状況が続いています。
私どもの経験ですと、20年以上たつ住宅の7割近くは何らかの自然災害による破損がありますので、
このように皆さんにお知らせしております。

BETTYさん:火災保険の補償内容をご存じでない方が結構いらっしゃるということですね。

マーくん:今現在もそうです、かなりいらっしゃいます。

BETTYさん:でも、「火災」という名前が付いてますから、火災以外にも使えるということはなかなか認識されにくいですよね。

マーくん:そうですね。もう1つは、私たちも人間ドックをすると思いますが、検査をして何もなければ安心を得られますし、
何か病気が見つかったとしても発見が早ければ早いほど、事前対応や治療の対策を練ることができます。
住宅の場合も同様に、ある程度の年数がたってくると、どうしても補修が必要なところや、
修理しなければいけない部分が出てくる
んです。

雨漏れしてから破損に気づく場合もあるのですが、住宅の診断をしておくことで、早めにわかる場合もあります。
例えば、シロアリが発生していたり、隙間のひび割れが広がっていたりなど、そういったことが早めにわかればわかるほど、
人間の病気と同様に事前対応ができます
ので、住宅の健康診断をお勧めしております。

BETTYさん:早めに気付けばそれなりに費用も抑えられたりしますものね。

マーくん:そうですね。お客さまにとっては、工事費用が一番気になる問題だと思います。
我々にとっては、工法が複雑になればなるほど100点を取ることが難しくなる場合もありますし、
「一部分をリフォームする」のではなく「全部を交換する」など、結構大きな工事になる
こともあります。
お客さまとの打ち合わせの場としても、住宅の健康診断は大事かと思います。

 

住宅の不具合に気付くのが遅れるほど、大掛かりな工事になってしまいます。
早めの健康診断で、大切なお住まいを守りましょう。

 

 

BETTYさん:この「住まいの無料健康診断」を申し込みたい方はどうしたらいいですか?

マーくん:志賀塗装までお申し込みいただければ、順番に対応させていただきます。

BETTYさん:住宅の不具合って、雪が降ったときや雨が降ったときに気付くことが結構あるんですよね。

マーくん:そうですね。そういった機会を大事にしてほしいですね。

BETTYさん:でも、晴れると忘れるんですよ(笑)。雨や雪が降ったら思い出してほしいですね。
そういう方は、ぜひ、志賀塗装さんまでご連絡ください。

(「住まいの無料健康診断」のお申し込みは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

志賀塗装 YouTubeで塗装の情報発信中!

2021年03月2日

BETTYさん:本日は志賀塗装さんのYouTubeについて教えていただけるんですね。

マーくん:最近、SNSの動画でもPRを始めています。

BETTYさん:それはやっぱりメーカーさんのショールームで行っていた相談会を休止しているためですか?

マーくん:そうですね。きっかけは昨年度から続くコロナ禍です。
休止している相談会の代替として、動画で情報発信をしています。

BETTYさん:今現在、何本くらい撮っているんですか?

マーくん:本日の時点で1000本以上になっています。

BETTYさん:投稿されているのが1000本以上あるということですね。
いろんな内容の動画があるんですよね?

マーくん:そうです。塗装工事といえば、皆さん屋根や外壁を塗ることは想像できると思うのですが、
実際にどんなふうに塗っているのかという作業風景の動画、塗装工事で行うさまざまな工程の動画、
そして塗り替えセミナーの内容など、1分から2分以内の動画を集めています。
あとは職人さんの紹介や、スタッフの自己紹介も撮っております。

BETTYさん:本当にいろいろ種類があって面白いですよね。セミナーに関しては志賀さんがお話していることが多いですね。

マーくん:はい。ただ、まだ慣れないんで、暗闇でしゃべってしまっている映像だったり、途切れ途切れになってしまったり、
スタッフも目線をカメラに合わせることがそもそも難しいので、素人レベルからは脱していないかなと思います。

BETTYさん:検索もすごく簡単で「志賀塗装 YouTube」と入れると、もうすぐに出てきますからね。

マーくん:そうですね。情報発信のレベルは率直にまだトレーニング中ですが、
皆さんにわかりやすくお伝えできるよう心掛けています。

 

YouTubeチャンネルでは、塗装の作業風景やさまざまな工程、
職人さんやスタッフの自己紹介など、たくさんの動画を見ることができます

 

BETTYさん:すごく短くて見やすい部分もありますし、もっと長く見たいなと思うものもありますしね(笑)。

マーくん:今年は「コンテンツ動画」といわれている長い動画にも挑戦したいと思っております。
私どもの会社はリフォームも行っていますので、リフォームの選び方や相談会でお話する内容を動画に入れて、
弊社の雰囲気や商品の情報をお客さまにご納得いただけるよう、工夫ができたら
と考えています。

BETTYさん:志賀塗装さんの動画、すごく見やすいと思いますよ。
特にリフォームの動画も、「こんなふうに工事しているんだ」「天井って、こんなふうになっているんだ」って、
見たことがない感じの動画がたくさんありますし、「壁紙の張り替えってすごいな!」とか思いました。

マーくん:そうですね。工事の流れは動画で見たほうが、雰囲気が伝わりやすいと思います。
塗装工事も、職人さんが来て塗装するというイメージだけではなく、「どんな工程に時間がかかるのか」
「どんなところに手間が掛かりそう」というのも、動画から感じ取っていただけると、
工事全体のイメージをつかんで見積もりを見ることができる
と思います。それは新たな発見でした。

BETTYさん:そのうち職人さんたちも撮られ慣れてくるんじゃないですかね(笑)。
「緊張しないのかな?」と思いますけれども、動画を見ると、通常どおりの作業をチャッチャッとやっている感じがしますね。

マーくん:まだ慣れないのでなかなか撮れない部分が多いのですが、徐々に私たちも慣れて追い付いていきたいなと思っています。

BETTYさん:ぜひ、皆さんも「志賀塗装 YouTube」で検索してみてください。

「志賀塗装 YouTube」はこちらから

2020年、志賀塗装の三大ニュース!

2021年02月1日

BETTYさん:志賀塗装さんの「2020年の三大ニュース」を挙げるとしたら、どんな話題がありますか?

マーくん:まずは、1つ目は、2002年(平成14年)から18年以上行っていたショールーム相談会が、
このコロナ禍で中止になっていることです。

BETTYさん:志賀塗装さんはイベントをたくさん行って、お客さまに情報提供をされてきていましたものね。

マーくん:リフォームは、補助金や減税政策、旬の商品が少しずつ変わっていきますので、
それらを皆さんにお伝えするために、数多くのイベント開催していました。
お客さまに定期的に情報を差し上げていくことも、一つの価値だと思っております。
来期はSNSを中心に展開しようと、いろいろと模索しているところです。

 

2021年はSNSを中心し、お客さまへの情報提供を行う予定です。

 

BETTYさん:SNSは、皆さん、もう当たり前のようにお使いの方が多いですからね。
配信も一つの手段として、情報提供していきたいということですね。では、2つ目は?

マーくん:2つ目は、ドローン診断がさらにパワーアップして、正確に早く診断ができるようになりました。
住宅の診断も人間ドックと同じように、できれば、定期的にされることをお勧めしています。
人間ドックを受けて「健康に気を付けよう」と思うのと一緒で、やはり定期的に住宅診断を行うことで、
「どういったリフォームをしようかな?」「大事なところは早くやらないとな」というアイデアが出てきます。

雨が漏ったり、台風が来てからリフォームをされる方も多いのですが、
できればその前に、お住まいの弱いところを見つけて対処されるといいと思います。
予算の関係もあると思いますので、そういった予算を組むためにも、定期診断をお勧めしているところです。

BETTYさん:人間と同様に、住宅も早期発見が大事ということですね。

マーくん:そうですね。やはり早期発見は大事です。
工事費用も最小限で済みますし、その分、いろいろなところにリフォーム費用を回すことができます。
住宅診断は無料で行っております
ので、ぜひご相談ください。

BETTYさん:定期的に体のメンテナンスを考えることと同じく、お家のメンテナンスを考えることが大事だということなんですね。
それでは、3つ目は何でしょうか?

マーくん:3つ目は、金額的にも時間的にもたくさんかけて始まったことですが、中古住宅専門店「わが家」を開業しました。
月々の家賃並みの金額で我が家が買えることをPRポイントとしております。
この「わが家」という店舗名は、スタッフからの応募で名前が決まりました。
家を持つ喜びと、家を持つ覚悟という意味で「わが家」と名前を付けました。

 

中古住宅専門店「わが家」では、お得で価値のあるマイホーム購入をご提案しています。

 

BETTYさん:とてもいい名前ですね!

マーくん:中古住宅を購入して、同時にリノベーションしていくことをご提案しています。

BETTYさん:我が家を持つことは、すごく憧れですよね!

マーくん:新築住宅の半分に近い金額でローンを組むことができたり、
新築住宅と同じくらい、もしくはそれ以上の価値があるリノベーションも出てきています。
住宅の選択の仕方がいろいろ広がっている時代に変わってきましたので、今後もご提案していきたいと考えています。

BETTYさん:これからも、ためになる情報をたくさん教えてください。
中古住宅のこと、住宅診断のことなどが気になる方は、志賀塗装さんへお問い合わせください。

(ご相談、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

火災保険は、自然災害による被害にも活用できます

2021年02月1日

BETTYさん:今回は「火災保険の活用方法について」という話題ですね。

マーくん:以前と同じような内容になってしまうのですが、
お客さまのタイミングが合うときにお考えいただきたい思いますので、再度お話をしたいと思います。

BETTYさん:まず、この火災保険というのは、自然災害でも使える。
それから、過去3年さかのぼって申請できて、しかも申請しても次の保険料が値上げにならない。
これらを皆さんに覚えておいていただければと思います。そういうことですよね?

マーくん:はい。雨や風、台風などの自然災害によって壊れた外壁の傷や、瓦が飛んでしまったり、
風でずれてしまったりする屋根工事なども、この火災保険で補償されます。

BETTYさん:でも、「火災保険」という名前のせいか、
9割近くの方々が「知らない」「申請していない」ということだと伺いました。

マーくん:そうなんですよね。せっかく保険料を払っているのに、
こういうところが知られていないために非常にもったいないことになっている方は多いのです。

ぜひ、皆さんに知っていただきたいという思いでご紹介しています。
火災保険を申請するためには、診断書、直すための見積書が必要になります。
弊社では、その一連の流れをご提案するサービスを行っております。

BETTYさん:火災保険の申請は、「壊れちゃったから保険で何とかして!」と言うだけでは駄目なんですね。
診断書というのは、お家全体を見た診断書ですか?

マーくん:そうです。私どもが訪問し、お家を診断します。
屋根に上がれる場合は上がって見させていただきますし、屋根に上がるのが危険な場合は
ドローンで写真撮影をさせていただきながら、不具合がないか見させていただきます。

外壁等もハシゴを掛けて実際に見させていただき、写真を撮り、診断書という形にまとめています。

BETTYさん:「ここがこんなふうに壊れましたよ」「ここにこんな不具合が出ていますよ」と、診断していただくということですね。
それでは、見積もりというのは?

マーくん:不具合が見つかった部分を直すためにはお金がかかりますので、そのための見積もりを同時に行います。
それらを取りまとめ、私どもの方で火災保険会社と打ち合わせをいたします。

BETTYさん:なるほど! そういう流れなんですね。

マーくん:そうです。ですから、お客さまには、加入している保険会社の名前などを教えていただければ、
診断書、見積書、手続き等は私どもの方で一切行います。

 

火災保険を申請する際は、お住まいの診断書と修繕費用の見積書が必要です。

 

BETTYさん:例えば、現時点で、「火災保険には入っているけれど、
そういえば、台風で壊れたところをまだ直してなかった」という方はどうすれはいいですか?

マーくん:ぜひ、弊社のフリーダイヤルまでお電話ください。すぐさま私どもが調査に伺います。

BETTYさん:まずは、診断書を書くための調査をしていただけるということですから、
「これは大丈夫だよ」「これはちょっと無理なんだ」ということもわかりますものね。なので、遠慮なく電話ですね(笑)。

マーくん:そうですね。ご連絡をお待ちしております。

BETTYさん:それにしても、「火災」保険という名前は混乱しますよね。

マーくん:そうですね。「火が出たときのための保険なのかな?」というイメージがどうしてもありますよね。

BETTYさん:そうなんですよね。火災だけでなく、自然災害による被害も補償されますので、
気になる方は志賀塗装さんまでお問い合わせください。

詳しくはこちらから

交通事故より多い、家の中の事故とは?

2021年02月1日

BETTYさん:今回はとても重要なことをお知らせいただけるんですね?

マーくん:突然ですが、ここで問題です。年間1万9,000人近い方々が亡くなっている事故があります。
それは家の中で起こっている事故なのですが、何の事故でしょうか?

BETTYさん:家の中で起こっている事故ということは、交通事故ではないですよね(笑)。

マーくん:そうですね(笑)。交通事故ではないです。

BETTYさん:家の中での事故。交通事故だと、3,000人を下回ったニュースもありましたよね?

マーくん:そうですね、年々少なくなっているみたですね。

BETTYさん:それよりすごい、1万9,000人。いったい何でしょうか?

マーくん:答えは「ヒートショック」です。
冬の時期に、お風呂で溺れて亡くなってしまう事故の原因がヒートショックなんです。
1万9,000人という数には、ヒートショックが直接の死因ではない方も含まれているのですが、毎年かなりの報告が来ているようです。

 

ヒートショックは、急激な温度変化によって起こります。冬は特に注意が必要です。

 

BETTYさん:そういえば、去年もこの話を聞きましたよね。特にこれから気を付けなくてはいけない、家の中での事故ですよね?

マーくん:そうですね。寒くなってきましたので、特に気を付けていただきたいと思います。
ヒートショックを防ぐ対策として、真冬の非常に寒い日は、お風呂に入る前に脱衣所やお風呂場をきちんと暖めてください。

BETTYさん:忘れがちですが、脱衣所も暖めてほしいですよね。お風呂の中ももちろんですけれどもね。

マーくん:そうですね。
あとは、寒いからといって湯温を熱くされる方もいるのですが、湯音は平均的に41℃くらい、
「少しぬるいかな?」と感じるくらい
にしてください。
あまり熱いお風呂には浸からない方がいいですね。

BETTYさん:いわきは特に温泉があるから、熱いお湯が好きな人が多いんですよね。
でも、ヒートショックを予防するには、湯船の温度は41℃以下ということですね。浸かる時間はどのくらいがいいんですか?

マーくん:湯船に浸かる時間は、長めに10分くらい温まっていただければと思います。

BETTYさん:10分以上は入らない方がいいですもんね?

マーくん:そうですね。それは気を付けてください。
それと、食後すぐの入浴は避けていただければと思います。

BETTYさん:ご飯を食べてすぐには入らない。

マーくん:そうですね。
最後に、お風呂に入るときには家族の方々に「お風呂に入るよ」とひと言を掛けることをお勧めします。
そうすると家族の方々も気にされるでしょうから、ひと声を掛けてからお風呂に入るのは大事だと思います。

BETTYさん:つい、お風呂の中で眠ってしまうことがないようにしてほしいですよね。
今、教えていただいたことは、リフォームで対策することも可能ですよね?

マーくん:はい。お問い合わせいただければ、ヒートショックを防ぐリフォームの情報を差し上げております。
ご相談だけでも結構ですのでご連絡ください。

BETTYさん:私も資料をいただきましたが、すごく詳しく書いてありますよね。
皆さんも資料をいただくだけでも、相談だけでもしてみてください。
ヒートショックは特に冬の時期、1月、2月、3月にとても多くなります。他人ごとに思わず、ご注意いただきたいと思います。

(リフォーム情報の資料は、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)

リフォームの事前準備に役立つ、「住まいのお備え3点セット」!

2021年02月1日

BETTYさん:今回はプレゼント企画ということですね。

マーくん:私どもではいろいろな小冊子をお配りしております。

BETTYさん:志賀塗装さんのこの小冊子が、本当にいろいろなんですよね。
情報が大事ということで、塗装工事を考えている人向け、中古住宅をどうにかしたい人向け、
住宅リフォームハンドブックなど、本当にいろいろな情報をお届けしますよね。

マーくん:はい。事前準備こそ、リフォーム工事がうまくいく秘訣だと考えておりますので、
いろんな情報を提供させていただいております。
皆さんに多くの情報を得ていただき、満足できる最適な工事を行っていただきたいと日ごろから考えております。

今回は、「住まいのお備え3点セット」としまして、塗装工事のパンフレット、リフォーム工事に関するハンドブック、
『中古住宅のかしこい買い方ハンドブック』の3点をセットにしてプレゼント
いたします。

BETTYさん:すべてに当てはまる方もいらっしゃるでしょうし、先々のために見ておきたいという方もいらっしゃるでしょうしね。

マーくん:そうですね。ご自身に必要な部分と必要ではない部分はあると思うのですが、
その情報の中から最適だと思うものを抽出していただければ
と考えおります。
そこに、「お見積もり依頼キャンペーン」として、先着100名様にお米5キロが当たる企画も付けさせていただきます。

BETTYさん:すごい(笑)。100名って、ずいぶん出しますね!
工事の依頼ではなくて、お見積もり依頼のキャンペーンなんですね?

マーくん:そうです。見積もりを依頼していただくと、お米5キロが先着100名に当たるという企画です。
まず、先ほどの「住まいのお備え3点セット」をご請求いただき、弊社からその3点セットをお送りする際に、
お米5キロの応募ハガキを同封します。お見積もりのご依頼には、その応募ハガキをご利用ください。

BETTYさん:「住まいのお備え3点セット」をまずはご請求していただければ、
そこにお見積もり依頼が簡単にできるハガキが付いてくるということですね。便利ですね(笑)。
その「住まいのお備え3点セット」は、どんなふうに申し込めばいいですか?

マーくん:弊社のフリーダイヤルへお電話いただき、お名前とご住所を教えていただければ郵送いたします。

 

リフォームは事前準備が大切です。
事前準備に役立つ小冊子を、3点セットでプレゼントします。

 

BETTYさん:お見積もりとひと口に言っても、例えば「ここをリフォームしたいんだけど」とか、
「お風呂のリフォームにはどのくらいお金がかかるの?」というリフォームに関するものから、
塗装工事のお見積もりまでいろいろありますものね。

マーくん:そうですね。応募ハガキには「見積もり箇所」がいくつか書いてありますので、
ご希望の部分にチェックを入れていただければわかるようになっています。

BETTYさん:本当に簡単ですね! どんな工事をするにしても、何かとお金はかかりますからお見積もりは大事ですよね。
「本当にこれでいいのか?」を考えるヒントになるような小冊子をプレゼントしていただけるということですので、
情報の一つとしてご活用ください。

マーくん:「住まいのお備え3点セット」は無料でプレゼントしております。
さらに、お見積もりのご依頼で、お米5キロが先着100名様に当たりますので、皆さんのご応募をお待ちしております。

※2020年12月8日時点の企画です。
詳しくは、フリーダイヤル 0120-4116-99 志賀塗装までお問い合わせください。

 

外壁塗装の経年劣化の様子を、本店の外壁で検証中!

2021年02月1日

BETTYさん:2020年はいわき市に台風の直撃がなくてよかったですよね。

マーくん:そうですよね。2019年は大変大きな被害が出ていましたが、今年は少なくてよかったです。
台風が直撃してしまうと多くの住宅で被害が出ますので、一斉に連絡が入って、一斉に対応する形になるんですね。

そうしますと、どうしても職人の人数に限りがあり、きちんとした対応ができない状態になってしまいますので、
台風の被害がないことで、お客さまに順番に対応できるのはありがたいですね。

BETTYさん:そうですよね。台風の被害となりますと、同じ地域の皆さんが被害を受けるわけですからね。
志賀塗装さんはリフォームもやっていますから、皆さんから一度に連絡が来ますよね。

マーくん:そうなんです。
そういう状況ですので、すぐに対応をさせていただきたいとは思うのですが、
職人さんも対応できる人数は決まっていますので、どうしてもそういうところで順番をつけるのは非常に難しいんですよね。

BETTYさん:本当なら全部同時に直してあげたいですけれどもね。まだまだ工事している途中のお家も見掛けますしね。
工事といえばこれまでに、志賀社長から、「住宅診断を大切に」というお話を伺ってきましたよね?

マーくん:はい。人間にも定期的に健康診断があるように、建物にも診断してほしいところがございます。
さらに、志賀塗装本店では、前にもご説明させていただきましたが、
2006年(平成18年)から外壁をいろいろな塗料で塗装しています。

その外壁が、塗料の種類によってそれぞれどのように劣化しているのかを、
実際に目で見ていただける
ようになっているんです。

BETTYさん:志賀塗装さんは自分の会社の外壁を、「おしゃれ!」とかそういうのを一切捨てて、
塗料がどうなっているのかを見てほしいんですね。

マーくん:そうです。
一面を同じ塗料で塗るのが普通なんでしょうけれども、本社の外壁にはいろいろな塗料を使用し、
それを縦割りに区切って塗り分けているので、一目で劣化状況がわかる
と思います。

 

本社の外壁はいろいろな塗料を使用し、年代ごとに塗り分けているので、
劣化状況を目で見て確認できます。

 

BETTYさん:自分の会社をそのような実験に使っているところが、本当にすごいと思います。
さすが塗装屋さんですね。

マーくん:そうですね。お客さまには、塗料ごとに「これは何年もつ」という説明をさせていただくのですが、
実際に2006年に塗って、現在までにこれだけの差があることを目で見ることができますので、
よりわかりやすいと思います。いろいろと説明するより、実際に見ていただくと一目瞭然です。

BETTYさん:2006年から。ずいぶん時間がたっていますね(笑)。それを見ることによって、
「見積もりを取った各塗料を知ることができる」「価格の内容を、より知ることができる」ということですね。

マーくん:価格も当然大切ですが、塗料ごとの耐用期間はどのくらいなのかということも
非常に重要
です。それは、本店の外壁を見ていただくとわかると思います。

BETTYさん:皆さんに見ていただきたいですね。それは予約制ですか?

マーくん:予約制ではありませんので、いつ来ていただいても結構です。
ただ、日曜日はお休みになっていますので、それだけ気を付けていただければ大丈夫です。

BETTYさん:見ているうちに何か聞きたくなったら、お店の人に聞いてもいいんですよね?

マーくん:そうですね。気軽にお声掛けいただければ、すぐに対応させていただきます。

BETTYさん:ご説明いただくことも可能ですので、日曜日だけはお気を付けいただいて、
ぜひ、足を運んでみてください。

このように塗り分けています

もしも空き家になってしまったら・・・空き家の活用方法は?

2021年01月15日

BETTYさん:11月23日開催の「賢い『相続』と気になる『空き家』対策セミナー」には、たくさんのお申し込みがあったそうですね。

マーくん:おかげさまで、多くの方々からお申し込みいただきました。
皆さん熱心に勉強されて、個別相談のお申し込みもありました。

BETTYさん:個別相談の申し込みは、本当に真剣に勉強されたから申し込まれたんでしょうね。

マーくん:そうですね。もちろん私どもの事業の領域である仲介やリフォームのことについてのご相談を受けるのですが、
それ以外の部分については、私どももいろいろとネットワークがございますので、専門家のご紹介もできる体制を取っています。

BETTYさん:相続セミナーということで、ほかの件に関してももちろん勉強されたと思うのですが、
そういった専門家につなぐ役割も果たしていらっしゃるということですね。セミナーでは、お家についての説明もしたんですよね?

マーくん:建築的な側面から、空き家をそのままにしておくデメリットや、
空き家を地域資源として活用しようということで、皆さまにお伝えしました。
その空き家を活用する方法をいろいろ考えている方がいますので、そういったことを私どもの方からもご提案しました。

BETTYさん:空き家になってしまったとき、一体どうすればいいのかという話までされたわけですね。

マーくん:そうですね。
もちろん相続になりますと、弁護士や税理士、司法書士の先生方とお話をしていただく領域になってくるのですが、
まずその前に、空き家を維持している状況が発生していますので、そのメンテナンスの必要性や、
どのような不具合が出てくるのか、セミナーでは具体的にシロアリの例などをご説明しました。

BETTYさん:空き家をそのままにしておくデメリットは本当に多くありそうですが、
ずばり、空き家ではまず何を始めるべきですか?

マーくん:一般のお客さまにも申し上げていることですが、雨漏れなどが気になる場合は、
まずは住まいの無料健康診断
をお勧めしています。

もちろん、空き家の所有者についていろいろ事情があるような場合でも、その方たちが維持していることは事実ですので、
今後、どういうふうに劣化していくのか、どのような塗装やリフォームが必要なのか、
まずは住宅診断をして把握しておく
ことをお勧めしております。

BETTYさん:自分の素人考えだと、何となく、
「こんなにも空き家が何年も続いているからこの家はどうにもならないだろう」
と勝手に思いがちですよね。

マーくん:そうですね。ただ、検査をすることで、実はまだ使える要素が見つかるかもしれません。

また、概算的なリフォームの費用をお伝えし、その金額を踏まえて売却するというご判断もあるかもしれませんし、
ご実家が空き家で、今後も自分の家としてお持ちになる場合であれば誰かにお貸しするなど、
そういったことを方向性として持つことが大事
だと思います。

その前に「住宅の検査」ということで、まずはそこからお勧めしています。

 

空き家をどのように維持していくのか。その方向性を決めることが大切です。

 

BETTYさん:空き家をそのままにしておくよりも、活用する方法や、貸す、売るなど、いろいろな方法がある、
その前に一回検査してみましょうということですね。

マーくん:そうですね。
また、空き家に火災保険をかけている場合は、3年間さかのぼって、その火災保険が使えることもあります。
私どものデータですと、築20年以上のお住まいの7割以上は、外回りに何らかの災害被害を受けている可能性が高いのです。

経年劣化の場合は火災保険の適用はできないのですが、自然災害の枠に当てはまるのであれば、
もしかしたら活用できるかもしれません。
それをきっかけに空き家をどうするかを、ご家族の皆さんで話し合っていただければと思っております。

BETTYさん:この空き家のセミナーと相続セミナーが今回は同時に行われたわけですが、
今後もこういったセミナーは開催されるのですか?

マーくん:そうですね。数人の先生をお呼びするので日程を調整しながら、また機会をつくっていきたいと思っております。

BETTYさん:空き家をそのままにしておくことはデメリットの方が大きいと思いますので、
またこのようなセミナーの機会がありましたらお知らせください。

今回はセミナーへ行けなかったけれども、やっぱり気になるという方は、
志賀塗装さんまでお問い合わせをしていただければと思います。

(ご相談、お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-4116-99志賀塗装まで)